ビットコインをバブルと指摘するアナリストらの期待を裏切るビットコイン相場!QASHは10倍に噴火!

私達は、上がり続ける相場も下がり続ける相場もないことを知っていますが、固定観念に縛られた伝統的な投資を主戦場とするアナリストらは、こぞって、今のビットコインはバブルと唱えていますが、唱えれば、唱えるほど、ビットコインの相場は上昇しています。

アナリストらは、予想が外れても(実際に投資をしていないので)、自分の腹は痛まず、また、新たな予想を理論武装して書き連ねていくことを繰り返し、生計を立てています。そうこうしているうちに、いつかは相場は反転するので、予想が当たるといった構図になっています。ある意味、気楽な商売かもしれません。

バブルと書き立てる背景には、1BTCの価格が、2017年1月は10万円もしなかったのに、2017年12月に220万円まで噴火したことで、そうした記事が増えました。特に、その後、一時、高値の220万円から、160万円まで大暴落したこともあり、記事の信憑性も一時高まった場面もありました。

ただ、このビットコイン高騰の背景には、仮想通貨交換事業者金融庁登録や米国での先物上場などが大きく影響しているかと思います。

fujiさて、仮想通貨QASHが今日も高騰しています。チャートみれば、まさに昇り龍ですが、漠上げというよりは、噴火といった様相です。昨日は200円、今朝(2018/1/7/AM7時)は240円を突破しています。買値からすると約10倍になっています。あとゼロが二つ付く高騰(約1,000倍)をみせれば、利益確定します。それまでは、果報は寝て待ちたいです。

tulip日本居住者は、Liquid(リキッド)からのみQASHを購入できます。

仮想通貨QASHのチャート:2018/01/07】

Qash0107仮想通貨トレード

また、QUOINEは、ジブラルタル証券取引所(GSX)とのパートナーシップの発表をしています。既にプレスにも記載されていますが、戦略提携内容は以下の通りです。

1. GSX子会社のGibraltar Blockchain Exchange(GBX)への仮想通貨取引所システムおよび仮想通貨流動性QUOINEが提供すること
2. GBXが提供する仮想通貨取引所において、QUOINEグループが発行している仮想通貨QASH」を決済手段として使用すること
3. QUOINEが開発予定のグローバル流動性供給プラットフォームLiquid」へGSXグループが主要パートナーとして参画すること
4. GBXが実施予定の「Rock TokenICOパブリックセールについて、QUOINEグループがグローバルICOプラットフォームである「QRYPTOS」においてグローバル販売を行うこと
※現在QUOINEが運営する仮想通貨取引所Liquid」にて、日本においてもRock Tokenパブリックセール実施を検討しているとのことです。期待したいと思います!

budLiquid(リキッド)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

flairあと余談ながら、高騰している仮想通貨は、リップル(XRP)が、この1カ月で、もっとも値上がりしています。1リップルは12月上旬は20円台でした。私も一時期持っていましたが、既に売却済みで残念です。2017年12月中旬から、急に活火山が噴火したように、2018年1月に入り一時350円突破まで高騰を見せ、この1カ月で15倍以上に価格が跳ね上がりました。足下は、やや反落しており、300円前後で推移しています。リップル(XRP)は、Coincheck(コインチェックGMOコインビットバンクなどで購入できます。

ポテンシャルのある仮想通貨なので、下げたところでは、買いを検討したい銘柄の一つです。

仮想通貨最新情報は「仮想通貨投資ランキング」で検索!

flairビットコインFX始めるなら仮想通貨取引所-比較
flair裏技!ビットコインでリスクなく稼ぐアービトラージ
flair安心と安全!仮想通貨取引ならbitFlyer
flairBTCで始められる最大レバ500倍匿名取引も可能な海外FX

ビットコインFX&仮想通貨攻略ブログトップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34100796

ビットコインをバブルと指摘するアナリストらの期待を裏切るビットコイン相場!QASHは10倍に噴火!を参照しているブログ:

コメント