2016年7月の記事

2016年7月16日 (土)

ビットコイン取引で相場変動を気にすることなく、究極のアービトラージ(裁定取引)で、確実に稼ぐ方法を公開します。この裏技感動のストーリーと思われることでしょう。どうぞ、知見を深めてください!

ビットコインは取引所間で提示価格が異なるため、アービトラージ稼ぐことが可能です。相場状況によりますが、1BTCで1万円以上の価格差がでるケースも少なくありません。ビットコインでするアービトラージは、この独立した2社間の価格差を狙って、稼ぐ仕組みのことです。

当然ながら、このアービトラージをするには、事前準備として最低2社以上で口座開設しておく必要があります。その内、最低1社は「信用売り」の取引ができる暗号資産取引所お薦めです。

ビットコイン相場は今後も乱高下する傾向にあり、アービトラージで収益を上げやすい投資環境になっていきます!

先ずは「一般的なアービトラージ」での稼ぐ方法について解説します。

取引所2社で、ビットコイン価格を見て、安い方の取引所でビットコイン買います。その安く買ったビットコイン高い方の取引所にビットコインを送金します。

暗号資産の取引所では、ビットコイン(BTC)の引出・預入は休日夜間でもタイムリーに僅かな手数料(1回数十円~数百円)で実現します。このタイムリーと表現した時間は、取引所によって異なります。

取引所口座に入った(安く買った)ビットコインを「日本円」に戻します。この時の交換差額が利益となります。最近の価格チェックでは、1BTCあたり1万円以上の価格差が出ているケースも少なくありません。

以上で「アービトラージ稼ぐ方法」の初級解説は完了ですが、非常に簡単そうに見えて危険性があります。このやり方では価格変動リスクを伴います。暗号資産取引所ではビットコインをタイムリーに送金することができますが、瞬間移動ではなく、送金手続きが早い取引所でも、通常は20分~30分かかります。取引所によって、またタイミングによっては1時間以上かかることも稀ではないでしょう。つまり、「送金手続き中に価格が動いてしまう」というリスクがあり、価格が逆転してしまった場合には、「日本円」に戻す際に差損が生じてしまいます。

flairさてここから、裏技ビットコインリスクなくアービトラージ稼ぐ方法」を解説します。

イメージし易いように、具体的に数字を当てはめて説明します!

たとえば、同時刻に
・取引所A社の提示価格:270,000円/BTC
・取引所B社の提示価格:280,000円/BTC
だったと仮定します。

通常(価格変動リスクあり)のアービトラージ取引は、A社で270,000円で1BTC購入して、B社に送金☞着金次第、ビットコイン市場で売却し、利益を確定するというものです。

ただ、B社に着金するまでに価格が下落してしまうと、損失が出る可能性があります。そこで、A社で1BTCを270,000円で購入すると同時に、B社で1BTCを280,000円で売建します。

その後、A社からB社ビットコイン送金し、B社着金したタイミングで、A社で購入した1BTCを売却し、B社売建した1BTCを買い戻します。

つまり、売り買いを相殺するイメージです。仮に、送金中ビットコイン価格が10,000円/BTC下落していた場合は、以下のようになります。

tulip取引所A社購入した1BTC:
A社で270,000円で購入B社で270,000円で売却利益0円

tulip取引所B社売建した1BTC:
B社で280,000円で売却B社で270,000円で買い戻し利益1万円

と価格変動しても1万円の利益になります(利益0円+利益1万円)!

仮に、送金中ビットコイン価格が10,000円/BTC上昇していた場合は、以下の様になります。

tulip取引所A社購入した1BTC:
A社で270,000円で購入B社で290,000円で売却利益2万円

tulip取引所B社売建した1BTC:
B社で280,000円で売却B社で290,000円で買い戻し損失1万円

と価格変動しても1万円の利益になります(利益2円+損失1万円)!

つまり、価格が安いところで購入・送金し、価格が高いところで売建をして、送金したビットコインが着金した時点で、着金したビットコイン売却、売建てポジションの解消(買い戻し)をすることで、価格変動リスク負うことなくアービトラージ取引で稼ぐことが可能です。

最後に、完璧を期すために、少々難解なことをご説明します。厳密にいえば、アービトラージで確実に稼ぐためには、「現物取引」と「信用取引」で「同じ板」を使っている取引所で取引することがベストです。何故ならば、「板情報」が違うと、リアルタイムで完全にシーソーの関係とならない時間帯がでてくる可能性があるからです。ただ、神経質になる必要はありません。

株式投資と暗号資産で稼ぐSINの投資ブログ トップページはこちら!