2017-09-30

仮想通貨交換業者の登録制度運用開始!これで、ビットコインは上昇気流!

2017年9月29日、金融庁が11社の仮想通貨交換業者を認定しました。利用者保護を強化することが目的で、これにより、日本国内でも仮想通貨取引が、かつての危ないと言われていた頃の「所謂、怪しげな店頭FX」から、今のFXに生まれ変わった時と同様の安堵感を強く感じ、今後の仮想通貨ビットコインの益々の上昇を期待できそうな気がします。

金融庁の審査では、事業者は、利用者との資産を分けて管理できる態勢(分別管理)が整っているかを確認し、不正送金や詐欺的なコイン排除などの対策も精査したようです。一方、仮想通貨法施行前からの事業者のうち12社は登録を受けずに廃業したようです。

この金融庁登録は、今後の仮想通貨交換業者に対する「お墨付き」として、投資家や決済機能利用者に対し安心と安全を保障する証となりそうです。

現在、この11社の他に17事業者が金融庁の審査を継続中のようです。

tulip仮想通貨交換業者に登録された11事業者
(2017年9月29日時点:他に17事業者が現在審査中)
 ※記載順は登録番号順

金融庁による仮想通貨交換業者の登録制度は世界の中でも日本が先がけです。今後は仮想通貨に関する法整備が進んでいる日本が、世界を牽引する大きな役割を担っていくことになりそうです。

足元では、依然、1ビットコイン=50万円の壁に拒まれていますが、時間が解決してくれるかと思います。この週末に注目しています!

さて、ビットコインFXなら、売りからも入れるため暴落時にも収益チャンスがあり、実際、大きく稼いでいるトレーダも少なくありません。ビットフライヤーのbitFlyerFXなら現物保有しているビットコインをそのまま証拠金として預入しビットコインFXができます。

bud国内最大手のブロックチェーン企業で、最大レバ15倍ビットコイン証拠金に使える最も安心感のあるFX取引所を選ぶなら、24時間365日取引でき強固なシステムを完備しているbitFlyerビットフライヤー)がお薦めです。

bud手持ちのビットコイン送金してビットコインFXのみならず、為替FXも出来るのは、世界中で私が知る範囲では、SIMPLEFXシンプルFX)のみかと思います。同社のFXは「最大レバレッジ500倍」&「本人確認書類が不要」なので匿名での取引も可能です。

ビットコインの市場は、まだまだ未成熟であり、この様なリスク要因はこの先も幾度と訪れるのではないかと思います。そして、それを繰り返すことで、市場が安定的に成熟していくのだと思います。逆に、この発展途上にあるビットコインボラティリティーの高さはアービトラージで稼ぐ投資家にはもってこいの相場とも言えます。

cherryビットコインの配信レート(価格提示)は取引所によって異なります。これを利用して、ビットコイン市場では、取引所間の価格差を狙ったアービトラージで「価格変動リスク無く、価格の上げ下げに関係なく稼ぐことのできる」特殊な市場でもあります。

まだまだ、何か想定外のことが起こりそうな胸騒ぎがします。FXトレードでは我慢は禁物です。我慢するのは、現物だけにしましょう。

仮想通貨最新情報は「仮想通貨投資ランキング」で検索!

flairビットコインFX始めるなら仮想通貨取引所-比較
flair裏技!ビットコインでリスクなく稼ぐアービトラージ
flairBTCで始められる最大レバ500倍匿名取引も可能な海外FX

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34085374

仮想通貨交換業者の登録制度運用開始!これで、ビットコインは上昇気流!を参照しているブログ:

コメント