2017年10月の33件の記事

ビットコインが再び70万円を突破しました。
仮想通貨ビットコインに対しては世界的に賛否両論がある中、確実に値を上げていっています。
まさに、果報は寝て待ての相場展開が長らく続いており、一部にバブルとの指摘もありますが、一見そのようにも思いますが、ここは一気呵成に上昇してもらいたいです。
一方、最近私は、ICOを研究しています。
今回、金融庁登録(関東財務局長第00002号)を受けた仮想通貨交換事業者としては、世界で初めてとなるQUOINEX(コインエクスチェンジ)の法令を遵守したイニシャルコインオファリング(ICO)の購入画面にやっと辿り着くことができました。
【QUOINEX(コインエクスチェンジ)の【QASH ICO】購入画面】 日本在住の方はQUOINEXに登録した上で、【QASH ICO】に参加することが可能になります。
11月6日スタート予定ですが、今のところ参戦予定です!QASHトークンセールは、2017年11月6日に開始され、セール期間は最短1週間、最長1ヶ月ですので、参加を検討の方は、今からの口座開設でもまだ間に合います! 世界初の法令遵守した仮想通貨ICOはこちら!まだ間に合います!法令遵守の仮想通貨ICOはこちら! さて、ビットコインFXの「GMOコイン」は、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社として頭角を現してきました!初めてのビットコインでも、GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインなら安心です。
GMOコインでは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコイン取引ができる環境を提供しています。
GMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは! ・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍!・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料!・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし! 追加入金に追われません(追証無し)!・FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示! 価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!・即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)! 現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。
勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています! GMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら!

ビットコインにはマイナスの情報とプラスの情報が、混然一体となり、市場価格に反映されていますが、週明け70万円を突破しました。
ついこの間、JP モルガンのCEO Jamie Dimon氏が「ビットコインは詐欺」と発言したかと思えば、今日は、大物投資家のウォーレンバフェット氏がビットコインは現在バブルにあるという意見を述べています。
そうした意見がある中で、ウォールストリートストラテジストのTom Lee氏は「ビットコインは5年間で25,000ドルになる可能性がある」と発言しており、PayPalの共同設立者Peter Thielは、「ビットコインには大きな可能性が残っている」意見を述べており、仮想通貨ビットコインについては見解が大きく二極化しています。
ただ、今後の動向を世界中が注目をしていることに間違いはなく、年内には100万円超えを期待します。
今回もまた、「果報は寝て待て」となりました! 一方、現在、私はICOについて深く勉強中ですが、これから色々知見を蓄えていきたいと思います。
ICO投資するなら、入り口で、まずは「詐欺でない」安心できるICO物件を選ばなくてはなりませんね。
QASH(キャッシュ)のICOは金融庁登録仮想通貨交換事業者のQUOINEX!世界初の法令遵守した仮想通貨ICOはこちら!まだ間に合います!法令遵守の仮想通貨ICOはこちら! さて、ビットコインFXの「GMOコイン」は、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社として頭角を現してきました!初めてのビットコインでも、GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインなら安心です。
GMOコインでは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコイン取引ができる環境を提供しています。
GMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは! ・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍!・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料!・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし! 追加入金に追われません(追証無し)!・FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示! 価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!・即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)! 現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。
勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています! GMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら!

日曜日午前のビットコイン相場は、超停滞の完全レンジ相場にて時間だけが経過している状況です。
「果報は寝て待て」となるよう、早く70万円を完全突破してもらいたいです。
一方、仮想通貨取引とは別に、足元ではリアル店舗でビットコイン決済できるお店が毎日のように増えています。
もう完全に仮想通貨ビットコインが市民権を得たように感じます。
あとは、法整備が更にしっかりしてくることが望まれます。
その手始めに先月、金融庁が仮想通貨交換事業者の登録制度を設け、運用を実施しており、利用者には安心材料となっています。
今後、ICOを含め、新たな投資手法の一つとしても仮想通貨が発展していくことを期待します。
ICOでは、今日からBitnationのプレセールが開始されました。
ICOは株式でいうIPOと似ていますが、まだまだ登場して歴史も新しく、中には詐欺物件もあるようで、利用者の知識アップが求められます。
現状は海外のICO物件が多いものの日本語訳も普及しており、敷居は低くなりつあるものの、その中身が判断し辛く、ICO投資に躊躇するのは至極当然のことと思います。
私もICOは深く勉強中ですが、これから色々知見を蓄えていきたいと思います。
ICO投資するなら、入り口で、まずは「詐欺でない」安心できるICO物件を選ばなくてはなりませんね。
世界初の法令遵守した仮想通貨ICOはこちら!まだ間に合います!法令遵守の仮想通貨ICOはこちら! さて、ビットコインFXの「GMOコイン」は、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社として頭角を現してきました!初めてのビットコインでも、GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインなら安心です。
GMOコインでは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコイン取引ができる環境を提供しています。
GMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは! ・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍!・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料!・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし! 追加入金に追われません(追証無し)!・FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示! 価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!・即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)! 現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。
勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています! GMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら!

金融庁が仮想通貨を使った資金調達【ICO(イニシャル・コイン・オファリング)】について、利用者及び事業者に対して注意喚起を発表しました(言われるまでもなく、ICOに元本保証はなく、最悪、投資した資金が溶けることも承知のうえでICOに参加する必要があります)。
この金融庁のICO(イニシャル・コイン・オファリング)についての注意喚起は、その認知についても然りですが、金融庁が利用者に対して注意喚起し、あくまで自己責任にてICOの利用を容認しており、事業者に対しては、法令遵守のICOは金融庁がお墨付きを与えた格好となっています。
今後、ICOに参加するユーザーが増えてきそうです。
今後の仮想通貨市場に於けるICO(イニシャル・コイン・オファリング)が法整備の高まりによって、健全に且つ、発展的に拡大していくことを一利用者として切に希望します。
世界初の法令遵守した仮想通貨ICOはこちら!まだ間に合います!法令遵守の仮想通貨ICOはこちら! ご参考までに、以下、金融庁からの注意喚起を原文の一部(利用者に対しての注意喚起)をそのまま転載しますので、利用者の皆様は一読し、ICOのリスク把握にお役立てください。
ICO(Initial Coin Offering)について~利用者及び事業者に対する注意喚起~ 29.10.27 金融庁 1.ICOとは○ 一般に、ICOとは、企業等が電子的にトークン(証票)を発行して、公衆から資金調達を行う行為の総称です。
トークンセールと呼ばれることもあります。
2.利用者の方へ(ICOのリスクについて)○ ICOで発行されるトークンを購入することには、次のような高いリスクがあります。
価格下落の可能性トークンは、価格が急落したり、突然無価値になってしまう可能性があります。
詐欺の可能性一般に、ICOでは、ホワイトペーパー(注)が作成されます。
しかし、ホワイトペーパーに掲げたプロジェクトが実施されなかったり、約束されていた商品やサービスが実際には提供されないリスクがあります。
また、ICOに便乗した詐欺の事例も報道されています。
(注)ICOにより調達した資金の使い道(実施するプロジェクトの内容等)やトークンの販売方法などをまとめた文書をいいます。
○ トークンを購入するに当たっては、このようなリスクがあることや、プロジェクトの内容などをしっかり理解した上で、自己責任で取引を行う必要があります。
以上、ここまでが転載部分となります。
勿論、事業者側のハードル(法令遵守であることやICO実現に向けたホワイトペーパーの内容など)が高いことは言うまでもありません。
世界初の法令遵守した仮想通貨ICOはこちら!まだ間に合います!法令遵守の仮想通貨ICOはこちら! さて、ビットコインFXの「GMOコイン」は、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社として頭角を現してきました!初めてのビットコインでも、GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインなら安心です。
GMOコインでは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコイン取引ができる環境を提供しています。
GMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは! ・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍!・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料!・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし! 追加入金に追われません(追証無し)!・FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示! 価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!・即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)! 現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。
勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています! GMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら!

仮想通貨ビットコイン相場は、10月20日に一時70万円を突破したものの、その後は65万円水準で一進一退の攻防が続いています。
ただ、これまで激しく乱高下していたビットコイン相場からすると直近の値動きは底堅く推移しており、ビットコインの現物ユーザーはホールドしていても精神的な苦痛は少なく、「果報は寝て待て」の心理状態かと思います。
私もビットコインの現物をキープしていますが、今のところ楽観視しています。
個人的には、ビットコイン資産の一部を、近いうちに、タイミングを見てイーサリアムに変換して、「世界初の法令遵守したQASH(キャッシュ)の仮想通貨ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」に参戦する予定です。
世界初の法令遵守した仮想通貨ICOはこちら!まだ間に合います!法令遵守の仮想通貨ICOはこちら! 一方、足元のビットコインFX取引では、相場に一方向のトレンドが発生していないため、短期的にはレンジ戦略で、上がればショートで入り、下がればロングで入る戦術が有効ですが、一度、レンジがブレークアウトすると50%の確率で損失が拡大する可能性があり、レンジ相場でのトレードは利幅も損失幅も管理(限定)したうえでのトレードが重要です。
さて、ビットコインFXの「GMOコイン」は、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社として頭角を現してきました!初めてのビットコインでも、GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインなら安心です。
GMOコインでは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコイン取引ができる環境を提供しています。
GMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは! ・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍!・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料!・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし! 追加入金に追われません(追証無し)!・FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示! 価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!・即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)! 現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。
勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています! GMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら!

仮想通貨FXでお馴染みのGMOコインでは、2017年10月25日よりライトコインの購入・売却機能を提供開始しました。
また、これに合わせて、GMOコインでは、取扱を開始するライトコインを含むアルトコイン3通貨(ライトコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ)のスプレッドが大幅縮小となるキャンペーンを実施しています。
ライトコイン 通常300円 → 期間限定100円イーサリアム 通常2,000円 → 期間限定1,000円ビットコインキャッシュ 通常3,000円 → 期間限定1,500円 キャンペーン期間: 2017年11月29日(水)15:00迄 更に、GMOコインではお得なキャンペーンも実施中です! ■期間限定最大10,000円キャシュバックキャンペーンキャンペーン期間内に口座開設された方を対象に、お申込の翌々月末最終営業日のニューヨーククローズまでの仮想通貨FX取引数量に応じてキャッシュバックされます。
キャンペーン期間:お申込の対象期間:2017年8月9日~2017年9月29日 ■もれなく20,000Satoshiプレゼントキャンペーンキャンペーン期間内に口座開設をされた方全員に、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼントしています。
キャンペーン期間:2017年8月9日~終了日未定 さて、ビットコインFXの「GMOコイン」は、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社として頭角を現してきました!初めてのビットコインでも、GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインなら安心です。
GMOコインでは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコイン取引ができる環境を提供しています。
GMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは! ・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍!・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料!・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし! 追加入金に追われません(追証無し)!・FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示! 価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!・即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)! 現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。
勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています! GMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら!

2017年11月6日より開始されるLIQUID(リキッド)プロジェクトで発行されるトークンのQASH(キャッシュ)は、今話題のICO(イニシャル・コイン・オファリング)ですが、世界最大級の仮想通貨取引所【QUOINEX(コインエクスチェンジ):関東財務局長第00002号】が、世界初の「金融庁登録仮想通貨交換事業者による法令遵守したイニシャルコインオファリング(ICO)」を実施すると表明しており、仮想通貨市場で大変話題となっています。
ICO完了時点で 仮想通貨QASH(キャッシュ)をBitfinex(ビットフィネックス:世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所)に上場させ、「LIQUID」の開発を支援する予定であり、QASH(キャッシュ)はQUOINEXでしか買えません。
QASH(キャッシュ)のICO(イニシャル・コイン・オファリング)と先般のCOMSA(コムサ)との大きな違いは、ICO前から既に上場が約束されているという点にあり、仮想通貨市場で世界的に注目を集めています。
安全なトークン購入を確約する為に、日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QASH(キャッシュ)のICOに参加する方法(購入方法) 1.QUOINEXアカウントを開設2.イーサリアム(ETH)を準備(ビットコインや日本円でもOK)3.QASH(キャッシュ)を購入(1 QASH = 0.001 ETH)4.ICO終了後は複数の取引所に上場5.上場後はQUOINEX取引所で売買可能 このような流れ(1~5)になります。
私は、今回のQASH ICO(キャッシュICO)は、ビットコインを保有しているので、ビットコイン(BTC)をイーサリアム(ETH)に変換してから購入する予定です。
QUOINE LIQUIDプラットフォームとは・・・ ー仮想通貨市場に流動性を供給する新世代の金融サービスー世界最大級の仮想通貨取引所である QUOINEX と QRYPTOS. を運営するQUOINEは、トレーダー、トークン発行者、マイニング会社、マーケットメイカー等、仮想通貨エコシステムに関わる全ての人々のために、グローバルで流動性を提供するプラットフォーム「LIQUID」を提供します。
QASH ICOは、金融庁登録を受けた仮想通貨取引事業者による、世界で初めて法令に遵守したイニシャルコインオファリング(ICO)となります。
1 QASH = 0.001 ETH トークンセールでのオファー数量 500,000,000 QASH (最低購入数量 500 QASH = 0.5 ETH) QUOINEXでのETHJPY価格は34,500円(2017年10月20日時点)。
QASHトークンセールは、2017年11月6日に開始され、セール期間は最短1週間、最長1ヶ月となります(変更:トークンセールは11/9(木)00:59で終了しました)。
QUOINEは2014年の創業以来、グローバルの仮想通貨業界を牽引するフィンテックスタートアップとして成長を続けてきました。
これまでのQUOINEの仮想通貨業界での実績、堅牢なセキュリティ対策、充実した内部管理体制等が評価され、2017年9月29日に、日本の名だたる金融事業者と同時に金融庁から仮想通貨交換事業者としての第一号登録を受けています。
安全なトークン購入を確約する為に、日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QASH(キャッシュ)はQUOINEXでしか買えません。
仮想通貨業界は日々進歩しており、仮想通貨全体の時価総額は19兆円を超える規模にまで成長しています(2017年10月20日時点)。
仮想通貨こそが金融の未来を切り開き、金融サービスの本流になるものと思われます。
今後、より大きな流動性を仮想通貨業界に供給するため、今回、QUOINEXでは、ICO(イニシャルコインオファリング)の実施を決定したようです。

「株の儲けは我慢料」とはよく聞きますが、株価以上に乱高下する「仮想通貨ビットコインの儲けは我慢料どころではない」のかもしれません。
ただ、中長期的にチャートを見ると乱高下はするも上場を続けており、我慢すれば相場が上がるという構図は今尚続いています。
私も複数の仮想通貨取引所でビットコインの現物を保有しており、果報は寝て待ての心理状態です。
10月中旬には一時最高値となる70万円超えもありましたが、足元は62万円台まで少し値を冷やしています。
10月初めに米金融大手のゴールドマン・サックスのCEOがビットコイン関連事業への参入を検討するなど市場は急速に拡大しているほか、昨日、8月に続いて分裂し、新たな仮想通貨「ビットコインゴールド(BTG):11月1日から市場に流通する見通し」を創設するための作業に入っており、今後、100万円超えを果たすとの見方もある一方で、相場の急落を警戒する向きも根強く、市場では、さまざまな思惑がうごめいています。
仮想通貨は決済や送金にかかる利用者のコスト負担が低く、今後も普及していくことは間違いないでしょう。
しかし、取引の匿名性が高いことから資金洗浄(マネーロンダリング)や脱税などの犯罪の温床となりやすい面もあり、金融庁は、9月に仮想通貨の交換・販売を手がける「仮想通貨交換業者」を登録制にするなど規制を整え始めています。
8月の分裂では新通貨「ビットコインキャッシュ(BCC)」が生まれ、ビットコイン(BTC)の保有者には同数のビットコインキャッシュ(BCC/BCH)が付与されました。
ビットコインゴールド(BTG)でも期待したいです。
さて、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社としてビットコインFXの「GMOコイン」が頭角を現してきました!初めてのビットコインでも、GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインなら安心です。
GMOコインでは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコイン取引ができる環境を提供しています。
GMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは! ・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍!・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料!・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし! 追加入金に追われません(追証無し)!・FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示! 価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!・即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)! 現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。
勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています! GMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら!

ビットコインなど仮想通貨取引の特徴は「価格変動」と「土日取引」ですが、現在、取引増加中の仮想通貨FXはGMOコインのビットコインFXです。
GMOコインは、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社としても注目を集めています! ビットコインは上昇基調ながらも急激な価格変動あり!GMOコイン 2017年5月以降、ビットコインの売買価格は大きく高騰、下落を繰り返しています。
4月1日時点で12万円台だった価格は、5月25日には30万円を突破。
およそ2ヶ月弱で、250%の価格にまで高騰しました。
その後、8月初旬までの2ヶ月半、20万円台前半~30万円台前半にかけての価格帯で激しい価格変動を繰り返した後、8月5日には36万円台まで高騰、同月14日には47万円台に達し、ボラティリティを重視する個人投資家にとって魅力的な投資対象となっています。
そして、2017年10月22日には70万円を超えるなど上昇基調を続けながら、相場は乱高下を繰り広げています。
ビットコイン取引は24時間365日、土日も取引可能!GMOコイン ビットコインは原則として24時間365日、トレードが行われています。
つまり、FX(外国為替証拠金取引)のトレードが行われない土日であっても、ビットコインはトレード可能ということです。
そのため、「ビットコインの投資に興味はあるが、あくまでもFXトレードをメインに行いたい」あるいは「FXとビットコインとを同時にトレードするのは難しそう」と考える投資家であっても、「平日はFX、週末はビットコイン」というスタイルで、FXとビットコインの両方についてトレードを行うことが可能です。
高機能アプリでトレードできる!GMOコイン ビットコインのトレードでもFX(外国為替証拠金取引)と同様、チャートやテクニカル、特殊注文が充実したスマホアプリが提供されています。
GMOコインの提供するスマホアプリ『ビットレ君』では、Tickやローソク足はもちろん、ボリンジャーバンド、MACDなどの主要な指標を含む、全9種類の指標を利用できます。
また、注文方法についても高機能となっており、成行注文、指値/逆指値注文はもちろん、OCOやIFD、IFD-OCOといった特殊注文にも対応しているため、各投資家のスタイルに合わせてトレードを行うことが可能なツールとなっています。
口座申込は最短5分!GMOコイン GMOコインの仮想通貨FXでは、2017年12月8日より最低スプレッドが500円となります。
GMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは! ・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍!・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料!・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし! 追加入金に追われません(追証無し)!・FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示! 価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!・即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)! 現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。
勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています! GMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら!

世界最大級の仮想通貨取引所【QUOINEX(コインエクスチェンジ)】は、世界初の「金融庁登録仮想通貨交換事業者による法令遵守したイニシャルコインオファリング(ICO)」を実施すると発表しました! QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、金融庁登録(関東財務局長第00002号)を受けた仮想通貨交換事業者として、世界で初めて法令を遵守した形で、イニシャルコインオファリング(ICO)を日本およびグローバルで実施します。
日本在住の方はQUOINEXに登録した上で、【QASH ICO】に参加することが可能になります。
なお、QASH(キャッシュ)は、資金決済法上の第1号仮想通貨に該当することから、ビットコインやイーサリアムだけでなく、日本円でも購入することが可能です。
安全なトークン購入を確約する為に、日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QUOINE LIQUIDプラットフォームとは・・・ ー仮想通貨市場に流動性を供給する新世代の金融サービスー 世界最大級の仮想通貨取引所である QUOINEX と QRYPTOS. を運営するQUOINEは、トレーダー、トークン発行者、マイニング会社、マーケットメイカー等、仮想通貨エコシステムに関わる全ての人々のために、グローバルで流動性を提供するプラットフォーム「LIQUID」を提供します。
QASH ICOは、金融庁登録を受けた仮想通貨取引事業者による、世界で初めて法令に遵守したイニシャルコインオファリング(ICO)となります。
1 QASH = 0.001 ETH トークンセールでのオファー数量 500,000,000 QASH (最低購入数量 500 QASH = 0.5 ETH) QUOINEXでのETHJPY価格は34,500円(2017年10月20日時点)。
QASHトークンセールは、2017年11月6日に開始され、セール期間は最短1週間、最長1ヶ月となります(変更:トークンセールは11/9(木)00:59で終了しました)。
QUOINEは2014年の創業以来、グローバルの仮想通貨業界を牽引するフィンテックスタートアップとして成長を続けてきました。
これまでのQUOINEの仮想通貨業界での実績、堅牢なセキュリティ対策、充実した内部管理体制等が評価され、2017年9月29日に、日本の名だたる金融事業者と同時に金融庁から仮想通貨交換事業者としての第一号登録を受けています。
安全なトークン購入を確約する為に、日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
仮想通貨業界は日々進歩しており、仮想通貨全体の時価総額は19兆円を超える規模にまで成長しています(2017年10月20日時点)。
仮想通貨こそが金融の未来を切り開き、金融サービスの本流になるものと思われます。
今後、より大きな流動性を仮想通貨業界に供給するため、今回、QUOINEXでは、ICO(イニシャルコインオファリング)の実施を決定したようです。