クイック入金は今や常識
👉マイアカウントへの送金はクイック入金が最適!

お薦めの bitFlyer FX!

めんどうな手続き不要

ビットコイン投資情報

  • ↓ビットコイン情報満載!

    ↓ビットコイン最新情報!

ビットコインFX先物!

初心者も安心の取引所!

  • DMM FXでお馴染みのDMM.comグループが運営母体の為、初心者でも安心して取引できます!

    必見DMM.com新規参入!

積立投資も出来るZaif!

世界を変えるコイン

  • ビットコイン投資なら「みんなのBitcoin」レバレッジ取引は最大25倍!

プロフィール

フォトアルバム

SIN

仮想通貨への投資は2016年2月から。世界第2位の仮想通貨イーサリアムで悪夢を体験。僅か3か月で資産が2倍強になるもThe DAOへのハッキング事件で大暴落。過去の辛酸を教訓に現在ビットコインFXを攻略中!
*お問合せ・連絡先はこちら

Copyright© 2016 ビットコインFXで稼ぐ仮想通貨FX攻略ブログ All Rights Reserved.

« 【凄】ビットコインのV字回復で2018年へ大いなる期待! | メイン | ビットコインの下落相場にはビットコインFXでヘッジ取引が有効! »

【仮想通貨取引所】QUOINEX(コインエクスチェンジ)代表CEOより声明!

2017年、日本国内事業者による有名なICO案件と言えば、Zaif(ザイフ)COMSAコムサ)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)QASHキャッシュ)ですが、QASHは、国内の仮想通貨取引所QUOINEXコインエクスチェンジ)を運営するQUOINE社のプロジェクトとして、仮想通貨取引の流動性供給を高めるLIQUIDプラットフォームICO時に出資者に付与される仮想通貨トークンとして、高い注目を集めていました。現在、既に両仮想通貨トークンとも上場済みで、自由に売買できます。

QASHトークンは、現在(2017.12.24)3倍超で推移しています。かつて、ICO上場したイーサリアムは、数年で1,300倍超になっており、QSAHトークンでも、数年先の爆上げを見据えて、密かに「果報は寝て待て」の精神で現在ホールド中です!

tulip日本居住者は、QUOINEXアカウントからのみQASHトークンを購入できます。

flairさて、このQUOINEXコインエクスチェンジ)の代表CEO栢森さんが、声明を出しています。あくまで、栢森さんの私見であることの前置きがありますが、一連のビットコイン価格急落の背景には、以下の3つの要素が重なり、パニック売りが起きた可能性があるとみているようです。

ウクライナの仮想通貨取引所でのハッキング
米CME、CBOEのビットコイン先物上場後の調整売り
クリスマスや年末にむけた手仕舞い売り

そして、今後もセンシティブな値動きが続くと見られています。投資は、くれぐれも慎重に、そして余裕資金で取引されることを推奨されております。

また、声明のなかで、ジブラルタル証券取引所(GSX)とのパートナーシップの発表をしています。ジブラルタルは、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占めるイギリスの海外領土です。既にプレスにも記載されていますが、戦略提携内容は以下になります。

1. GSX子会社のGibraltar Blockchain Exchange(GBX)への仮想通貨取引所システムおよび仮想通貨流動性QUOINEが提供すること
2. GBXが提供する仮想通貨取引所において、QUOINEグループが発行している仮想通貨QASH」を決済手段として使用すること
3. QUOINEが開発予定のグローバル流動性供給プラットフォームLIQUID」へGSXグループが主要パートナーとして参画すること
4. GBXが実施予定の「Rock TokenICOパブリックセールについて、QUOINEグループがグローバルICOプラットフォームである「QRYPTOS」においてグローバル販売を行うこと
※現在QUOINEが運営する仮想通貨取引所QUOINEX」にて、日本においてもRock Tokenパブリックセール実施を検討しているとのことです。期待したいと思います!

budQUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

flair一方、12/4にICO上場したCOMSA(コムサトークン)は、Zaif(ザイフ)取引所に公開されています。上場初日の数時間は、ICOのプレセール価格を割り込んだものの、その後は徐々に回復し、12/13~14にかけて、COMSAトークン(CMS:ETH/JPY)の価格が急騰しました。一日で約4倍(100円台→400円台)の上昇劇となり、12/21時点では、COMSAは430円前後で取引されていましたが、12/22は200円台まで急落する場面がありましたが、そのタイミングでの指値注文では買えず、現在、次の機会を狙っています。300円を割り込めば少し楔を入れてみたいと思います。

【仮想通貨取引所Zaif(ザイフ):CMS:ETH/JPY】

COMSAトークン

tulip日本居住者は、Zaif(ザイフ)アカウントからのみCOMSAトークンを購入できます。

COMSAコムサ)とは、Zaifザイフ)を運営するテックビューロが提供するICOプラットフォームサービスのことで、COMSAトークンはそのプラットフォーム上で使用される仮想通貨です。

flairさて、簡単に仮想通貨取引を始めたいなら、魅力満載Zaifザイフ:近畿財務局長 第00002号)がお薦めです。取扱通貨は、BTC・XEM・MONA・BCHなどの仮想通貨の他に、zaif(ザイフ)トークンなどCounterparty(カウンターパーティー)トークンなど豊富にあります。また、Zaifでは、現物取引の他、信用取引やビットコインFXコイン積立もあります。

まず、Zaif(ザイフ)信用取引は、レバレッジが最大7.77倍です。レバレッジが7.77倍の場合、証拠金13万円を元手に100万円相当までの取引が可能です。レバレッジを利用し、資金効率を高めた投資を行うことができます。

tulip現物取引と信用取引の比較

売り」から始められる。現物取引は、市場価格が安いときに買い、価格が上がれば売却し利益を得ます。
 一方信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められますので、 市場価格が高いときに保有していない仮想通貨売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得る方法もあります。

Zaif3

tulip気になる追証は不要です(口座残高以上のリスクは発生しません)!

Zaif信用取引では、証拠金の追加担保請求(いわゆる追証)を行いませんので、口座残高に預けている(JPY BTC XEM MONA)以上の負担をすることはありません。相場の急変等で決済時に預り金以上の損失が発生する可能性があるときも、追証のないサービスを提供しているので、口座残高の範囲内で安心して取引できます。

flairZaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。

また、信用取引のみならず、Zaif(ザイフ)には、ビットコインFXAirFXというサービスも展開しています。

tulipZaifAirFXとは?

現物取引に近い価格感で取引できるAirFXです。追証ガードイメージEPSにより追証が不要で証拠金以上のマイナスを防止しています。

ビットコインAirFXは、実際には現物取引ではありませんが、あたかも現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられました。
1.AirFXには期限と期限到来による決済がありません。(無期限)
2.先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。

【ZaifのBTC/JPYチャート】

Zaifbtc

tulipAirFX取引のレバレッジは最大25倍です。

AirFX取引ではレバレッジを最大25倍まで設定することが可能となり、これまでよりもさらに資金効率を高めた投資を行うことができます。しかし、当然その分シビアな価格変動でロスカットにかかるリスクも高まります。特にスプレッドが大きい場合や、相場が乱高下している際に、高いレバレッジで取引されると非常に短時間で大きな利益を期待できる反面、すぐにロスカットされ思わぬ損失を被る危険がありますので、取引の際は資金管理がに十分ご注意ください。

dangerレバレッジ25倍の場合:約定金額は、1BTC=1,800,000円とすれば、取引数量が0.1BTCなら証拠金率4%なので必要証拠金は7,200円でOK!

tulip必要証拠金は市場取引の状況により変動し、注文量とレバレッジに応じた金額が必要となります。また、注文時に日本円残高が不足しておりBTC、XEM、MONAの残高が充分ある場合、レートに応じて自動的にBTC、XEM、MONAを証拠金として充当されます。

flairZaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。

更に、Zaifザイフ)では、低リスクビットコイン増やす方法として『Zaifコイン積立』のサービスも提供しています。

tulipZaifコイン積立とは...
ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」、「暗号通貨将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。

Zaifコイン積立では、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としで、希望の金額を積み立てすることができます。毎月27日に引き落としし、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。

tulipこの買付は、ドル・コスト平均法暗号通貨を買っていきます。そのメリットとは!

Zaif1


Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することにより、しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。

ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。しかしながら「ビットコイン暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。

flair積立金額は毎月最低1,000円からです。口座開設はこちら

現在、Zaifでは総額1億円キャンペーンを実施中で出来高が増えるほど、投資家の報酬額が増えるキャンペーンを毎日開催しています!

Zaif2

報酬総額は1億円です!集計は毎日行い、その日取引高が多かった人上位50名に報酬を支払います。毎日の報酬額は、その日の取引所の総出来高に比例してアップします!各通貨ペア毎に出来高を計算し、出来高に応じてその日の報酬額を決定します。本キャンペーンは総報酬金額が1億円に達し次第終了予定です。

上位者から高い割合で配当金を獲得します!ランクイン50名の内、上位者から高い割合で報酬を獲得出来ます。また、報酬額は割合で決定するため、全体の出来高が上がればランクイン50名全員の報酬金額がアップします。

flairZaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。

勿論、高機能のスマホ取引ツールも完備しています。Zaifの公式アプリ「Zaif」の特長は…
ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。
ビットコインとトークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。
HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、安心して利用することができます。

仮想通貨最新情報は「ビットコイン投資ランキング」で確認!

flairビットコインFXを始めるなら厳選仮想通貨取引所-比較
flair裏技!ビットコインで本当にリスクなく稼ぐアービトラージとは!
flair安心と安全!ビットコイン取引ならbitFlyerビットフライヤー)!
flair高度なセキュリティと最先端の取引ツールはBitTrade
flair最大レバレッジ500倍匿名取引も可能な海外FXとは!

ビットコインFXで稼ぐ仮想通貨FX攻略ブログトップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34098931

【仮想通貨取引所】QUOINEX(コインエクスチェンジ)代表CEOより声明!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

BTC-FXのGMOコイン

アルトコインのbitbank

アクセスランキング

はじめよう仮想通貨!

上場企業運営の安心!

SimpleFX:海外BTC-FX

Webで検索

  • Google

    Web全体を検索
    サイト内を検索

BTC-FXリスクと免責他

  • <bitcoinFXのリスク>
    取引にあたっては、公式HPにて内容を十分にご理解ください。
    bitcoinFXは、多額の利益が得られることもある反面、多額の損失が発生することもあります。
    <事業者の信用リスク>
    仮想通貨事業者は信託保全の措置がとられていないため、事業者が破綻した場合には一般財産と混同され、預託金が返済されない可能性があります。
    <当サイトの免責>
    公開している情報は、正確であるように努めていますが、その内容を保証するものではありません。相場見通も作成時に於ける個人的な見解です。また、投資を勧誘するものでもありません。リンク先の事業者との間に生じた如何なるトラブルや損失も当サイト管理者は一切の責任を負いません。サービスのご利用等はご自身の責任で行っていただけますようお願いします。
    <その他>
    当サイトは、全ページリンクフリーですが、記事の無断転載は固くお断りします。尚、相互リンクに関してはスペースの都合上受付していません。