米で仮想通貨ビットコイン先物上場、相次いで開始!

12/10に米CBOEグローバル・マーケッツがシカゴ・オプション取引所にビットコイン先物を上場したばかりですが、 米先物取引所運営大手CMEグループでも12/18、仮想通貨ビットコイン先物の取引を開始しました。この先物上場ラッシュで、当面、センシティブな値動きが続くと思われます。

一方、日本ではICOによる資金調達も活況を迎えており、日本が仮想通貨の発展に寄与しているかと思います。国内ICOに関しては、金融庁より、今後は仮想通貨登録事業者経由での売出しと上場の方向性がでたようです。年内にはLiquid(リキッド)で第一弾が発表される見通しです。

また、先般、ICO上場した仮想通貨QASHキャッシュ)でお馴染みのLiquid(リキッド)では、ビットコインBTC)の最小取引量を2017年12月15日から変更しました。

■BTC最小取引数量:0.01 BTC(変更前 0.1 BTC)

1BTC = 200万円のレートの場合、BTCを取引するのに20万円必要でしたが、この変更で2万円からBTCを購入できるようになりました。また、こちらの変更を通じて、以下のように取引の幅が広がります。

・レバレッジ取引の場合は2,000円から取引が可能に!(レバ10倍として)

・月々2万円のBTC積立投資などが可能に!

tulip日本居住者は、Liquid(リキッド)からのみQASHを購入できます。

現在、期間限定にて、LiquidまたはQRYPTOSで、BTC、ETH、QASHをトレードして、iPhone X、QUOINEグッズ、Ledger Nanoがもらえるキャンペーンを実施中です。
キャンペーン期間:2017年12月6日~2017年12月27日迄

budLiquid(リキッド)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

さて、仮想通貨取引所bitbank.ccでは、仮想通貨交換業登録記念(関東財務局長 第00004号)として、「仮想通貨ペアの手数料無料キャンペーン」を開催中です。キャンペーンは2017年10月16日から2018年9月30日まで行われ、bitbank.ccで取扱う全仮想通貨通貨ペアが対象となります。

ビットコインの他、今話題のリップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナーコイン(MONA)などに投資できます。

tulip全仮想通貨ペア 売買手数料無料

登録はこちらから(口座開設・口座維持費用無料)↓↓

仮想通貨アルトコイン取引のbitbank

tulipbitbank.cc詳細はこちら!bitbank.ccでは、今注目のモナーコイン(MONA)への投資も可能です。

仮想通貨最新情報は「仮想通貨投資ランキング」で検索!

flairビットコインFX始めるなら仮想通貨取引所-比較
flair裏技!ビットコインでリスクなく稼ぐアービトラージ
flair安心と安全!仮想通貨取引ならbitFlyer
flairBTCで始められる最大レバ500倍匿名取引も可能な海外FX

ビットコインFX&仮想通貨攻略ブログトップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34098159

米で仮想通貨ビットコイン先物上場、相次いで開始!を参照しているブログ:

コメント