2018年10月の18件の記事

2018-10-31

仮想通貨は順調に下落してます。もう誰も上がるとは思っていないのではないでしょうか。昔から持っている人が損切りできず、じわりじわり下落しているのが現状のように思います。私も完全に逃げ遅れてしまった感があります。ただ、あと2ヶ月で今年も終わりますが、税金を払わなくていいので、それだけでもよしとします。

さて、株式投資では、今日の日経株はニューヨークダウの好調につられて、463円上げて21,920円でクローズしています。一連の株価大暴落は、リスクパリティー戦略(運用)による売りが売りを呼ぶ、株式ポジションの調整売りが、システムトレードで大量に発生した結果とも言われています。売る物がなくなれば、あとは反転しかありません。為替も久々にドル高円安で113円をしっかり上抜けしました。

一方、私の10/22に買ったコロプラ(3668:東証1)株は、5連チャンで値を下げたあと、その後は3日連続で値を戻しています。今日は+12円(昨日から+6,000円UP)で、今日の終値は696円となりました。しかし、まだ、買値には届きません。

【10/31の戦績は(*_*) マイッタ-17,870円(手数料込み)】

投資ブログ

これで、3勝5敗となりましたが、日経の上げ幅に比べるとやや少なめです。ただ、上げ基調であることは間違いないでしょう。明日から11月に入りますが、11月は大いに期待しています。11月末には800円を超えているものと確信していますがねっ!

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

2018-10-30

本当にこのブログを書きながら、私のブログ閉鎖が早いか、それとも仮想通貨崩壊が早いか、マジで心配になってきました。本来、仮想通貨をテーマに書いていこうとしたブログですが、下げ続ける一方であり、話題に触れる気にもならないことや、何よりも、仮想通貨取引所自体がハッキングされたり、金融庁から睨まれて、業務改善命令が出たり、これまで短い期間に何件も倒産したりと、ヤバいどころではないような気がします。そろそろ、末期症状のような気がしてきました。

もう最悪、保有する仮想通貨は紙くずになるかもと諦め始めています…。ただ、逆説的に考えれば、紙くずほどの無価値で仮想通貨を買える、拾える投資家はラッキーなのかもしれません!潜水艦もいつかは海底に辿り着きます。それ以上は沈みようがありません。これから仮想通貨取引を始めようと無謀?なことを考えている方は、せめて、安心できる仮想通貨取引所口座開設することをお勧めします。セキュリティーの甘い会社は最悪です。参考:私のメイン口座は Liquid by Quoine です。

一方、先週月曜日の10/22に買ったコロプラ(3668:東証1)株は、5連チャンで値を下げたあと、10/29に、日経株が落ちる中で、始めて上昇しましが、今日もたったの+2円(昨日から+1,000円UP)ではありますが、それでも連続しての上昇となりました。ただ、今日の終値は684円で、まだまだ、買値には届きません。

【10/30の戦績は(*_*) マイッタ-23,870円(手数料込み)】

投資ブログ

これで、2勝5敗となりましたが、大きく下げた割には少なすぎる戻りです。でも、上がり基調で11月は大いに期待しています。11月末には800円を超えているものと確信していますがねっ!

flairさて、マネックス証券なら、お手頃な手数料(現物100円~)で取引できます。

【マネックス証券の特長】
▼お手頃な株式手数料!
初めての方でも経験者の方でも、少額からリーズナブルに投資できます。現物取引手数料はお手頃な最低100円~、信用取引手数料も格安の95円~取引できます。

また、新規口座開設で、申込日の翌月末までの日本株の現物株式買付手数料および投資信託買付時の申込手数料が全額キャッシュバックされます。

▼IPO(新規公開株)はすべての顧客に平等!
証券会社によっては、預かり資産の多い顧客や過去の申込回数によって当選確率を変えるケースなどがありますが、マネックス証券なら、申込みされたすべての顧客に平等に当選の可能性があります!また、IPOの取扱銘柄も豊富です。取扱いが多いということは、IPOに申込めるチャンスが多い=当選するチャンスも多いと言えます。

▼初心者から上級者まで様々なニーズを満たすアプリ・ツールが充実!
プロトレーダーに迫る投資環境で、マーケット情報やニュースをチェックしつつ、素早く注文できるトレーディングツールを各種無料で完備しています。

▼NISA(少額投資非課税制度)やiDeCoにも対応!
投資によって得た利益からは約20%の税金が引かれますが、iDeCoやNISAに加入すると、この税金がかからないようになります。さらにiDeCoには、投資する金額に応じて、所得税と住民税が軽減されるという優れた節税効果があります。

マネックス証券の公式サイトはこちら

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

2018-10-29

もう、南無阿弥陀仏を唱えたくなります。仮想通貨は、週明けも下げて始まっています。正直言って、レートチェックする気にもなりません。仮想通貨は2017年、仮想通貨元年ともてはやされましたがというよりは、仮想通貨取引所ビットフライヤーが勝手に、コマーシャルベースでそう言って仮想通貨をアピールしていたのですが、そう言っていた超本人がまったく駄目です。新規参入者を受け付けないなど、企業として、やる気をまったく感じられません。

あくまで個人的な見解ですが、ビットフライヤーは経営に行き詰まっているように思えます。かつての勢いが微塵にも感じられません。ビットフライヤーで、各種、仮想通貨を預けていますが、まだ寝れないほどではありませんが、不安で不安でなりません。このまま、倒産でもされたら、私の仮想通貨は一体どうなるのでしょうか。まあ、大手メガバンク系列のVCが株主になっているので、そう簡単に飛んでしまうことはないと思いますが、どうしてしまったビットフライヤーと言いたいです。

2018年は、ハッキング事件でコインチェックやザイフも葬られました。このままでは、2018年は、早くも「仮想通貨終演の始まり元年」と揶揄されかねません。余談ながら、潰れたザイフにも仮想通貨BCHを置いていますが、同社のHPには、「2018/9/17夕方より、BCHの入出金を停止しております。恐れいりますが再開までお待ちくださいますようよろしくお願いします。」と掲載されたままです。今はもう10/29です。いつまで待たせるんだといった心境です。

一方、先週月曜日の10/22に買ったコロプラ(3668:東証1)株は、5連チャンで値を下げて1週間を終えました。ただ、週明けの今日、10/29は、日経株が落ちる中で、コロプラ株は上昇しました。まあ、上げたと言っても、わずか5円高の682円なので、まだまだ、買値には届きません。下手をすれば今日で含み損は3万円を突破するかと思っていましたが、先ずは一安心です。

【10/29の戦績は(*_*) マイッタ-24,870円(手数料込み)】

投資ブログ

これで、1勝5敗、初の白星となりました。今週は幸先がいいです。せめて、11月上旬に買値までの回復を期待したいところです。そして、11月末には800円を超えているものと確信していますがねっ!

flairさて、マネックス証券なら、お手頃な手数料(現物100円~)で取引できます。

【マネックス証券の特長】
▼お手頃な株式手数料!
初めての方でも経験者の方でも、少額からリーズナブルに投資できます。現物取引手数料はお手頃な最低100円~、信用取引手数料も格安の95円~取引できます。

また、新規口座開設で、申込日の翌月末までの日本株の現物株式買付手数料および投資信託買付時の申込手数料が全額キャッシュバックされます。

▼IPO(新規公開株)はすべての顧客に平等!
証券会社によっては、預かり資産の多い顧客や過去の申込回数によって当選確率を変えるケースなどがありますが、マネックス証券なら、申込みされたすべての顧客に平等に当選の可能性があります!また、IPOの取扱銘柄も豊富です。取扱いが多いということは、IPOに申込めるチャンスが多い=当選するチャンスも多いと言えます。

▼初心者から上級者まで様々なニーズを満たすアプリ・ツールが充実!
プロトレーダーに迫る投資環境で、マーケット情報やニュースをチェックしつつ、素早く注文できるトレーディングツールを各種無料で完備しています。

▼NISA(少額投資非課税制度)やiDeCoにも対応!
投資によって得た利益からは約20%の税金が引かれますが、iDeCoやNISAに加入すると、この税金がかからないようになります。さらにiDeCoには、投資する金額に応じて、所得税と住民税が軽減されるという優れた節税効果があります。

マネックス証券の公式サイトはこちら

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

2018-10-28

今も昔も、ネット上で、信憑性に欠ける新種の暗号通貨(以下、仮想通貨と表現)を使って、投資家に都合のいい思わせぶりなストーリーを描き、うまい投資話を持ちかけてくる輩がいますが、最近とみに増えています。この限りなく詐欺に近い投資夢物語は、単純に儲けたいと思う人間の深層心理をうまく利用しています。どうかご注意ください。

具体的には、近い将来、紙くずになることが必至の怪しい知名度のない上場前の仮想通貨トークンをあたかも絶対上がると思い込ませる巧みな誘導記事でその気にさせ、読者に、自発的に勘違いを誘発させるような巧妙な手口で、投資は自己責任の御旗のもと、取引後に問題や甚大な損害が発生したとしても、当局は一切関知しないというありさまで、そこに違法性はないのか、犯罪すれすれの領域で必死にPRしている儲かるセミナー開催大好き、受講生大募集で収益を上げている輩(詐欺師に近いアフィリエイター)が少なくありません!

そうした情けないブロガーの共通点、或いはその見極め方は、必ずと言っていいくらいブログ記事の中に、高そうなステーキやキャビア、フォアグラなど、高級食材で食事をしている見栄張り満載の写真や、投資で大儲けしたと言わんばかりの海外旅行しまくりのリッチな生活を連想させる写真をベタベタ掲載してみたり、飛行機は、馬鹿じゃないかと思いますが、ファーストクラスしか乗ったことがないとか、嘘自慢ばかりしてる哀れな輩が多いのが、その特徴です。そうした輩の中には、粗を隠すことに余念のない、ピンぼけの自撮り画像も多用し、何のために晒しているのか、まったく意味不明ですが、自分を芸能人か何かと勘違いしている厚化粧の中年女性ブロガーもいるかと思えば、高学歴を売りにするも実は学歴詐称で、高収益を上げているという自称トレーダーの看板を掲げて商売をしている投資ブロガーもいます。まあ、ここまでくれば、ただただ呆れるばかりです。

そうした輩のブログ記事の共通点は、自分が負けたとか、苦戦しているとか、これで損をしたとか、そうしたマイナスの情報は一切隠します。百選錬磨の記事ばかりです。まさに、孫子の兵法「戦わずして勝つ」ということなのでしょうか。多くの場合、人に危ない投資をさせ、自分は手を汚さず、高額なアフィリエイト収入で、あぶく銭を得ている場合が多いです。どうか、当ブログ読者の皆様は、そうした詐欺丸出しの見え見えの悪徳ビジネスに引っかからないとは思いますが、よくよくご注意いただきたいと思います。

これから、新たに仮想通貨取引を初めて、大儲けをしてやろうと思っている若き諸君も、くれぐれも詐欺に引っかからないようにご注意ください。自分は大丈夫だと思っている人ほど、心に隙が出来き、巧妙な罠に引っかかるようです。また、そうした場合、被害に遭っても、自分の馬鹿さ加減を世間に公開することになるので、泣き寝入りするしかないというのが一般的に多いようで、本件に関わらず、詐欺師はそうした人間心理もよく研究した上で仕掛けてきます。冷静に考えれば、絶対損しない、必ず儲かる投資など、あるはずがありません。仮に、あるとしても、どういう理由で、わずか数万円や数十万円でそのノウハウを提供するのか、教えるはずがありません。独り占めするはずです。詐欺師はそうした人間の欲望や隙をついてくる能力には長けています。

flairさて、 Liquid by Quoine は圧倒的な流動性を持つアジア最大級の仮想通貨取引所で、ハッキング事件が多発する昨今、世界最高水準のセキュリティ対策を構築しています。私のメイン口座ですが、現在、期間限定にて、最大23,000円相当のQASH(キャッシュ)バック新規口座開設キャンペーンを開催中です。👉詳細はこちら。
QASHトークンを日本円で買える唯一の取引所!
QUOINEX
Liquid by Quoine では、2019年末迄に銀行免許の取得を目指しており、直近12ヶ月で5.6兆円以上の取引高を誇ります。今後のQASH(Liquid)トークンの爆騰に期待!
仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号
❶徹底したセキュリティ対策!
仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所。
※2018/2/13時点。
❷安全・安心な仮想通貨出金プロセス!
出金依頼から完了まで4段階のステップを設置。意図しない出金を未然に防止。
❸各種取引手数料が0円!
手数料が掛からないから初めての取引でも安心!
※一部取引を除く。
❹豊富な通貨ペア数は52種類!
日本国内でQASHトークンを取引できるのはLiquid by Quoine だけ!

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

2018-10-26

相場は、かなりヤバくなっています。勿論、株式相場のことですが、逆に、これだけ下げても、為替は殆ど動いていない、なんとも奇妙な展開です。ドル円は112円の防戦中ですが、いずれ、111円を割るかもしれませんね。

一方、2018年秋の仮想通貨は揶揄ですが、完全に火葬され、葬られた状態にちかいです。もう、誰も、見向きもしていないのではないかと思うくらい末期症状がでています。ほんと情けない状況です。これほど、株価が乱高下しても、微動だにしない仮想通貨です。まさかとは思いますが、先がないと思った仮想通貨取引所が、自ら保有する仮想通貨を少しずつ、投資家に分からぬよう、円転、し始めているということは、まさか、まさかないでしょね!最近の仮想通貨の動向を見ていると全く業界としての動きも見られず、心配でなりません。じり貧です。もはや、私の保有する仮想通貨資産も、紙くず同然になりつつあります。まったく活況感がありません。

dangerそのせいか、最近、仮想通貨をテーマにブログを書くブロガーは消えつつあります。残っているブロガーの中には、詐欺に近いような、紙くずになることが必至の怪しい知名度のない上場前の仮想通貨トークンをあたかも絶対上がると思い込ませる巧みな誘導記事でその気にさせ、読者に、自発的に勘違いを誘発させるような巧妙な手口で、投資は自己責任の御旗のもと、取引後に問題や甚大な損害が発生したとしても、当局は一切関知しないというありさまで、そこに違法性はないのか、犯罪すれすれの領域で必死にPRしている儲かるセミナー開催大好き、受講生大募集で収益を上げている輩(詐欺師に近いアフィリエイター)が少なくありません!

dangerそうした情けないブロガーの共通点、或いはその見極め方は、必ずと言っていいくらいブログ記事の中に、高そうなステーキやキャビア、フォアグラなど、高級食材で食事をしている見栄張り満載の写真や、投資で大儲けしたと言わんばかりの海外旅行しまくりのリッチな生活を連想させる写真をベタベタ掲載してみたり、飛行機は、馬鹿じゃないかと思いますが、ファーストクラスしか乗ったことがないとか、嘘自慢ばかりしてる哀れな輩が多いのが、その特徴です。そうした輩の中には、粗を隠すことに余念のない、ピンぼけの自撮り画像も多用し、何のために晒しているのか、まったく意味不明ですが、自分を芸能人か何かと勘違いしている厚化粧の中年女性ブロガーもいるかと思えば、高学歴を売りにするも実は学歴詐称で、高収益を上げているという自称トレーダーの看板を掲げて商売をしている投資ブロガーもいます。まあ、ここまでくれば、ただただ呆れるばかりです。もう、笑うしかありません!

dangerそうした輩のブログ記事の共通点は、自分が負けたとか、苦戦しているとか、これで損をしたとか、そうしたマイナスの情報は一切隠します。百選錬磨の記事ばかりです。まさに、孫子の兵法「戦わずして勝つ」ということなのでしょうか。多くの場合、人に危ない投資をさせ、自分は手を汚さず、高額なアフィリエイト収入で、あぶく銭を得ている場合が多いです。どうか、当ブログ読者の皆様は、そうした詐欺丸出しの見え見えの悪徳ビジネスに引っかからないとは思いますが、よくよくご注意いただきたいと思います。

danger余談が続きますが、これから、新たに仮想通貨取引を初めて、大儲けをしてやろうと思っている若き諸君も、くれぐれも詐欺に引っかからないようにご注意ください。自分は大丈夫だと思っている人ほど、心に隙が出来き、巧妙な罠に引っかかるようです。また、そうした場合、被害に遭っても、自分の馬鹿さ加減を世間に公開することになるので、泣き寝入りするしかないというのが一般的に多いようで、本件に関わらず、詐欺師はそうした人間心理もよく研究した上で仕掛けてきます。冷静に考えれば、絶対損しない、必ず儲かる投資など、あるはずがありません。仮に、あるとしても、どういう理由で、わずか数万円や数十万円でそのノウハウを提供するのか、教えるはずがありません。独り占めするはずです。詐欺師はそうした人間の欲望や隙をついてくる能力には長けていますね。

crying閑話休題。それでは、私の今日の戦績発表です。残念ながら今日も下がりました。しかし、それはしかたありません。日経株も下げており、どうしようもありません。相場は、全体的に下がるから売る、売るから下がるの負の連鎖が漂っています。落ちるナイフを掴むのは勇気がいりますが、投資で勝つ人はそうした身のすくむような状況下でも、淡々と自らの投資ポリシーで買っていく人なのでしょう。

いつものように、今週を振り返ります。

これで、私が10/22に買ったコロプラ(3668:東証1)株(1株725円×500株=約36万円)は、5連チャンで値を下げました。昨日から更に7円下げて、677円/株。10/26時点で、27,370円の含み損となっていますが、直ぐにでも取り戻せるレベルです!

昨日に続き、単純な確率論では、賽の目で、5回連続で奇数となる確率は、32分の1(3%)ですが、私の保有するコロプロの株は、その3%の非常に低い、低い、低い確率で下げ続けています。これは、確率論としては、珍しいことですが、これが現実。恐るべし投資の世界です。

【ここ数年こんなに落ちているコロプラ(3668)の軌跡、ああ無惨!】

投資ブログ

コロプロ株が季節外れの長雨にならぬことを期待した10/22。

【10/22の戦績は(*_*) マイッタ-5,870円(手数料込み)】

投資ブログ

10/23の終値は、日経株が600円超安と大暴落した割には、15円安の前日比-2.08%の(*_*) マイッタ-13,370円。評価損は膨らんだものの、よく踏ん張った方です。10/23の東証クローズでは、705円まで下がりました。

【10/23の戦績は(*_*) マイッタ-11,370円(手数料込み)】

投資ブログ

10/23の夜には、当ブログにて、「ここらが、底値付近と思います。これ、10/22にも言いましたっけ?」って書きましたが、10/24も下落の3連敗です。

【10/24の戦績は(*_*) マイッタ-16,870円(手数料込み)】

投資ブログ

明日からは回復の道筋を示してくれることでしょう。今日もラリホー、ラリホー、「投資の儲けは我慢代、投資の儲けは我慢代、投資の儲けは我慢代」と3回呪文を唱えました!ただ、冷静に判断して、今回の戦いは、長丁場になることも想定しておきたいですと不安を感じた10/24。

【10/25の戦績は(*_*) マイッタ-23,870円(手数料込み)】

投資ブログ

10/25は、見事、悪い方に予想が的中。4連敗で684円まで下落。これで、含み損は、23,870円です。ただ、勝負はこれからです。まだ、序章に過ぎません。

【10/26の戦績は(*_*) マイッタ-27,370円(手数料込み)】

1

週末の10/26は、遂に5連敗。週末のリスク回避で売られてクローズしています。前場はプラス圏もありましたが、残念です。来週は白星が続くでしょう。そう、私は11月末には800円を超えているものと確信していますがねっ!

flairさて、マネックス証券なら、お手頃な手数料(現物100円~)で取引できます。

【マネックス証券の特長】
▼お手頃な株式手数料!
初めての方でも経験者の方でも、少額からリーズナブルに投資できます。現物取引手数料はお手頃な最低100円~、信用取引手数料も格安の95円~取引できます。

また、新規口座開設で、申込日の翌月末までの日本株の現物株式買付手数料および投資信託買付時の申込手数料が全額キャッシュバックされます。

▼IPO(新規公開株)はすべての顧客に平等!
証券会社によっては、預かり資産の多い顧客や過去の申込回数によって当選確率を変えるケースなどがありますが、マネックス証券なら、申込みされたすべての顧客に平等に当選の可能性があります!また、IPOの取扱銘柄も豊富です。取扱いが多いということは、IPOに申込めるチャンスが多い=当選するチャンスも多いと言えます。

▼初心者から上級者まで様々なニーズを満たすアプリ・ツールが充実!
プロトレーダーに迫る投資環境で、マーケット情報やニュースをチェックしつつ、素早く注文できるトレーディングツールを各種無料で完備しています。

▼NISA(少額投資非課税制度)やiDeCoにも対応!
投資によって得た利益からは約20%の税金が引かれますが、iDeCoやNISAに加入すると、この税金がかからないようになります。さらにiDeCoには、投資する金額に応じて、所得税と住民税が軽減されるという優れた節税効果があります。

マネックス証券の公式サイトはこちら

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

2018-10-25

今日は、投資家の多くが吐きそうになったことでしょう。昨日のNY株が大暴落して、608ドル安となったことを受けて、今日の東京、日経株はとんでもないことになりました。なんと、822円安の21,268円です。久々に キタ━━━(゚∀゚)━━━!! の大暴落です。まさにナイアガラからのダイブ、バンジーのゴムが切れた状態です。

これで、私が10/22に買ったコロプラ(3668:東証1)株(1株725円×500株=約36万円)は、4連チャンで値を下げました。が、しかし、今日のこの下げは、いたしかたのないことです。因みに、今日の終値は684円、昨日から14円(2%)下げて終わりました。

昨日に続き、単純な確率論では、賽の目で、4回連続で奇数となる確率は、16分の1(6%)ですが、私の保有するコロプロの株は、その6%の非常に低い低い確率で下げ続けています。これは、確率論としては、珍しいことですが、これが現実。恐るべし投資の世界です。

私のブログの副題として掲げている「やまない雨はない。当たり前だ!しかし、私達は長雨の本当の怖さをよーく知っている…」これを今後も、自らの戒めとして、座右の銘としたい。

それでは、ここで今週を振りかえってみたい。

【ここ数年こんなに落ちているコロプラ(3668)の軌跡、ああ無惨!】

投資ブログ

コロプロ株が季節外れの長雨にならぬことを期待した10/22。

【10/22の戦績は(*_*) マイッタ-5,870円(手数料込み)】

投資ブログ

10/23の終値は、日経株が600円超安と大暴落した割には、15円安の前日比-2.08%の(*_*) マイッタ-13,370円。評価損は膨らんだものの、よく踏ん張った方です。10/23の東証クローズでは、705円まで下がりました。

【10/23の戦績は(*_*) マイッタ-11,370円(手数料込み)】

投資ブログ

10/23の夜には、当ブログにて、「ここらが、底値付近と思います。これ、10/22にも言いましたっけ?」って書きましたが、10/24も下落の3連敗です。

【10/24の戦績は(*_*) マイッタ-16,870円(手数料込み)】

投資ブログ

明日からは回復の道筋を示してくれることでしょう。今日もラリホー、ラリホー、「投資の儲けは我慢代、投資の儲けは我慢代、投資の儲けは我慢代」と3回呪文を唱えました!ただ、冷静に判断して、今回の戦いは、長丁場になることも想定しておきたいですと不安を感じた10/24。

【10/25の戦績は(*_*) マイッタ-23,870円(手数料込み)】

投資ブログ

10/25は、見事、悪い方に予想が的中。4連敗で684円まで下落。これで、含み損は、23,870円です。ただ、勝負はこれからです。まだ、序章に過ぎません。そう、私は11月末には800円を超えているものと確信していますがねっ!

flairさて、マネックス証券なら、お手頃な手数料(現物100円~)で取引できます。

【マネックス証券の特長】
▼お手頃な株式手数料!
初めての方でも経験者の方でも、少額からリーズナブルに投資できます。現物取引手数料はお手頃な最低100円~、信用取引手数料も格安の95円~取引できます。

また、新規口座開設で、申込日の翌月末までの日本株の現物株式買付手数料および投資信託買付時の申込手数料が全額キャッシュバックされます。

▼IPO(新規公開株)はすべての顧客に平等!
証券会社によっては、預かり資産の多い顧客や過去の申込回数によって当選確率を変えるケースなどがありますが、マネックス証券なら、申込みされたすべての顧客に平等に当選の可能性があります!また、IPOの取扱銘柄も豊富です。取扱いが多いということは、IPOに申込めるチャンスが多い=当選するチャンスも多いと言えます。

▼初心者から上級者まで様々なニーズを満たすアプリ・ツールが充実!
プロトレーダーに迫る投資環境で、マーケット情報やニュースをチェックしつつ、素早く注文できるトレーディングツールを各種無料で完備しています。

▼NISA(少額投資非課税制度)やiDeCoにも対応!
投資によって得た利益からは約20%の税金が引かれますが、iDeCoやNISAに加入すると、この税金がかからないようになります。さらにiDeCoには、投資する金額に応じて、所得税と住民税が軽減されるという優れた節税効果があります。

マネックス証券の公式サイトはこちら

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

2018-10-24

仮想通貨でも株式投資でも、相場は実に単純で、「上がるか、下がるか」それしかありません。本来、上か下かの確率は50%のはずです。ところが、私が10/22に買ったコロプラ(3668:東証1)株(1株725円×500株=約36万円)は、3連チャンで値を下げ続けています。残念ながら、買えば下がるという法則が現在的中しています。

数学、いや算数の確率の問題では、賽の目で、3回連続で奇数となる確率は、8分の1(12.5%)ですが、私の買ったコロプロの株は、その12.5%の非常に低い確率で下げ続けています。これは、確率論としては、珍しいことですが、これまで何年も長い下り坂になっているコロプロなので、さもありなんという状況になっています。

【ここ数年こんなに落ちているコロプラ(3668)の軌跡、ああ無惨!】

投資ブログ

一方、このブログのサブタイトルでもある「やまない雨はないが、私達は長雨の怖さを知っている…」は、投資格言の「やまない雨はない:下がり続ける相場はない」ことは知っていますが、私達は長雨(長く下がり続ける相場)の本当の怖さを知っています。コロプロ株が季節外れの梅雨の長雨にならぬことを期待します。

【10/22の戦績は(*_*) マイッタ-5,870円(手数料込み)】

投資ブログ

10/23の終値は、日経株が600円超安と大暴落した割には、15円安の前日比-2.08%の(*_*) マイッタ-13,370円の評価損を膨らんだものの、よく踏ん張った方です。10/23の東証クローズでは、705円まで下がりました。

【10/23の戦績は(*_*) マイッタ-11,370円(手数料込み)】

投資ブログ

10/23の夜には、当ブログにて、「ここらが、底値付近と思います。これ、10/22にも言いましたっけ?」って書きましたが、10/24の下落も、あくまで想定内の3連敗です。なんとなんと、700円を割れて、698円(前日比7円安)まで下値を切り下げてしまいましたが、想定内のこと、勝負はこれからです。

【10/24の戦績は(*_*) マイッタ-16,870円(手数料込み)】

投資ブログ

明日からは回復の道筋を示してくれることでしょう。今日もラリホー、ラリホー、「投資の儲けは我慢代、投資の儲けは我慢代、投資の儲けは我慢代」と3回呪文を唱えました!ただ、冷静に判断して、今回の戦いは、長丁場になることも想定しておきたいです。まあ、11月末迄には800円を超えるものと確信していますがねっ!

flairさて、マネックス証券なら、お手頃な手数料(現物100円~)で取引できます。

【マネックス証券の特長】
▼お手頃な株式手数料!
初めての方でも経験者の方でも、少額からリーズナブルに投資できます。現物取引手数料はお手頃な最低100円~、信用取引手数料も格安の95円~取引できます。

また、新規口座開設で、申込日の翌月末までの日本株の現物株式買付手数料および投資信託買付時の申込手数料が全額キャッシュバックされます。

▼IPO(新規公開株)はすべての顧客に平等!
証券会社によっては、預かり資産の多い顧客や過去の申込回数によって当選確率を変えるケースなどがありますが、マネックス証券なら、申込みされたすべての顧客に平等に当選の可能性があります!また、IPOの取扱銘柄も豊富です。取扱いが多いということは、IPOに申込めるチャンスが多い=当選するチャンスも多いと言えます。

▼初心者から上級者まで様々なニーズを満たすアプリ・ツールが充実!
プロトレーダーに迫る投資環境で、マーケット情報やニュースをチェックしつつ、素早く注文できるトレーディングツールを各種無料で完備しています。

▼NISA(少額投資非課税制度)やiDeCoにも対応!
投資によって得た利益からは約20%の税金が引かれますが、iDeCoやNISAに加入すると、この税金がかからないようになります。さらにiDeCoには、投資する金額に応じて、所得税と住民税が軽減されるという優れた節税効果があります。

マネックス証券の公式サイトはこちら

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

2018-10-23

最近の投資パターン、買えば下がる、売れば上がるは、仮想通貨のみならず、株式投資も然りですが、昨日、買ったコロプラ(3668:東証1)500株(1株725円:約36万円)は、昨日の終値が、(*_*) マイッタ-5,870円でした。

【昨日(10/22)の戦績は(*_*) マイッタ-5,870円(手数料込み)】

投資ブログ

今日の終値は、日経株が600円超安と大暴落した割には、15円安の前日比-2.08%の(*_*) マイッタ-13,370円の評価損を膨らんだものの、よく踏ん張った方です。今日の東証クローズでは、コロプラ(3668:東証1)の終値は705円まで下がりました。

【今日(10/23)の戦績は(*_*) マイッタ-11,370円(手数料込み)】

投資ブログ

ただ、ここらが、底値付近と思います。これ、昨日も言いましたっけ?明日からは回復の道筋を示してくれることでしょう。投資の儲けは我慢代という有名な投資格言があります。まだまだ、我慢してるうちに入りませんが、明日からのV字でなくてもいいですが、じわりじわりの上昇劇に期待します。

flairさて、マネックス証券なら、お手頃な手数料(現物100円~)で取引できます。

【マネックス証券の特長】
▼お手頃な株式手数料!
初めての方でも経験者の方でも、少額からリーズナブルに投資できます。現物取引手数料はお手頃な最低100円~、信用取引手数料も格安の95円~取引できます。

また、新規口座開設で、申込日の翌月末までの日本株の現物株式買付手数料および投資信託買付時の申込手数料が全額キャッシュバックされます。

▼IPO(新規公開株)はすべての顧客に平等!
証券会社によっては、預かり資産の多い顧客や過去の申込回数によって当選確率を変えるケースなどがありますが、マネックス証券なら、申込みされたすべての顧客に平等に当選の可能性があります!また、IPOの取扱銘柄も豊富です。取扱いが多いということは、IPOに申込めるチャンスが多い=当選するチャンスも多いと言えます。

▼初心者から上級者まで様々なニーズを満たすアプリ・ツールが充実!
プロトレーダーに迫る投資環境で、マーケット情報やニュースをチェックしつつ、素早く注文できるトレーディングツールを各種無料で完備しています。

▼NISA(少額投資非課税制度)やiDeCoにも対応!
投資によって得た利益からは約20%の税金が引かれますが、iDeCoやNISAに加入すると、この税金がかからないようになります。さらにiDeCoには、投資する金額に応じて、所得税と住民税が軽減されるという優れた節税効果があります。

マネックス証券の公式サイトはこちら

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

2018-10-22

最近、本当に仮想通貨が面白くありません。面白く無いどころか、時たま、腹立たしく思えてきます。リップルLiquid(リキッド)で買えます)を除き、ほぼ全ての仮想通貨が毎日、下値を更新しており、本当につまらないです。

そんな今日は、久々に株式投資を、コロプラ(3668:東証1)を500株(1株725円:約36万円)だけ買ってみました。(株)コロプラは、オンラインゲームの開発・運営を行う企業ですが、現在、業界最大手の任天堂から特許権侵害で訴訟されています。

勿論、そうした情報は既に株価には織り込まれており、これまで底なし沼の如く株価が低迷している会社です。そんな株を今日買いました。投資格言に落ちるナイフは掴むなという有名な格言がある一方で、人の行く裏に道あり花の山という投資格言もあります。ここらで大きく反転しそうな予感がします!

【ここ数年こんなに落ちているコロプラ(3668)のローソク足】

投資ブログ

コロプラ(3668:東証1)株を今日、725円で500株指値していましたが、後場終了前にきれいに刺さり、東証クローズは720円です。今日1日で-7.69%の60円下げと先週末の上げを一気にはき出しました。また、今日の東証1部値下がり率で4位になっています。

異常な下げですが、下がり続ける相場はありません。あまり関係ありませんが、コロプラは11月の上旬にも決算報告、株主総会が予定されており、今が底値付近と判断しています!

【今日の戦績は(*_*) マイッタ-5,870円(手数料込み)】

投資ブログ

さあ、明日からのコロプラ上昇を期待します!

flairさて、マネックス証券なら、お手頃な手数料(現物100円~)で取引できます。

【マネックス証券の特長】
▼お手頃な株式手数料!
初めての方でも経験者の方でも、少額からリーズナブルに投資できます。現物取引手数料はお手頃な最低100円~、信用取引手数料も格安の95円~取引できます。

また、新規口座開設で、申込日の翌月末までの日本株の現物株式買付手数料および投資信託買付時の申込手数料が全額キャッシュバックされます。

▼IPO(新規公開株)はすべての顧客に平等!
証券会社によっては、預かり資産の多い顧客や過去の申込回数によって当選確率を変えるケースなどがありますが、マネックス証券なら、申込みされたすべての顧客に平等に当選の可能性があります!また、IPOの取扱銘柄も豊富です。取扱いが多いということは、IPOに申込めるチャンスが多い=当選するチャンスも多いと言えます。

▼初心者から上級者まで様々なニーズを満たすアプリ・ツールが充実!
プロトレーダーに迫る投資環境で、マーケット情報やニュースをチェックしつつ、素早く注文できるトレーディングツールを各種無料で完備しています。

▼NISA(少額投資非課税制度)やiDeCoにも対応!
投資によって得た利益からは約20%の税金が引かれますが、iDeCoやNISAに加入すると、この税金がかからないようになります。さらにiDeCoには、投資する金額に応じて、所得税と住民税が軽減されるという優れた節税効果があります。

マネックス証券の公式サイトはこちら

SINの投資ブログ(仮想通貨・FX・株etc)のトップページはこちら!

2018-10-21

金融庁は2018年10月19日、仮想通貨に関する研究会を開き、法規制が整備されない中で仮想通貨交換業者が行っている証拠金取引について、今後は法改正などで規制していく方向で大筋合意しました。元手の何倍まで取引が可能かを示す「証拠金倍率」は2~4倍程度を目安に上限を設ける見通しです。

仮想通貨交換業者のうち、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)やビットフライヤーやビットバンクなど7社が証拠金取引のサービスを提供しています。しかし法的な規制の枠組みがなく、一部業者が証拠金倍率の上限を25倍とするなど顧客保護の観点で課題となっています。

というニュースですが、法定通貨FXの時も同じでした。いまから10数年前はレバレジ500倍超も当たり前でした。そこから、大負けし、FX市場からの撤退を余儀なくされた投資家達の一部が、破綻の原因はハイレバレッジにあると金融庁に訴えたことなどを背景に、年々レバレッジが下げられ、今の25倍まで落ち着きました。

通貨FXレバレッジ25倍では、ギャンブル性が低下し、短期売買を嗜好するデイトレーダーからは、旨みがなくなったということで、FX市場はかなりプレーヤーが減り、FX業者も淘汰されていきました。

今まさに、仮想通貨FXにも同じ波が押し寄せてきています。数字上は通貨FXと同じ25倍ですが、そもそものレバレッジが違うということを、金融庁がようやく気づいた?クレームが増えたことで、対応せざるを得なくなったというのが本音でしょうか?いずれにしても、そうなれば、また仮想通貨FXが面白くなくなり、FX離れに拍車がかかるでしょう。

ハイレバレッジは上手く使えば、少ない投資額で、余裕の証拠金維持率を確保できる武器になるのですが、最近はというか、昔から、フルレバレッジで証拠金の上限いっぱい使うギャンブルトレーダーが多いのでこういう事態になるのでしょう。まあ、来るときがきたなといった感想です。

tulipさて、日本居住者は、Liquid(リキッド)からのみQASHを購入できます。

足元、QASH(Liquid)トークンはレンジ相場に突入しています。ホルダーの一人として更なる高騰を期待しています。