Wirex(ワイレックス)カード カード発行手数料25%割引中↓

注目ビットコインカード!
リニュアルワイレックスカード!

ビットコインFX先物!

プロフィール

フォトアルバム

SIN

仮想通貨への投資は2016年2月から。世界第2位の仮想通貨イーサリアムで悪夢を体験。僅か3か月で資産が2倍強になるもThe DAOへのハッキング事件で大暴落。過去の辛酸を教訓に現在ビットコインFXを攻略中!
*お問合せはこちら

当サイトはYahoo!JAPANのカテゴリ登録サイトです。

Copyright© 2016 ビットコインFXで稼ぐ仮想通貨FX攻略ブログ All Rights Reserved.

« 潮目が変わった!ビットコインFX攻略は変化への対応が鍵! | メイン | 仮想通貨・ビットコイン(BTC)の引出・預入は休日夜間でもタイムリーに、しかも僅かな手数料で実現します! »

ビットコインFXは仮想通貨のFXであり未来型FX!

ビットコインFXの認知度はまだまだ低い。何と比較して低いかと言えば法定通貨のFXと比べて認知度が低いのだが、そもそも仮想通貨自体を詳しく知っている人もそんなに多くはないのではないでしょうか。

最近になって、ようやく日本のメガバンクで独自の仮想通貨を発行するというニュース記事が出たり、ブロックチェーン技術のフィンテックを活用し、現状の店舗型金融機関でも決済ビジネスの運用実験も開始するなど、仮想通貨への注目度は益々高まっています。ただ、仮想通貨自体が大々的に市民権を得るにはまだ数年はかかるのかもしれません。

そうした中、2016年のトッピクスとしては、金融庁が資金決済法を改正し、ビットコインを「貨幣」と定義することを発表しました。これまで仮想通貨は、流通する「お金」というよりは、金や銀のような「資産価値」としてのイメージが強かったが、今ではまさに法定通貨の一つとしてのイメージさえあります。ビットコイン365日24時間稼働する世界通貨です。

ビットコインは世界中に取引所があり、ドルやユーロなど様々な通貨と交換されていますので、ビットコインで商品の値段を表すことや、ビットコインを資産として持っておくことが可能です。

実際、ビットコイン取引所・交換所のbitFlyerでは、Amazonギフト券が購入できるようになっています。まさに資産ではなく、実際に使えるお金になっている。この国内最大の仮想通貨ビットコイン・ブロックチェーン企業の㈱bitFlyer(ビットフライヤー)でbitFlyer FX(bitFlyer Lightning)、所謂、ビットコインFXが注目を集めています。

ただ、現状ではビットコイン価格の相場が大きく変動するなど、他の通貨と比べて安定的ではないことを考えると、通貨としての機能については、安定するまでにまだまだ年月がかかりそうです。

そんなん中注目されるのが、ビットコインの荒い値動きに更にレバレッジをかけた取引、ビットコインFXに注目が集まりつつあります。bitFlyerのビットコインFXはレバレッジは5倍であり、一見、FXのレバレッジ25倍と比較すると見劣りするが、それでもビットコインの価格変動率(ボラティリティー)は為替の約10倍と言われており、決して取引がつまらないというものではない。むしろ、ビットコインFXの方が刺激的かもしれません。

更に刺激の強い仮想通貨FXをしたいなら、最大レバレッジ20倍のビットバンクbitcoinFX)がお薦めだ。或いは、法定通貨のレバレッジ25倍FXでも満足できないハイレバレッジ取引が好きなプレヤーには、決してお薦めではないが、非常に危険なレバレッジ500倍という、聞くだけでも体中が痺れそうな、海外ビットコインFX業者(SIMPLE-FX)もある。ただ、会社の信用力もよく分からないので、自己責任でやるとしても、少額でのトレードに留めるべきであろう。まさに、ハイレバ500倍で勝ち逃げあるのみです!

さて、ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトと称する人物が発表した論文をベースに、翌2009年から発行が始まった仮想の電子通貨ですが、いまだに本物のサトシ・ナカモト氏は出てきていない。決済通貨としてのビットコインの特長は、使用するにあたって手数料がほとんどかからず、しかも、短時間で決済が終了することから、買い物などの小口取引だけではなく、国境を越えた取引の決済手段としても利用されています。

取引の際には、ビットコインBTC)と呼ばれる単位が使われ、小数点第8位(0.00000001BTC:10の8乗分の1)まで分割して使用することができます。

また、通貨の発行主体も法定通貨と仮想通貨では全く異なります。ビットコインは、中央銀行など特定の組織が発行しているのではなく、プログラムに基づいて自動的に発行されるものである。当然ながら、価値を担保する資産の裏付けはなく、このことが一般人からすると、仮想通貨怪しいといった観念になっているのかもしれません。

一方、ビットコインの交換手段としての歴史ですが、ビットコインが初めて交換手段として使われたのは2010年5月のことで、その後、ビットコインをドルや円で売買する取引所が作られ、決済手段としてコインを利用できる店も徐々に増えているのが現状である。こうした中、ビットコインの需要が急増し、その価値が急上昇する出来事が、記憶に新しい2013年3月に起きたキプロス危機です。

キプロス危機は、ギリシャの財政破綻により多大な損害を被っていたキプロス国内の金融機関が経営に行き詰まり、そのことがきっかけとなって生じた問題で、これを受けて、キプロス国内の銀行口座は一時凍結されるなど大騒ぎとなりました。

そこで、キプロス国内に滞留していた資金の一部が、資金の逃避先としてビットコインへと流れ込み、これにより、2013年の年初に1BTC=約10ドルで取引されていたビットコインが、4月には1BTC=約100 ドルまで一気に上昇した。更にこれをみたヘッジファンドによる買い仕掛けも入り、1BTC=約250ドルまで上昇することとなった。因みに、2016年12月は1BTC=約780ドルとなりました。

【ビットコイン円の月足チャート】
キプロス危機の高騰とマウントゴックス事件の暴落

ビットコインFX攻略

ここにくるまで、日本のビットコインの歴史には暗い過去がある。2014年2月、ビットコインの大手取引所であるMt.Gox(マウントゴックス)が営業停止に陥った。Mt.Goxはハッキングの被害を受け、顧客から預かっていた約75万BTC(1BTC=約600ドル、1ドル=約100円で円換算すると約450億円)を盗まれたと発表したから大変なことになりました。

ただ、この悲劇は、あくまでMt.Gox(マウントゴックス)内部の問題であったが、多くの日本人はビットコインそのものの安全性を疑う声が広まり、いまだに、この影響が今も残っているのかもしれません。

閑話休題。ビットコインFXは法定通貨FXからの発展系として利用すべきであろう。ビットコインFX会社が提供する取引所・販売所では自由にタイムリーにビットコインの送金や受取が出来ます。色々なシーンで仮想通貨取引所で登録しておくと便利と感じるでしょう。特に本当に色々な仮想通貨が買える取引所は、日本で最大の取引所と言われているコインチェックcoincheck)です。少額でビットコインを扱うことで、グッと馴染みのあるものと感じるでしょう。時間を気にすることなく、24時間365日トレード出来る体験は格別なものであると感じます。

flairビットコインFX始めるなら知っておきたい仮想通貨取引所の特長!
flairビットコイン稼ぐ方法:安く買って高く売る=アービトラージ
flairビットコインで使用できるワイレックスのBTCプリペイドカード(デビット)!

ビットコインFXで稼ぐ仮想通貨FX攻略ブログトップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34016412

ビットコインFXは仮想通貨のFXであり未来型FX!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

SimpleFX:海外BTC-FX

仮想通貨ランキング

  • ↓ビットコイン情報満載!

    ↓ビットコイン最新情報!

アクセスランキング

Webで検索

  • Google

    Web全体を検索
    サイト内を検索

BTC-FXリスクと免責他

  • 【bitcoinFXのリスク】
    取引するにあたっては、公式HPにて内容を十分に理解してください。商品の原資産である価格等の変動により損失が生ずることがあります。bitcoinFXは、多額の利益が得られることもある反面、損失の額が差し入れた証拠金の額を上回る可能性もあります。
    【事業者の信用リスク】
    ビットコイン等FXを提供する事業者の財産状況が悪化した場合には損失を被る可能性があります。預託を受けた証拠金は自己資金とは区分して管理していますが、信託保全等の措置がとられていない会社の場合、破綻の際には一般財産と混同され返済されない可能性があります。事業者へのお申込等はご利用者様の責任において行ってください。
    【当サイトの免責】
    公開している情報に関しては、正確であるように努めていますが、その内容を保証するものではありません。相場見通等は作成時に於ける個人的な見解であり正確性を保証するものではありません。取引所とご利用者様の間に生じた如何なるトラブルや損失もサイト管理者は一切の責任を負いません。最終的な投資判断はご自身の責任において行ってください。
    【その他】
    当サイトはYahoo!カテゴリ(仮想通貨>ビットコイン)に登録されています。当サイトは全ページリンクフリーです。相互リンクに関してはスペースの都合上受付しておりません。