2019年5月30日 (木)

東証、どこまでも続く低迷相場!衝撃が走る令和元年!

令和になって1か月が過ぎようとしていますが、衝撃の走る1か月となりました。ご祝儀相場というものが死語であることが証明されたような相場展開で、すべてが後付け侯爵によって成り立っていたということが再確認されました。

今日は日経平均が60円安と、まだその程度で済んでよかったと思わなければなりませんが、まだまだトンネルから抜ける気配はみじんも感じ取れません。

そんな中、私が保有する銘柄は、2勝2敗とまずまずの貢献ぶりです。(6762)TDKで大きな含み損を抱えていますが、しばらくは投資の儲けは我慢料と言い聞かせ耐えたいと思います。相場の神様はいつかは現れるでしょう!

heart02現時点の保有銘柄と終値(15:00)の評価損益はこちら⏬

相場の神様

heart02株式投資全体の資産評価額と評価損益の推移(成績表)はこちら!

今日は上の画像の通り、2勝2敗でした。現在、エントリー中の(6981)村田製作所と(6762)TDK、(8601)大和証券グループ、(7595)アルゴグラフィックスの4銘柄は今後も一喜一憂の相場展開で長丁場になりそうです!

今後、新規銘柄を買う場合は、上がりそうな株を予想せず、あみだくじか、四季報で、偶然開いたページの銘柄を買うようにしたいと思います。その方が儲かるような気がします。何故なら、買えば下がる、売れば上がるの状態が続いているからです。そうした意味では、東証マザーズの個別銘柄を目を閉じて買えば面白いことになるかもしれません。

相場の世界が「人の行く裏に道あり花の山」であることを意識し、実際の取引では、ゾーンの境地で躊躇しない投資を心がけたいです。

flair新規公開株IPO投資では外せない証券会社とは!
flairIPO申込時の優位性とお勧めする理由とは!
flairIPO投資と株主優待のタダ取りとは!

株式投資と暗号資産で稼ぐSINの投資ブログ トップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34180544

東証、どこまでも続く低迷相場!衝撃が走る令和元年!を参照しているブログ:

コメント