QASHトークンホルダーには朗報!Liquidプラットフォームの今後は!

Liquidより、 Liquidプラットフォームの進捗報告がきました。 Liquidプラットフォームへの開発資金は、皆様、既知の通り、仮想通貨QSAHキャッシュ)によって集められています。ということで、Liquidプラットフォームの完成度が高まれば高まるほど、有益なものであればあるほど、仮想通貨QSAHキャッシュ)の価格が上昇します。

tulip日本居住者は、Liquid(リキッド)からのみQASHを購入できます。

QRYPTOSおよびLiquidにおきまして、一部の通貨ペアやユーザーについて、インターナル・ワールドブック ベータ版を稼動させたようです。長い間ワールドブックの開始をお待ちいただいたお客様及びQASHトークンホルダーの皆様には多大な感謝を申し上げますとメッセージが入りました。

今回のインターナル・ワールドブック ベータ版の開始は、今後のワールドブックとLiquidプラットフォームの正式ローンチに向けた、最初の大きな一歩ということで注目されています。Liquidプラットフォームは今年中頃にローンチ予定ですので、期待して待ちたいと思います。

Liquidのビジョンは、国籍・年齢・性別問わず、すべての人々が金融サービスを利用できる世界を創ることです。世界中の流動性を束ね、同社の画期的な技術力を活用することで、これまで仮想通貨にアクセスできなかった人を含め、あらゆる人々が仮想通貨を利用できるようになります。

また、Liquid仮想通貨業界において必要とされている「安定性」をもたらすことで、銀行や伝統的な金融機関は仮想通貨分野へ参入しやすくなるでしょう。

インターナル・オーダーブックは、BTC、ETH、BCH、およびQASHといった基軸通貨に対し、Liquidグループの取引所において発注されている全てのオーダーについて為替調整したうえでオーダーブックを提供いたします。今後も徐々に機能を追加し、中でも重要なものについては5月末までには実装される予定です。

しかし、これは始まりにすぎません。 次のステップは、エクスターナル・ワールドブックとLiquidプラットフォームのローンチに向けて動き出すことです。 そうすることで、Liquidのプラットフォームの本領が発揮されることでしょう。今後も継続してLiquidプラットフォームが発展していくことを切に期待します。

flairさて、個人的にも大注目の仮想通貨QASHキャッシュ)は、ボラタイルな動きを見せながらも、再び、100円手前まで急騰を見せています。この時間1QASH=95円前後で推移しています。1QASH=27円で購入していますので、3倍超の水準です。まだまだ、こんなものでは満足できません。。夏までに、先ず200円を達成してほしいです。ここから2段ロケットで発射してもらいたいです。

tulip日本居住者は、Liquid(リキッド)からのみQASHを購入できます。

budLiquid(リキッド)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

仮想通貨最新情報は「仮想通貨投資ランキング」で検索!

flairビットコインFX始めるなら仮想通貨取引所-比較
flair裏技!ビットコインでリスクなく稼ぐアービトラージ
flair安心と安全!仮想通貨取引ならbitFlyer
flairBTCで始められる最大レバ500倍匿名取引も可能な海外FX

ビットコインFX&仮想通貨攻略ブログトップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34124394

QASHトークンホルダーには朗報!Liquidプラットフォームの今後は!を参照しているブログ:

コメント