2017-01-29

HYIP(ハイプ)のRight Rise(ライトライズ)への投資に勧誘する煽り記事に警鐘を鳴らさずにはいられない!!

仮想通貨ビットコインを使ったHYIP(ハイプ:高収益投資プログラム)で、Right Riseライトライズ)への投資に勧誘する煽り記事に警鐘を鳴らさずにはいられません。

アフィリエイトブロガーは節度ある紹介をすべきです。煽り記事を書くアフィリエイターは、自身のRight Rise(ライトライズ)への投資で得られる配当より、Right Rise(ライトライズ)への新規加入者を獲得するアフィリエイト報酬の方が多額になっているのではないかと推測します。ブログサイトによりますが、そこまでして、煽るのかと思います。

Right Rise(ライトライズ)は、他のHYIP(ハイプ)とは違うと力説し、その決定打は、英国政府公認ということで安全性を最大限に訴求していますが、Right Rise(ライトライズ)もHYIP(ハイプ)である以上、投資リスクは極めて高く、運営元が急に飛んでしまう可能性は常にあります。まして、日本ではなく英国ですから、債権者として、何が起きようとも、そう簡単には英国まで行って説明を聞くこともできません。

Right Rise(ライトライズ)の最低投資額は1株30ドルで、投資額の1~3%を通常では絶対にありえない、サラ金もびっくりの日利を毎日配当として受け取れるという仕組みですが、予定通りに行けば、3か月くらいで投資額が回収できるというものです。

配当の平均が日利で1.5%とすると、「元本が50万円とすれば年間で5,000万円にする複利がある」というブログ記事を見かけますが、あくまで、まだ誰も実現していない利益であって、机上だけの計算です。まさに、捕らぬ狸の皮算用であり、危険極まりないギャンブルです。

勿論、そうしたリスクを知りつつ、余裕資金の一部でギャンブルを楽しむということならいいのですが、ネット上で散見される最近のRight Rise(ライトライズ)への勧誘の煽り記事は異常です。酷いサイトには、「500万円を投資できる方なら5億円になる」という煽り方をするブログ記事も見かけます。

HYIP(ハイプ)のRight Rise(ライトライズ)が飛んだ(破たんした)時に、煽りのアフィリエイターは、善意の投資家が被った損失額の一部を補てんする責任があるのではないかと考えます。

また、煽りのアフィリエイターは、HYIP(ハイプ)運営者が、いつなんどきサイトを閉鎖するか分からないと言っているが、煽りのアフィリエイターも、仮にRight Rise(ライトライズ)が破綻すれば、同じ被害者だとは言えないことは百も承知のことでしょう。更に、勧誘を煽っていたブログ記事は、証拠隠滅のため跡形もなくきれいに、削除してしまうのではないかと懸念します。

仮に、煽りのアフィリエイターが実際に500万円をRight Rise(ライトライズ)に投資しいて、推奨しているのなら、まだ情状酌量の余地もあるかもしれませんが、いずれにしても、善意の投資家は、Right Rise(ライトライズ)が破たんした(飛んだ)時に、その損失補てんを言っていく先はどこにもありません。

この様な悲劇を起こさないためにも、今一度、冷静にHYIP(ハイプ)の仕組みを考えてみる必要があります。株式に対する配当という名の原資は、次から次へと増える新規投資家から集めてきた投資額(株式購入分)の一部が原資になっていることは、紛れもない事実です。言い換えるならば、超高額の配当は、自分の足を食っているのと同じことです。資金が増えている時は、それで回っていくでしょう。しかし、資金が入らなくなると、本来の事業だけでは、日利1~3%の超高配当は出せなくなるという仕組みです。

今は、過激な煽りのアフィリエイターのお陰もあって、この紹介者がいないと参加できないということで、ねずみ講的に資金が集まっているから、本業の収益と合わせて、高額配当も順調に出ているのだろうと推測できます。だからそ、Right Rise(ライトライズ)を始めた人は、元手を回収するためには、次から次へと加入者を誘っていかなければならないということも気づいているのでしょう。

本当に、Right Rise(ライトライズ)が、安全に確実に儲かるのであれば、わざわざ、毎日、Right Rise(ライトライズ)で儲けていると煽り記事を書く必要はないだろうと思います。何故なら、多くの人がやりだすと、投資冥利がなくなるからです。

私もギャンブル好きであり、Right Rise(ライトライズ)をすることは否定しませんし、アフィリエイト活動をすることもいいと思いますが、アフィリエイトブログでの煽り過ぎは、破たんした時には詐欺師的行為として法的に問題になるのではないかと危惧します。

リスクとリターンは1:1が投資の基本です。日利1~3%を毎日配当などという上手い話が長続きするはずがありません。投資した次の日にRight Rise(ライトライズ)が飛んだとしても言っていく所はありません。そんな幼稚儲け話に乗ったのですかと笑われるのがオチで、泣き寝入りするしかありません。

現に、数あるHYIP(ハイプ)の中で、主催者が飛んだという話は後を絶ちません。HYIP(ハイプ)に投資する場合は、リスクを熟知したうえでの投資を心がけましょう。

Right Rise:ライトライズもHYIPと呼ばれる危険な投資」はこちら!

仮想通貨最新情報は「仮想通貨投資ランキング」で検索!

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34033279

HYIP(ハイプ)のRight Rise(ライトライズ)への投資に勧誘する煽り記事に警鐘を鳴らさずにはいられない!!を参照しているブログ:

コメント