2017-02-02

2017年のビットコインFXはレバレッジ競争に突入の予感!

金融商品は、良くも悪くも目立つと直ぐに金融庁から規制が入ってくるものだ。

たとえば、今でこそ、規制が入り25倍のレバレッジ規制となったFXも、5年前には500倍ハイレバレッジは当たり前であった(わくわくするトレードが出来ていた)。

バイナリーオプション然りだ。人気が沸騰しだすと、勝率50%バイナリーオプション丁半博打だと、これまた当局から、いちゃもんをつけられ、まったく面白くないバイナリーオプションになってしまった。規制が入ってからのバイナリーオプションは、私は一度もしたことがない。まったくわくわくしないからだ。

当局の規制を恐れて、新手の金融商品は最近は殆ど出てこないようになった。

ビットコインFXも現時点では、金融商品ではないものの、当局からの規制を心配してか、国内のビットコインFX業者は、どこもFXで基準となっている25倍を超えるレバレッジを提供していない。さすが、大人の対応だ。。。

しかし、ここにきて、にわかにビットコインFXレバレッジを高めていく様な動きが出始めているように感じる。

これは、我々プレイヤーにとって、大変いいことだ

ビットフライヤーでは、2017年1月31日よりレバレッジを5倍から10倍に高めた。今後も状況を確認しながら、5倍ずつ増やしていくのではなかろうか。当面は25倍までは容易に可能であろうが、私はそれ以上のハイレバッレジを期待している。

そもそも、金融商品ではないビットコインFXは金融庁の監視を気にしすぎる必要は現時点ではなかろう。

仮想通貨取引所各社は、目をつけられないよう、優等生を演じようとしているが、そもそも、正式に、金融商品にはなっていないのだから、今なら営業の自由を最大限に活かせるのではないだろうか。

ただ、2016年に金融庁は仮想通貨を「貨幣」認定しており、遅かれ早かれ、ビットコインは正式に金融商品として認知され、当然のことながら、ビットコインFXに於けるレバレッジ競争には規制が入るであろう。そうなれば、ビットコインFXの主戦場は日本国内から海外にシフトするかもしれない。かつてのFXとは違い、今はブロックチェーン技術の進展により、海外へビットコインを移動させることはいとも簡単にできるからだ。

海外では、レバレッジ500倍FXを提供する会社がいくつもある。日本国内でも、せめて100倍超ビットコインFX会社が出てきてもいいだろう。

しかし、そうしたレバレッジ競争も、ビットコインが金融商品に認定されるまでの間のことであろう。せめて、規制のかかる前に、ハイレバレッジを提供していただきたい。その日が来るのを楽しみに待ちたい!

仮想通貨最新情報は「仮想通貨投資ランキング」で検索!

flairビットコインFXを始めるなら厳選仮想通貨取引所-比較
flair裏技!ビットコインで本当にリスクなく稼ぐアービトラージ

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34034390

2017年のビットコインFXはレバレッジ競争に突入の予感!を参照しているブログ:

コメント