2018年9月の9件の記事

2018-09-30

最悪な状態が続いています。ハッキング事件を受けた、手持ちの仮想通貨の移動を考えているのですが、テックビューロ社 Zaif(ザイフ)からは、2018/9/17夕方より、仮想通貨の入出金機能が停止されており、再開まで時間がかかりそうです。

再開できれば、リキッドに移動させたいと思います。ハッキングされた取引所はイメージが悪く、テックビューロ社 Zaif(ザイフ)やコインチェックも然りですが、保有の仮想通貨を預けたいという心境にはなりません。いくら対策したとしても、一旦入った墨は、そう簡単には心理からは消えないでしょう。

問題山積のテックビューロ社 Zaif(ザイフ)ですが、この事態が仮想通貨業界全体の不信任にならないことを祈ります。

一方、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)で購入したリップルがここ最近で1.5倍以上に高騰中です。Liquid (リキッド)では、2017年にICO上場したQASH(Liquid)トークンも購入することができます。

tulip日本居住者は、Liquid(リキッド)からのみQASHを購入できます。

足元、QASH(Liquid)トークンはレンジ相場に突入しています。ホルダーの一人として更なる高騰を期待しています。

2018-09-28

テックビューロ社 Zaif(ザイフ)では、仮想通貨の不正流出(ハッキング)を受けて、近畿財務局から下記の通り業務改善命令が発令されました。

テックビューロ株式会社(以下「弊社」)は、平成30年9月25日(火)、仮想通貨交換業の適正かつ確実な遂行に必要な態勢構築を堅実に履行するため、以下に掲げる項目について、近畿財務局から、資金決済に関する法律第63条の16の規定に基づく業務改善命令を受けましたことをご報告いたします。

(1)流出事案の事実関係及び原因の究明(責任の所在の明確化を含む)並びに再発防止策の策定・実行
(2)顧客被害の拡大防止
(3)顧客被害に対する対応
(4)平成30年3月8日付業務改善命令及び平成30年6月22日付業務改善命令の内容について、流出事案を踏まえて、具体的かつ実効的な改善計画の見直し及び実行
(5)上記(1)から(4)までについて、平成30年9月27日(木)までに、書面で報告

なお、今年3月に受けた業務改善命令は、以下の2点でございます。
(1)実効性あるシステムリスク管理態勢の構築
(2)適切に顧客対応するための態勢の構築

なお、今年6月に受けた業務改善命令は、以下の6点でございます。
(1)経営管理態勢の構築
(2)法令遵守態勢の構築
(3)マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係るリスク管理態勢の構築
(4)利用者財産の分別管理態勢の構築
(5)利用者保護措置に係る管理態勢の構築
(6)仮想通貨の新規取扱等に係るリスク管理態勢の構築

弊社といたしましては、先日9月20日付のプレスリリースでお伝えしました通り、株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、弊社に対して50億円を提供する金融支援、資本提携等を検討する内容の基本契約を締結いたしました。今月下旬には提供が実行されることを前提として、現在その準備・交渉を全力で推し進めております。その上で、弊社は、提供を受けた資金により、消失した仮想通貨を調達し、お客様の資産に被害が及ばないように万全の対応を行って参ります。今後、基本契約に基づき、正式な契約が締結され、又は基本契約の内容が実行される等した場合は、適宜、速やかに、ご報告をさせていただく次第です。

ということですが、問題山積のようで口座保有者の一人として今後が不安です。仮想通貨業界全体の不信任にならないことを祈ります。

一方、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)で購入したリップルがここ最近で1.5倍以上に高騰中です。Liquid (リキッド)では、2017年にICO上場したQASH(Liquid)トークンも購入することができます。

tulip日本居住者は、Liquid(リキッド)からのみQASHを購入できます。

足元、QASH(Liquid)トークンはレンジ相場に突入しています。ホルダーの一人として更なる高騰を期待しています。

2018-09-23

9月20日、Zaif(テックビューロ社)では14日にハッキング被害をうけた事をプレスリリース文にて公表しました。公式発表によると被害総額は67億円となり、流出通貨はビットコイン、モナコインとビットコインキャッシュの3通貨となります。仮想通貨のハッキング事件が止まりません。

一方、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)から、セキュリティ対策に関する案内が発信されました。

「他の国内仮想通貨取引所におけるハッキングおよび仮想通貨流出に関して各種メディアで報道されておりますが、弊社サービスの「Liquid by Quoine(リキッド)」においては、同様の事象は発生していないことをご報告いたします。引き続き、安心してご利用いただけますと幸いです。

従前からご案内しておりますが、弊社では、お客様の大切な仮想通貨資産を安心安全に守るべく、以下のセキュリティ対策を実施しております。

【セキュリティ対策】
• 100%コールドウォレット管理
• マルチシグ対応 (BTC, BCH対応済)
• 出金先の仮想通貨アドレスのホワイトリスト化
• API経由での出金の禁止
• お客様の出金依頼から完了まで以下4段階のステップを設定
1. 出金依頼
2. 2段階認証(2FA)
3. お客様への出金依頼内容確認メール送付およびお客様による出金内容の再確認
4. 弊社専任スタッフによるオフライン環境での出金作業
• WEB/スマホアプリでのログイン時も2FAの必須化

また、下記のとおり、組織体制の構築や包括的なセキュリティチェック等、弊社ガバナンスを強化した上での実効性のある運用を既に行っております。

【組織・体制対策】
• CEO栢森を中心とした危機管理委員会の設置
• 第三者機関の外部専門家によるセキュリティチェック
• コールドウォレットが実装できない仮想通貨の取扱禁止
• 外部のみならず内部犯行防止の為の各種施策

仮想通貨出金に際して厳重な体制を敷いており、お客様にはご不便をおかけしている部分もあるかと存じますが、我々はお客様の大切な資産を安心・安全にお預かりすることを最優先に考えております。
今後もセキュリティを最優先にしていきますが、同時にお客様の利便性も高められるように様々な施策の準備を進めておりますので、ご理解賜れますと幸甚です。

引き続き、「Liquid by Quoine」をご愛顧いただけますようお願い申し上げます。」との発信です。

tulip日本居住者は、Liquid(リキッド)からのみQASHを購入できます。

QASH(Liquid)トークンが順調に上昇中です。ホルダーの一人として更なる高騰を期待しています。

2018-09-17

今注目のロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の長期・積立・分散のシミュレーションでは、1992年からの25年間、世界の金融資産に分散投資をしたとすると資産は約2.4倍に膨らんでいます。

1992年1月に100万円でスタートし毎月3万円ずつ積立。投資総額は1,000万円で、資産残高は2,457万円に増えています。投資元本は1,000万円なので、増えた利益総額は1,457万円になります。

WealthNavi(ウェルスナビ)

WealthNaviは、預かり資産・運用者数ナンバーワンの全自動の世界分散投資ロボアドバイザーで、大手金融機関が出資していて安心です。

STEP1:最短1分で運用プランを診断
STEP2:最短3分でWebから申し込み
STEP3:最短2営業日で資産運用を開始

シンプルな手数料:手数料は預かり資産の1%(年率)のみ!
現在、WealthNavi(ウェルスナビ)スタートキャンペーンを実施中で1ヶ月分の手数料がキャッシュバックされます。
※エントリー期間:2018年8月1日~ 2018年10月31日

WealthNavi(ウェルスナビ)の公式サイトはこちら

2018-09-13

サービス概要
QuantX(クオンテックス)は、膨大な日本株銘柄の中で、「値上がり・値下がりする銘柄」を予測するアルゴリズムを購入・利用できるサービスです。
アルゴリズムを使用することにより、高パフォーマンスな投資を実現することが可能です。

サービスの強み
1.高いパフォーマンス
投資対象とマーケットシナリオを考慮したアルゴリズムにより、既存の積立やロボアドに比べ、高パフォーマンスの投資が可能です。

2.下落リスクを予測
過去データを活用した多方面による検証、ポートフォリオを考慮した投資対象の選別・分散により、リスクの見える化や軽減を実現できます。

3.すぐに利用開始が可能
ご利用には、面倒な手続きや個人情報の提出は不要です。
申し込みいただいた日から、すぐにご利用いただけます。

アルゴリズム無料キャンペーン実施中!
今なら会員登録をした方全員に"アルゴリズム無料クーポン"をプレゼント!
(※無料クーポンの購入対象はQuantX公式アルゴリズムとなります)

QuantX(クオンテックス)の公式サイトはこちら↓↓

QuantX[クオンテックス]

  • お客様の声
    FXの自動売買をやっていましたが、こっちの方が全然利益がでました。毎日シグナルを受け取って売買するのが楽しみです。
     30代男性 投資経験5年
    貯金はロボアドの積立をやっています。資金的には余裕があったのですが、何もしていませんでした。QuantXは、簡単で他よりもリターンが大きくなったのでとてもうれしいです。
     40代男性 投資経験12年
    利益がでるので、満足しています。ただ自分で売買するのが手間です。アルゴリズムにそって、あとは自動売買にしてほしいです。
     30代男性 投資経験10年

flairQuantX(クオンテックス)の公式サイトはこちら!

2018-09-10

もう長雨で困ります。仮想通貨は長雨の影響で地盤がかなり弱くなり地崩れが止まりません。この崩落した現状は復旧作業するにも、かなりの時間を要しそうです。ビットコインもイーサリアムもライトコインもリスクもモナコインも全て暴落しています。上げてはそれ以上に下げての繰り返しです。

注目のQASH(Liquid)トークンも依然低位で推移中です。早く浮上しないかな!Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)へのローンチだけでは、さすがに印象薄すぎでしょうか。

一方、通貨FXでは、一見、トルコリラは底固めしたかに思えますが、本格的な下落はここからでしょう。底抜けすると思うのですが、仮想通貨みたいには簡単に下がらないのでしょうか。

tulipさて、トルコリラ取引の出来るFXはくりっく365です。くりっく365のトルコリラ円のスワップポイントは1日平均123円と業界最高水準です。

くりっく365

また、現在注目を集めている外為オンラインが提供する「iサイクル注文」では、過去1年間の運用で、ドル円は年25.0%、ユーロ円は39.5%、ポンド円は57.5%の決済損益になっています。この実績は、2018年2月7日時点のminiコース(取引単位1,000通貨)のデモ口座取引の結果に基づいたものであり、今後の結果が、同様の利益を保証するものではありません。

2018-09-07

DMM Bitcoinでは「新規口座開設で1,000円プレゼント!さらに、取引をして最大で5,000円プレゼント!」のWキャンペーンを実施中です。

キャンペーン期間
2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)

キャンペーン対象
1.口座開設キャンペーン
 新規に口座開設が完了した方 
※8月末までに口座開設完了された方は除きます。

2.取引キャンペーン
 仮想通貨の現物・レバレッジに関わらず、下記の取引条件を満たした方
※今回実施の9月分取引キャンペーンには、8月分の取引は加算されません。9月に取引した分のみが対象となります。

キャンペーン内容
1.新規に口座開設完了:1,000円プレゼント
2.取引高の累計が75万円以上―300万円未満:2,000円プレゼント
3.取引高の累計が300万円以上 :4,000円プレゼント
※キャンペーン期間中の取引高(現物・レバレッジ)に応じてプレゼントされます。

DMM Bitcoinの詳細はこちら(最短5分で申込み完了)

DMM Bitcoinならレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料、口座維持手数料、出金手数料、ロスカット手数料が無料です。また、DMM FXでお馴染みのDMM.comグループが運営母体の為、初心者でも安心して取引できます。

2018-09-05

Liquidより、オフィシャルメッセージです。

平素はLiquid(リキッド)をご利用いただき、ありがとうございます。
大変お待たせいたしましたが、たった今「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」(以下Liquid “リキッド”)を正式ローンチしましたのでお知らせいたします。
Liquid正式ローンチに伴い、弊社が運営する取引プラットフォームを「Liquid」から「Liquid」へ名称変更いたしました。

とのことです。これで、一安心です。あとは、QASH(Liquid)トークンが上がるのは待つだけです。

tulip日本居住者は、Liquid(リキッド)からのみQASHを購入できます。

栢森CEO様、QASH(Liquid)トークン・ホルダーの一人として大いに期待しています。頑張ってください。

2018-09-03

一見、トルコリラ円はダブルボトムを形成しそうに見えますが、底抜けすると私は見ています。だから、今は買いません。前回の底値15.40円をぐーっと下抜け、長い陰線を付けたところで、ロングで入りたいです。このタイミングでは少しレバレッジを上げて入りたいと思います。

仮想通貨では、LSKの急騰劇を期待していますが、今のところ、動意乏しく方向感に欠ける展開です。予想通りの展開になることを期待します。また、QASH(Liquid)トークンにも期待しています。

QUOINEは2018年9月4日から約24時間後にLiquidへローンチとなります。

tulipさて、トルコリラ取引の出来るFXはくりっく365です。くりっく365のトルコリラ円のスワップポイントは1日平均123円と業界最高水準です。

くりっく365

また、現在注目を集めている外為オンラインが提供する「iサイクル注文」では、過去1年間の運用で、ドル円は年25.0%、ユーロ円は39.5%、ポンド円は57.5%の決済損益になっています。この実績は、2018年2月7日時点のminiコース(取引単位1,000通貨)のデモ口座取引の結果に基づいたものであり、今後の結果が、同様の利益を保証するものではありません。