ビットコインの下値は150万円、ドル円は112円でサポート中!

仮想通貨ビットコイン150万円、法定通貨のドル円は112円で、一旦、夫々サポートされた感があります。仮想通貨ビットコインは年末から年始にかけて、何度か150万円でサポートされており、厚い支持線となっていますが、ドル円は、とりあえずの112円ともとれる足型で、年始は、ドル円は下落方向、ビットコインは上昇とはいかないも方向感なく推移しています。

戌笑いの2018年はいつから笑うことができるのか、注目しておきます。

今日(1/3)は、朝からWirexワイレックス:英国の仮想通貨カード会社及び仮想通貨交換所)から、手持ちのビットコインを私の日本国内の仮想通貨取引所ビットコインを送金しました。手数料は0.00083BTC(約2,000円)と銀行の海外送金と比べると格安で、しかも、送金から5分程度で、受け入れ側の仮想通貨取引所口座に入金が確認(現在検証中のフラグ:1認証済み)できるなど、送金もタイムリーに応じてくれます。着金される「6認証済み」までは約1時間かかりますが、ブロックチェーンの技術は恐るべしです。数年先には、銀行の伝統的業務(送受金など)は殆ど無くなるでしょう。

もともとは、Wirexワイレックス)にビットコインを貯めて、買い物を提携のVASAカードで決済するつもりで作っていたのですが、昨年9月から日本では使えなくなり(何かの規制?)、ビットコインを預け入れたままの状態になっていました。いつか復活するとの案内メールはあったものの、その後、3か月に亘り、続報がなかったこと、そして、納税の関係(2017年には円転しない:ビットコインのままで保有)もあり、どちらにしても、ややこしくならないよう、2108年になるのを待ていました。

当面、この資金はビットコインの現物で保有し、どこか新たにビットコインで受け入れてくれるカード会社ができれば、そこにビットコインを移す予定です。ビットコインは円転すれば、その利益は課税対象となります。

flairさて、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社としてビットコインFXの「GMOコイン」が頭角を現してきました!初めてのビットコインでも、GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインなら安心です。
GMOコインでは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコイン取引ができる環境を提供しています。

tulipGMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは!

・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍
・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料
・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!
・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし!
 ☞追加入金に追われません(追証無し)!
FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示!
 ☞価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!
・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!
即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)!

tulip現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。

GMOコイン仮想通貨FX」の詳細&口座開設はこちら↓↓

勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています!

GMOコインビットレ君iOS)スマホアプリ取引画面】

GMOコイン:ビットレ君(iOS)スマホアプリ取引画面

tulipGMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら!

tulipビットコイン取引の特徴は「価格変動」と「土日取引」はこちら!

仮想通貨最新情報は「仮想通貨投資ランキング」で検索!

flairビットコインFX始めるなら仮想通貨取引所-比較
flair裏技!ビットコインでリスクなく稼ぐアービトラージ
flair安心と安全!仮想通貨取引ならbitFlyer
flairBTCで始められる最大レバ500倍匿名取引も可能な海外FX

ビットコインFX&仮想通貨攻略ブログトップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34100303

ビットコインの下値は150万円、ドル円は112円でサポート中!を参照しているブログ:

コメント