2019年6月15日 (土)

暗号資産は株式市場と違いじわりじわりと上昇中です。私はビットコインは現状保有していませんが、その他のマイナートークンが底堅い動きを見せています。いつかは大噴射するものと思っています。ビットコインも足元のでは90万円を突破してきており、100万円も現実のものとなるでしょう。20万円台に突入してい時に買っていればよかったですが、なかなか暴落中は買えないものです。投資は後からみれば、いつが買い場であったか非常に分かりやすいのですが、先が見えないだけにこればかりはなんとも難しいですね。現在m私が保有するQASHトークンが再上昇中です!

heart022019/6/15時点の暗号資産の総資産(評価額)はこちら!

左:Liquid(リキッド)右:bitFlyer(ビットフライヤー)⏬

暗号資産

歴史を振り返りますと、ビットコインが誕生したのは今から10年前の2009年です。翌年の2010年には世界で初めてビットコインでピザが決済され、暗号資産に対する関心が高まり始めました。一方、皆様の記憶にも新しい2014年にマウントゴックス社が社内不正により破綻するなど、暗号資産全体に逆風が吹きはじめました。しかし、2017年から暗号資産の価格が上昇・急騰してきました。ただ、2018年には暗号資産盗難・不正ハッキングが多発し、一転して暗号資産市場は冷え込んでしまいました。さあ、2019年はどうなるかですね。過度な期待はせず、好転を待ちたいと思います。

2017年は暗号資産元年と呼ばれ、翌2018年は不正ハッキング事件が多発する暗号資産ショックの年となりました。2019年は暗号資産復活元年として、大いに盛り上がることを期待します。

heart02さて、Liquidリキッド)でしか買えないQASHトークンLiquid Coinにブランドを変更します。難しいことは抜きにして価格さえ上がれば、それでよしです!

flair暗号資産取引所は信託保全制度がないため、取引所選びは慎重に!
flair暗号資産取引をするなら金融庁登録済みの取引所がお勧めです。
bitbank(ビットバンク)ビットバンク
Liquid(リキッド)
GMOコイン

株式投資と暗号資産で稼ぐSINの投資ブログ トップページはこちら!

2019年6月13日 (木)

一時、上がる日もありましたが、再びダウントレンドに入っています。今日も私が保有する銘柄はすべてブルー表示になっています。明日も週末なので、リスク回避に向けた売りが出そうです。為替が今晩下がれば、明日の日経平均はさらに下がること必至です。

heart02現時点の保有銘柄と本日終値(15:00)の評価損益はこちら⏬

Photo

heart02株式投資全体の資産評価額と評価損益の推移(成績表)はこちら!

現在、売るに売れない(6981)村田製作所と(6762)TDK、(8601)大和証券グループ、(7595)アルゴグラフィックスの4銘柄ですが、今日も、0勝4敗のオールブルーです。

今後、新規銘柄を買う場合は、上がりそうな株を予想せず、あみだくじか、四季報で、偶然開いたページの銘柄を買うようにしたいと思います。その方が儲かるような気がします。何故なら、買えば下がる、売れば上がるの状態が続いているからです。そうした意味では、東証マザーズの個別銘柄を目を閉じて買えば面白いことになるかもしれません。

相場の世界が「人の行く裏に道あり花の山」であることを意識し、実際の取引では、ゾーンの境地で躊躇しない投資を心がけたいです。

flair新規公開株IPO投資では外せない証券会社とは!
flairIPO申込時の優位性とお勧めする理由とは!
flairIPO投資と株主優待のタダ取りとは!

株式投資と暗号資産で稼ぐSINの投資ブログ トップページはこちら!

2019年6月12日 (水)

今日は、予想通りの反落です。日経株は24円下げて終わりました。私の保有銘柄も全滅です。昨日上げていただけに余計に大きく落ちています。

この停滞相場は長いですね。トンネルの出口が見えない中、日本の株式市場は冷えに冷えまくっている状況です。上昇トレンドに転じればいいですが、長丁場を覚悟しておきたいです。

heart02現時点の保有銘柄と本日終値(15:00)の評価損益はこちら⏬

Photo

heart02株式投資全体の資産評価額と評価損益の推移(成績表)はこちら!

現在、売るに売れない(6981)村田製作所と(6762)TDK、(8601)大和証券グループ、(7595)アルゴグラフィックスの4銘柄ですが、今日は、0勝4敗のオールブルーです。

今後、新規銘柄を買う場合は、上がりそうな株を予想せず、あみだくじか、四季報で、偶然開いたページの銘柄を買うようにしたいと思います。その方が儲かるような気がします。何故なら、買えば下がる、売れば上がるの状態が続いているからです。そうした意味では、東証マザーズの個別銘柄を目を閉じて買えば面白いことになるかもしれません。

相場の世界が「人の行く裏に道あり花の山」であることを意識し、実際の取引では、ゾーンの境地で躊躇しない投資を心がけたいです。

flair新規公開株IPO投資では外せない証券会社とは!
flairIPO申込時の優位性とお勧めする理由とは!
flairIPO投資と株主優待のタダ取りとは!

株式投資と暗号資産で稼ぐSINの投資ブログ トップページはこちら!