2019年12月 3日 (火)

暗号資産/仮想通貨取引所のリキッドバイコインに最後にやられたか!

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

暗号資産/仮想通貨トークンのQASHで大損切して、これでもう暗号資産/仮想通貨取引所のリキッドバイコインとはおさらばかと思っていましたが、やはり一筋縄ではいきません。

昨晩、ご報告の通り、リキッドバイコインとは1日も早く縁切りをするため、すべての暗号資産/仮想通貨トークンをビットフライヤーに送金したのですが、ビットコインとイーサリアムは数十分以内で移管できなたのですが、リップルはからこれ24時間経過しますが、いまだにビットフライヤーの残高に反映されていません。

リキッドバイコインにはQASHで騙され、最後の送金では紛失したのでしょうか、どこに送金したのでしょうか。手切れ金と諦めるべきでしょうか。どうせ、リキッドバイコインのサポートセンターに聞いてもまともな回答がくるとは、今までの対応から考えてそれえは絶対にないと確信していますので、サポートには聞いていません。

読者の皆様、通常、リップルは送金から着金まで数日かかるのでしょうか。それなら安心しますが、やはり仮想通貨暗号資産です。いとも簡単に消えます。この前までは溶けそうだと言ってましたが、溶けるどころの騒ぎではありません。消えてなくなっています。会社としては、ビットフライヤーの方がまともだと思います。

ビットフライヤーの受け入れには問題ないと確信していますが、リキッドバイコインには疑念しかありません。残念です。このまま世界のどこかにハッキングされて蒸発したのでしょうか。リキッドバイコイン、最後までトラブル続きでした。

暗号資産/仮想通貨は細々と今後はビットフライヤーのみで管理したいと思います。ただし、この先もニューマネーを入れて取引する気にはなりません。暗号資産/仮想通貨は当面、推移を見守るだけです。仮想通貨には明日はないと思っています。予想は100%当たると思います。

flair株式投資の資産評価金額と評価損益の推移はこちら!

株式投資と暗号資産で稼ぐSINの投資ブログ トップページはこちら!

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/669657/34197198

暗号資産/仮想通貨取引所のリキッドバイコインに最後にやられたか!を参照しているブログ:

コメント

韓国の仮想通貨取引所アップビットが27日に、53億円分の仮想通貨流出を認める声明発表しました。
たぶん↑のせいで、自分も3日くらいからビットフライヤーから入出金を制限されてます。