2017年12月の34件の記事

仮想通貨元年と言われた2017年は、ビットコインの大幅な調整局面で幕を閉じようとしています。
11月下旬には100万円もいっていなかった相場が、12月に突如200万円を突破まで暴騰したことで、この今の160万円前後の水準は下落局面と感じるが、今年1年での推移をみれば、恐るべしビットコインの急進撃といえます。
我々は、上がり続ける相場も下がり続ける相場もないことを知っています。
楽観視はしていないものの、今の調整局面が終われば、再び、再上昇するものと2018年に期待したいと思います。
投資格言で、2018年は戌笑いと呼ばれており、日経平均で過去一度も前年を割ったことがないことからそう呼ばれているようで、2018年の仮想通貨でも期待したいです。
2018年は仮想通貨飛躍の年になることを切に望みます。
【チャート:2017.12.31 GMOコイン:ビットレ君スマホアプリ】ビットコインFXなら下落相場でも収益チャンスあり! ここ数年のビットコインの相場動向を年次で確認しておきましょう。
ビットコインは12月の大暴落で、瞬間的には一時、約100万円もの乱高下をみせました。
まさに体が痺れる状況と言っても過言ではないでしょう。
12/3の最高値1BTC=約220万円→12/22の最安値1BTC=約120万円と激しい大暴落となりました。
過去を振り返れば、2015年の前半は1BTC=約2万円で推移しており、2016年の年末でも1BTC=10万円程度でした。
その後、2017年に入り、国内最大手の仮想通貨取引所ビットフライヤーが、2017年は仮想通貨元年と位置付け仮想通貨の将来性を広くPRしていましたが、まさにその通りの展開となりました。
2017年は、投資格言で、「申酉騒ぐ」と言われていましたが、まさに、ビットコインが投資格言通り世間を騒がしました。
2018年は「戌笑い」の年であり、投資格言通りにに、更なる上昇を期待します。
2017年11月には、多くの市場関係者の予想通り、史上初の1BTC=100万円を突破しましたが、ここからの動きが速過ぎました。
想定外の史上初の1BTC=200万円を突破し、最高値は1BTC=約220万円をマークしました。
結果はともあれ、2015年初から2017年12/3にかけて、ビットコイン価格は一時100倍超に達しました。
100万円投資していた投資家なら、2年足らずで、「億り人」になりました。
この1BTC=200万円突破の背景には、米国で12/10のシカゴ・オプション取引所と、12/18のCME先物取引所でのビットコイン先物取引開始による期待感が大いにあったと言えます。
そして、2017年12月の下旬、ようやくビットコインは、熱狂的な加熱感から覚め、市場が落ち着きを見せ始めています。
2018年も、ビットコインを核に仮想通貨全般が、健全に発展していくことを期待します。
また、2018年は、ICO元年として、安全なICOによる新たな投資手法が広く確立されていくことを、仮想通貨ファンの一人として、切に願います。
ICO案件では、12/4にICO上場したCOMSA(コムサトークン)は、Zaif(ザイフ)取引所に公開されています。
上場初日の数時間は、ICOのプレセール価格を割り込んだものの、その後は徐々に回復し、12/13~14にかけて、COMSAトークン(CMS:ETH/JPY)の価格が急騰しました。
一日で約4倍(100円台→400円台)の上昇劇となり、12/21時点では、COMSAは430円前後で取引されていましたが、12/22は200円台まで急落する場面がありましたが、その後は再上昇し、今再び、下落中で、買い場を模索する相場展開になっています。
【仮想通貨取引所Zaif(ザイフ):CMS:ETH/JPY】 日本居住者は、Zaif(ザイフ)アカウントからのみCOMSAトークンを購入できます。
COMSA(コムサ)とは、Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロが提供するICOプラットフォームサービスのことで、COMSAトークンはそのプラットフォーム上で使用される仮想通貨です。
さて、簡単に仮想通貨取引を始めたいなら、魅力満載のZaif(ザイフ:近畿財務局長 第00002号)がお薦めです。
取扱通貨は、BTC・XEM・MONA・BCHなどの仮想通貨の他に、zaif(ザイフ)トークンなどCounterparty(カウンターパーティー)トークンなど豊富にあります。
また、Zaifでは、現物取引の他、信用取引やビットコインFX、コイン積立もあります。
まず、Zaif(ザイフ)の信用取引は、レバレッジが最大7.77倍です。
レバレッジが7.77倍の場合、証拠金13万円を元手に100万円相当までの取引が可能です。
レバレッジを利用し、資金効率を高めた投資を行うことができます。
現物取引と信用取引の比較 「売り」から始められる。
現物取引は、市場価格が安いときに買い、価格が上がれば売却し利益を得ます。
一方信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められますので、 市場価格が高いときに保有していない仮想通貨を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得る方法もあります。
気になる追証は不要です(口座残高以上のリスクは発生しません)! Zaifの信用取引では、証拠金の追加担保請求(いわゆる追証)を行いませんので、口座残高に預けている(JPY BTC XEM MONA)以上の負担をすることはありません。
相場の急変等で決済時に預り金以上の損失が発生する可能性があるときも、追証のないサービスを提供しているので、口座残高の範囲内で安心して取引できます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
また、信用取引のみならず、Zaif(ザイフ)には、ビットコインFXのAirFXというサービスも展開しています。
ZaifのAirFXとは? 現物取引に近い価格感で取引できるAirFXです。
追証ガードイメージEPSにより追証が不要で証拠金以上のマイナスを防止しています。
ビットコインAirFXは、実際には現物取引ではありませんが、あたかも現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられました。
1.AirFXには期限と期限到来による決済がありません。
(無期限)2.先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。
【ZaifのBTC/JPYチャート】 AirFX取引のレバレッジは最大25倍です。
AirFX取引ではレバレッジを最大25倍まで設定することが可能となり、これまでよりもさらに資金効率を高めた投資を行うことができます。
しかし、当然その分シビアな価格変動でロスカットにかかるリスクも高まります。
特にスプレッドが大きい場合や、相場が乱高下している際に、高いレバレッジで取引されると非常に短時間で大きな利益を期待できる反面、すぐにロスカットされ思わぬ損失を被る危険がありますので、取引の際は資金管理がに十分ご注意ください。
レバレッジ25倍の場合:約定金額は、1BTC=1,800,000円とすれば、取引数量が0.1BTCなら証拠金率4%なので必要証拠金は7,200円でOK! 必要証拠金は市場取引の状況により変動し、注文量とレバレッジに応じた金額が必要となります。
また、注文時に日本円残高が不足しておりBTC、XEM、MONAの残高が充分ある場合、レートに応じて自動的にBTC、XEM、MONAを証拠金として充当されます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
更に、Zaif(ザイフ)では、低リスクでビットコインを増やす方法として『Zaifコイン積立』のサービスも提供しています。
Zaifのコイン積立とは...「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」、「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。
Zaifコイン積立では、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としで、希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落としし、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。
この買付は、ドル・コスト平均法で暗号通貨を買っていきます。
そのメリットとは! Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することにより、しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。
ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。
積立金額は毎月最低1,000円からです。
現在、Zaifでは総額1億円キャンペーンを実施中で出来高が増えるほど、投資家の報酬額が増えるキャンペーンを毎日開催しています! 報酬総額は1億円です!集計は毎日行い、その日取引高が多かった人上位50名に報酬を支払います。
毎日の報酬額は、その日の取引所の総出来高に比例してアップします!各通貨ペア毎に出来高を計算し、出来高に応じてその日の報酬額を決定します。
本キャンペーンは総報酬金額が1億円に達し次第終了予定です。
上位者から高い割合で配当金を獲得します!ランクイン50名の内、上位者から高い割合で報酬を獲得出来ます。
また、報酬額は割合で決定するため、全体の出来高が上がればランクイン50名全員の報酬金額がアップします。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
勿論、高機能のスマホ取引ツールも完備しています。
Zaifの公式アプリ「Zaif」の特長は…•ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。
•ビットコインとトークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。
•HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、安心して利用することができます。

国内最多13種類の仮想通貨を取り扱うCoincheck(コインチェック)では、全ての仮想通貨で『貸仮想通貨サービス』の提供を開始しています。
Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービスとは? Coincheck(コインチェック)では「貸仮想通貨サービス」を提供しています。
ビットコインを始めCoincheckで取り扱う仮想通貨全てが対象で、最短14日間からCoincheckに貸し出すことが可能です。
最大年率5%の利用料を得ることが可能です(2017.06.20時点)。
貴方が保有する仮想通貨をCoincheck(コインチェック)に一定期間貸し出すことで、14日間:年率1% 30日間:年率2% 90日間:年率3% 365日間:年率5%の利用料を得ることができます。
ビットコイン・10BTCを年利3%で90日間貸出した場合[10BTC] × [0.03] × [90日間] ÷ 365 = 0.0739726BTCが利用料として支払われます。
全ての仮想通貨に対応しています。
ビットコインのみならず、イーサリアム、リップル、モネロ、ファクトム、オーガ等の仮想通貨でも貸付ができます。
当サービスのご利用には、新たに「貸仮想通貨サービス」にお申込みいただく必要がありますが、Coincheckの口座を持っている方なら、面倒な手続きをせずに申込むだけですぐに使えます。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所はcoincheck(コインチェック)です。
さて、ビットコインの配信レート(価格提示)は取引所によって異なります。
これを利用して、ビットコイン市場では、取引所間の価格差を狙ったアービトラージで「価格変動リスク無く、価格の上げ下げに関係なく稼ぐことのできる」特殊な市場でもあります。
ビットコインFX始めるなら仮想通貨取引所-比較!裏技!ビットコインでリスクなく稼ぐアービトラージ!これは自慢できる!?ワイレックスのビットコイン・デビットカードとは!

ビットコイン取引で相場変動を気にすることなく、究極のアービトラージ(裁定取引)で、ほぼ確実に稼ぐ方法を一挙公開します。
この裏技的手法は、通常は有料記事として限定公開されていますが、当ブログで無料公開します。
この手法は感動のストーリーです。
どうぞ、お読みください! お読みいただく前に「ポチッ」とブログの応援クリックをお願いします! ビットコインは取引所間で提示価格が異なるため、アービトラージで稼ぐことが可能です。
相場状況によりますが、1BTCで1万円以上の価格差がでるケースも少なくありません。
ビットコインでするアービトラージは、この独立した2社間の価格差を狙って、稼ぐ仕組みのことです。
先ず、アービトラージをするには、事前準備として最低2社以上で口座開設しておく必要があります。
お薦めの仮想通貨取引所は国内最大級の「bitFlyer(ビットフライヤー)」と「coincheck(コインチェック)」です。
【仮想通貨取引所:bitFlyer(ビットフライヤー)】 bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインFX(Lightning FX)は、日本円のみならずビットコインも証拠金に預入れできるようになりました!これで銀行口座から態々入金しなくても、手持ちのビットコインだけでLightning FXができます。
bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント開設はメールアドレスだけ!たくさん使いたい方は、個人情報を登録して使える機能を増やしましょう ↑ビットコイン相場は今後も乱高下する傾向にあり、アービトラージで収益を上げやすい投資環境になっていきます! 【仮想通貨取引所:coincheck(コインチェック)】 コインチェック(coincheck)では13種類の仮想通貨取引が可能です。
そして今なら、取引所手数料が完全無料です!キャンペーン期間:2017年2月1日〜無期限(終了の際は2週間前に告知)この機会に是非お試しください!口座開設は簡単です。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所はcoincheck(コインチェック)です。
少々理解し難いかもしれませんが、厳密にいえば、アービトラージで賢く稼ぐには、coincheck(コインチェック)の様に「現物取引」と「証拠金取引(レバレッジ取引)」で「同じ板」を使う取引所で取引をするのがベストです。
「板」が違う場合はリアルタイムで完全にシーソーの関係にならない時間帯がでてくる可能性があるからです(ただ、神経質になる必要はありません)。
さて、先ずは、無料ブログに掲載されていることが多い「一般的なアービトラージ」での稼ぐ方法について解説します。
①:2社で夫々のビットコイン価格を見て、安い方の取引所でビットコインを買います。
②:その安く買ったビットコインを高い方の取引所にビットコインを送金します。
仮想通貨の取引所では、ビットコイン(BTC)の引出・預入は休日夜間でもタイムリーに僅かな手数料(1回数円~数十円)で実現します。
このタイムリーと表現した時間は、取引所によって異なりますが、たとえば、bitFlyer(ビットフライヤー)では、出金指示後、即座に出金(送金)処理が実行され、通常は10分~30分で送金が完了します。
③:取引所口座に入った(①で安く買った)ビットコインを「日本円」に戻します。
この時の交換差額が利益となります。
最近の価格チェックでは、1BTCあたり1万円以上の価格差が出ているケースも少なくありません。
この①~③で「アービトラージで稼ぐ方法」の初級解説は完了ですが、非常に簡単そうに見えて危険性があります。
このやり方では価格変動リスクを伴います。
仮想通貨取引所ではビットコインをタイムリーに送金することができますが、瞬間移動ではなく、送金手続きが早い取引所でも、通常は10分~30分かかります。
取引所によって、またタイミングによっては1時間以上かかることも稀ではないでしょう。
つまり、「送金手続き中に価格が動いてしまう」というリスクがあり、価格が逆転してしまった場合には、「日本円」に戻す際に差損が生じてしまいます。
さてここから、掲題の通り、「超裏技!ビットコインで本当にリスクなくアービトラージで稼ぎたい方にお勧めの攻略法!」を、余すことなく公開します。
heart02イメージし易いよう仮説を立てて分かりやすく解説します 同時刻に・bitFlyer(ビットフライヤー)の価格:1,700,000円/BTC・coincheck(コインチェック)の価格:1,800,000円/BTCだったと仮定します。
通常(価格変動リスクあり)のアービトラージ取引は、ビットフライヤーで170,000円で0.1BTC購入して、コインチェックに送金着金次第、ビットコイン市場で売却し、利益を確定するというものです。
ただ、コインチェックに着金するまでに価格が下落してしまうと、損失が出る可能性があります。
そこで、ビットフライヤーで0.1BTCを170,000円で購入すると同時に、コインチェックで0.1BTCを180,000円で売建します。
・・・① その後、ビットフライヤーからコインチェックにビットコインを送金し、コインチェックに着金したタイミングで、①のビットフライヤーで購入した0.1BTCを売却し(A)、コインチェックで売建した0.1BTCを買い戻します(B)。
・・・② (A)と(B)は売り買いを相殺するイメージです。
仮に、送金中にビットコイン価格が100,000円/BTC下落していた場合は、以下の様になります。
ビットフライヤーで購入した0.1BTC:ビットフライヤーで170,000円で購入⇒コインチェックで170,000円で売却⇒利益0円 コインチェックで売建した0.1BTC:コインチェックで180,000円で売却⇒コインチェックで170,000円で買い戻し⇒利益1万円 と価格変動しても1万円の利益になります(利益0円+利益1万円)。
仮に、送金中にビットコイン価格が100,000円/BTC上昇していた場合は、以下の様になります。
ビットフライヤーで購入した0.1BTC:ビットフライヤーで170,000円で購入⇒コインチェックで190,000円で売却⇒利益2万円 コインチェックで売建した0.1BTC:コインチェックで180,000円で売却⇒コインチェックで190,000円で買い戻し⇒損失1万円 と価格変動しても1万円の利益になります(利益2円+損失1万円)。
つまり、価格が安いところで購入・送金し、価格が高いところで売建をして、送金したビットコインが着金した時点で、着金したビットコインの売却、売建てポジションの解消(買い戻し)をすることで、価格変動リスクを負うことなくアービトラージ取引でリスクなく稼ぐことが可能です。
ビットコインFXでの稼ぎ方とは根本的に違うため少し分かりにくいかもしれませんが、概念さえ理解できれば簡単なことです!裏技・アービトラージの攻略法が、読者の皆様のお役に立てば幸いです。

2017年は、仮想通貨元年と言われただけのことはあります。
仮想通貨市場は良くも悪くも大いに乱高下した1年となりました。
また、ICOといった仮想通貨トークンを利用した新たな投資手法も広く認知された1年となりました。
仮想通貨のチャンピョンであるビットコインは、この1年で約15倍に高騰しましが、こんなものは序の口で、日本市場でもお馴染みの仮想通貨NEOは600倍超、NEMは250倍超、リップルは150倍超、イーサリアムは100倍超と僅か1年で異常な高騰ぶりをみせています。
更に、海外に目を向けると、この1年で約8,000倍に高騰した仮想通貨もあり、私が、2017年の仮想通貨元年に買った仮想通貨は、2018年末には爆上げしてくれることを期待します。
2017年の11月にICO上場したばかりのQASHやCOMSA(コムサトークン)のCMSが100倍超に跳ね上がることを期待します。
そして、2018年末には、「仮想通貨は買ったら死ぬまで離すな」といった新たな投資格言が生まれることを願います。
さて、12/4にICO上場したCOMSA(コムサトークン)は、Zaif(ザイフ)取引所に公開されています。
上場初日の数時間は、ICOのプレセール価格を割り込んだものの、その後は徐々に回復し、12/13~14にかけて、COMSAトークン(CMS:ETH/JPY)の価格が急騰しました。
一日で約4倍(100円台→400円台)の上昇劇となり、12/21時点では、COMSAは430円前後で取引されていましたが、12/22は200円台まで急落する場面がありましたが、それ以降は300円前後で推移しています。
2018年に爆上げを期待します! 【仮想通貨取引所Zaif(ザイフ):CMS:ETH/JPY】 日本居住者は、Zaif(ザイフ)アカウントからのみCOMSAトークンを購入できます。
COMSA(コムサ)とは、Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロが提供するICOプラットフォームサービスのことで、COMSAトークンはそのプラットフォーム上で使用される仮想通貨です。
さて、簡単に仮想通貨取引を始めたいなら、魅力満載のZaif(ザイフ:近畿財務局長 第00002号)がお薦めです。
取扱通貨は、BTC・XEM・MONA・BCHなどの仮想通貨の他に、zaif(ザイフ)トークンなどCounterparty(カウンターパーティー)トークンなど豊富にあります。
また、Zaifでは、現物取引の他、信用取引やビットコインFX、コイン積立もあります。
まず、Zaif(ザイフ)の信用取引は、レバレッジが最大7.77倍です。
レバレッジが7.77倍の場合、証拠金13万円を元手に100万円相当までの取引が可能です。
レバレッジを利用し、資金効率を高めた投資を行うことができます。
現物取引と信用取引の比較 「売り」から始められる。
現物取引は、市場価格が安いときに買い、価格が上がれば売却し利益を得ます。
一方信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められますので、 市場価格が高いときに保有していない仮想通貨を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得る方法もあります。
気になる追証は不要です(口座残高以上のリスクは発生しません)! Zaifの信用取引では、証拠金の追加担保請求(いわゆる追証)を行いませんので、口座残高に預けている(JPY BTC XEM MONA)以上の負担をすることはありません。
相場の急変等で決済時に預り金以上の損失が発生する可能性があるときも、追証のないサービスを提供しているので、口座残高の範囲内で安心して取引できます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
また、信用取引のみならず、Zaif(ザイフ)には、ビットコインFXのAirFXというサービスも展開しています。
ZaifのAirFXとは? 現物取引に近い価格感で取引できるAirFXです。
追証ガードイメージEPSにより追証が不要で証拠金以上のマイナスを防止しています。
ビットコインAirFXは、実際には現物取引ではありませんが、あたかも現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられました。
1.AirFXには期限と期限到来による決済がありません。
(無期限)2.先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。
【ZaifのBTC/JPYチャート】 AirFX取引のレバレッジは最大25倍です。
AirFX取引ではレバレッジを最大25倍まで設定することが可能となり、これまでよりもさらに資金効率を高めた投資を行うことができます。
しかし、当然その分シビアな価格変動でロスカットにかかるリスクも高まります。
特にスプレッドが大きい場合や、相場が乱高下している際に、高いレバレッジで取引されると非常に短時間で大きな利益を期待できる反面、すぐにロスカットされ思わぬ損失を被る危険がありますので、取引の際は資金管理がに十分ご注意ください。
レバレッジ25倍の場合:約定金額は、1BTC=1,800,000円とすれば、取引数量が0.1BTCなら証拠金率4%なので必要証拠金は7,200円でOK! 必要証拠金は市場取引の状況により変動し、注文量とレバレッジに応じた金額が必要となります。
また、注文時に日本円残高が不足しておりBTC、XEM、MONAの残高が充分ある場合、レートに応じて自動的にBTC、XEM、MONAを証拠金として充当されます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
更に、Zaif(ザイフ)では、低リスクでビットコインを増やす方法として『Zaifコイン積立』のサービスも提供しています。
Zaifのコイン積立とは...「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」、「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。
Zaifコイン積立では、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としで、希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落としし、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。
この買付は、ドル・コスト平均法で暗号通貨を買っていきます。
そのメリットとは! Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することにより、しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。
ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。
積立金額は毎月最低1,000円からです。
現在、Zaifでは総額1億円キャンペーンを実施中で出来高が増えるほど、投資家の報酬額が増えるキャンペーンを毎日開催しています! 報酬総額は1億円です!集計は毎日行い、その日取引高が多かった人上位50名に報酬を支払います。
毎日の報酬額は、その日の取引所の総出来高に比例してアップします!各通貨ペア毎に出来高を計算し、出来高に応じてその日の報酬額を決定します。
本キャンペーンは総報酬金額が1億円に達し次第終了予定です。
上位者から高い割合で配当金を獲得します!ランクイン50名の内、上位者から高い割合で報酬を獲得出来ます。
また、報酬額は割合で決定するため、全体の出来高が上がればランクイン50名全員の報酬金額がアップします。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
勿論、高機能のスマホ取引ツールも完備しています。
Zaifの公式アプリ「Zaif」の特長は…•ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。
•ビットコインとトークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。
•HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、安心して利用することができます。

今大注目のモナーコイン(MONA)取引ならbitbank.cc(ビットバンク)がお薦めです。
今日現在、モナーコイン(MONA)は、1,500円前後で推移しています。
私は、モナーコイン(MONA)をbitFlyer(ビットフライヤー)で、2017/11/12に305円で購入していたので、結果的には1か月足らずで5倍に跳ね上がり、万々歳なのですが、これからモナーコイン(MONA)を検討中の方は、bitbank.cc(ビットバンク)か、或いはZaif(ザイフ)がよりお薦めです。
お薦めのポイントですが、bitbank.cc(ビットバンク)では、bitFlyer(ビットフライヤー)のような販売所形式ではなく、個人間取引のプラットフォーム(所謂、取引所形式)で売買が可能であるため、比較的スプレッドが狭いことから人気があります。
モナーコイン(MONA)の上場公開(取引所取引)で先行していたのは、Zaif(ザイフ)ですが、セカンド口座としてbitbank.cc(ビットバンク)を保有する方が増えている傾向です。
さて、仮想通貨取引所のbitbank.ccでは、仮想通貨交換業登録記念(関東財務局長 第00004号)として、「仮想通貨ペアの手数料無料キャンペーン」を開催中です。
キャンペーンは2017年10月16日から2018年9月30日まで行われ、bitbank.ccで取扱う全仮想通貨通貨ペアが対象となります。
ビットコインの他、今話題のリップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナーコイン(MONA)などに投資できます。
bitbankでレバレッジ最大20倍のビットコインFXするならこちら! bitbank.ccでは業界最安値を実現!ビットコインも、アルトコインも、bitbankではオーダーブック(取引板)方式で売買するから価格の透明性が段違いです。
常に最適なレートで、隠れたコストもありません。
いつでも、どこでも、快適に仮想通貨の売買を行うことができます。
bitbank.ccでは高い流動性を確保!bitbankなら、国内最大級のアルトコイの流動性にアクセスが可能です。
新たな資産クラスとして注目されている仮想通貨アルトコインを、安心して取引できます。
もちろん、API取引にも対応しています。
bitbank.ccでは強固なセキュリティを完備!マルチシグとコールドウォレットによる最先端のセキュリティで、投資家の仮想通貨は安全に守られています。
また、投資家のアカウントもメール、スマホ認証によるマルチファクター認証で保護されます。
bitbank.ccでは板で売買するから高い透明性!bitbankの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高い取引が可能です。
マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然で、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。
bitbankでレバレッジ最大20倍のビットコインFXするならこちら!

仮想通貨ビットコインの下落時には、ビットコインFXで売り(ショート)から入り、収益を上げる手法がありますが、ビットコインの現物をたくさん保有している方でも、この下落相場に、損失を確定させないまま、一旦、ビットコインFXで「逆張り」をして損益の波を縮小させることが可能です。
国内最大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)では、保有中の現物ビットコインをビットコインFXの証拠金に使えるため、レバレッジを調整することで、実質的な両建てが可能となります。
傷が浅いうちに損失を確定させるもよし、両建てをして、しばらくの間、嵐が去るのを待つもよしかと思います。
現在、ビットコインの現物は160万台まで下落しており、少し、ビットコインを買い増ししました。
今後も、ビットコインの現物は、ドル・コスト平均法の考えで、ある程度下がれば、段階的に買っていきたいと思います。
さて、FX取引高 世界第1のGMOクリック証券のグループ会社としてビットコインFXの「GMOコイン」が頭角を現してきました!初めてのビットコインでも、GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインなら安心です。
GMOコインでは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコイン取引ができる環境を提供しています。
GMOコイン(関東財務局長 第00006号)の「仮想通貨FX」が選ばれる理由とは! ・取引手数料は無料で、FXのレバレッジは最大10倍!・取引手数料無料は、ロスカットも含めすべて無料!・取引時間は24時間・365日、土日祝日でも取引可能!・ロスカットルールを採用し「追加証拠金制度」なし! 追加入金に追われません(追証無し)!・FXと同様、2wayプライスを採用!価格は「Bid/Ask」の2wayで表示! 価格が明瞭で分かりやすい(最低スプレッド:1BTC=500円の極狭)!・少額取引は最低0.01BTCから発注可能(数千円から取引できます)!・即時入金、出金の手数料は無料(GMOコインが負担してくれます)! 現在、口座開設のお申込みをされた方全員にもれなく、ビットコイン20,000Satoshiをプレゼント中です(口座開設が完了した翌日に口座へ反映されます )。
勿論、仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」も完備しています! GMOコインは取引所?「取引所」と「GMOコイン」の違いはこちら! ビットコイン取引の特徴は「価格変動」と「土日取引」はこちら!

2017年、日本国内事業者による有名なICO案件と言えば、Zaif(ザイフ)のCOMSA(コムサ)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)のQASH(キャッシュ)ですが、QASHは、国内の仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)を運営するQUOINE社のプロジェクトとして、仮想通貨取引の流動性供給を高めるLIQUIDプラットフォームのICO時に出資者に付与される仮想通貨トークンとして、高い注目を集めていました。
現在、既に両仮想通貨トークンとも上場済みで、自由に売買できます。
QASHトークンは、現在(2017.12.24)3倍超で推移しています。
かつて、ICO上場したイーサリアムは、数年で1,300倍超になっており、QSAHトークンでも、数年先の爆上げを見据えて、密かに「果報は寝て待て」の精神で現在ホールド中です! 日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
さて、このQUOINEX(コインエクスチェンジ)の代表CEO栢森さんが、声明を出しています。
あくまで、栢森さんの私見であることの前置きがありますが、一連のビットコイン価格急落の背景には、以下の3つの要素が重なり、パニック売りが起きた可能性があるとみているようです。
①ウクライナの仮想通貨取引所でのハッキング②米CME、CBOEのビットコイン先物上場後の調整売り③クリスマスや年末にむけた手仕舞い売り そして、今後もセンシティブな値動きが続くと見られています。
投資は、くれぐれも慎重に、そして余裕資金で取引されることを推奨されております。
また、声明のなかで、ジブラルタル証券取引所(GSX)とのパートナーシップの発表をしています。
ジブラルタルは、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占めるイギリスの海外領土です。
既にプレスにも記載されていますが、戦略提携内容は以下になります。
1. GSX子会社のGibraltar Blockchain Exchange(GBX)への仮想通貨取引所システムおよび仮想通貨流動性をQUOINEが提供すること2. GBXが提供する仮想通貨取引所において、QUOINEグループが発行している仮想通貨「QASH」を決済手段として使用すること3. QUOINEが開発予定のグローバル流動性供給プラットフォーム「LIQUID」へGSXグループが主要パートナーとして参画すること4. GBXが実施予定の「Rock Token」ICOパブリックセールについて、QUOINEグループがグローバルICOプラットフォームである「QRYPTOS」においてグローバル販売を行うこと※現在QUOINEが運営する仮想通貨取引所「QUOINEX」にて、日本においてもRock Tokenのパブリックセール実施を検討しているとのことです。
期待したいと思います! QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。
一方、12/4にICO上場したCOMSA(コムサトークン)は、Zaif(ザイフ)取引所に公開されています。
上場初日の数時間は、ICOのプレセール価格を割り込んだものの、その後は徐々に回復し、12/13~14にかけて、COMSAトークン(CMS:ETH/JPY)の価格が急騰しました。
一日で約4倍(100円台→400円台)の上昇劇となり、12/21時点では、COMSAは430円前後で取引されていましたが、12/22は200円台まで急落する場面がありましたが、そのタイミングでの指値注文では買えず、現在、次の機会を狙っています。
300円を割り込めば少し楔を入れてみたいと思います。
【仮想通貨取引所Zaif(ザイフ):CMS:ETH/JPY】 日本居住者は、Zaif(ザイフ)アカウントからのみCOMSAトークンを購入できます。
COMSA(コムサ)とは、Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロが提供するICOプラットフォームサービスのことで、COMSAトークンはそのプラットフォーム上で使用される仮想通貨です。
さて、簡単に仮想通貨取引を始めたいなら、魅力満載のZaif(ザイフ:近畿財務局長 第00002号)がお薦めです。
取扱通貨は、BTC・XEM・MONA・BCHなどの仮想通貨の他に、zaif(ザイフ)トークンなどCounterparty(カウンターパーティー)トークンなど豊富にあります。
また、Zaifでは、現物取引の他、信用取引やビットコインFX、コイン積立もあります。
まず、Zaif(ザイフ)の信用取引は、レバレッジが最大7.77倍です。
レバレッジが7.77倍の場合、証拠金13万円を元手に100万円相当までの取引が可能です。
レバレッジを利用し、資金効率を高めた投資を行うことができます。
現物取引と信用取引の比較 「売り」から始められる。
現物取引は、市場価格が安いときに買い、価格が上がれば売却し利益を得ます。
一方信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められますので、 市場価格が高いときに保有していない仮想通貨を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得る方法もあります。
気になる追証は不要です(口座残高以上のリスクは発生しません)! Zaifの信用取引では、証拠金の追加担保請求(いわゆる追証)を行いませんので、口座残高に預けている(JPY BTC XEM MONA)以上の負担をすることはありません。
相場の急変等で決済時に預り金以上の損失が発生する可能性があるときも、追証のないサービスを提供しているので、口座残高の範囲内で安心して取引できます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
また、信用取引のみならず、Zaif(ザイフ)には、ビットコインFXのAirFXというサービスも展開しています。
ZaifのAirFXとは? 現物取引に近い価格感で取引できるAirFXです。
追証ガードイメージEPSにより追証が不要で証拠金以上のマイナスを防止しています。
ビットコインAirFXは、実際には現物取引ではありませんが、あたかも現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられました。
1.AirFXには期限と期限到来による決済がありません。
(無期限)2.先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。
【ZaifのBTC/JPYチャート】 AirFX取引のレバレッジは最大25倍です。
AirFX取引ではレバレッジを最大25倍まで設定することが可能となり、これまでよりもさらに資金効率を高めた投資を行うことができます。
しかし、当然その分シビアな価格変動でロスカットにかかるリスクも高まります。
特にスプレッドが大きい場合や、相場が乱高下している際に、高いレバレッジで取引されると非常に短時間で大きな利益を期待できる反面、すぐにロスカットされ思わぬ損失を被る危険がありますので、取引の際は資金管理がに十分ご注意ください。
レバレッジ25倍の場合:約定金額は、1BTC=1,800,000円とすれば、取引数量が0.1BTCなら証拠金率4%なので必要証拠金は7,200円でOK! 必要証拠金は市場取引の状況により変動し、注文量とレバレッジに応じた金額が必要となります。
また、注文時に日本円残高が不足しておりBTC、XEM、MONAの残高が充分ある場合、レートに応じて自動的にBTC、XEM、MONAを証拠金として充当されます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
更に、Zaif(ザイフ)では、低リスクでビットコインを増やす方法として『Zaifコイン積立』のサービスも提供しています。
Zaifのコイン積立とは...「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」、「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。
Zaifコイン積立では、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としで、希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落としし、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。
この買付は、ドル・コスト平均法で暗号通貨を買っていきます。
そのメリットとは! Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することにより、しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。
ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。
積立金額は毎月最低1,000円からです。
現在、Zaifでは総額1億円キャンペーンを実施中で出来高が増えるほど、投資家の報酬額が増えるキャンペーンを毎日開催しています! 報酬総額は1億円です!集計は毎日行い、その日取引高が多かった人上位50名に報酬を支払います。
毎日の報酬額は、その日の取引所の総出来高に比例してアップします!各通貨ペア毎に出来高を計算し、出来高に応じてその日の報酬額を決定します。
本キャンペーンは総報酬金額が1億円に達し次第終了予定です。
上位者から高い割合で配当金を獲得します!ランクイン50名の内、上位者から高い割合で報酬を獲得出来ます。
また、報酬額は割合で決定するため、全体の出来高が上がればランクイン50名全員の報酬金額がアップします。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
勿論、高機能のスマホ取引ツールも完備しています。
Zaifの公式アプリ「Zaif」の特長は…•ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。
•ビットコインとトークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。
•HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、安心して利用することができます。

「ビットコインが更に下がれば絶好の買い場と考え、買い増しを検討します。
我々は、上がり続ける相場も下がり続ける相場もないことを知っています。
今は、嵐が去るのは待つばかりです。
」と昨日(12/22)の記事で書いたばかりですが、早くも、一夜明けた今朝(12/23)、ビットコイン価格は、凄い勢いで、長い「陰線」を付けて「V字回復」しています。
しかしながら、楽観視はしていません。
引き続き、注意深く見守っていきます。
【チャート:2017.12.23 GMOコイン:ビットレ君スマホアプリ】ビットコインFXなら下落相場でも収益チャンスあり! さて、ビットコインのここ数日の大暴落では、これまで、ビットコインに懐疑的な見方をしていた評論家らが、ここぞとばかり、一気呵成にビットコインの根拠なき過熱に対するバブル崩壊を書きたてる記事が増えています。
しかし、ビットコインの相場の行方は神のみぞ知ることです。
一度、これまでの大まかなビットコインの相場動向を年次でおさらいしておきましょう。
ビットコインは一連の大暴落で、瞬間的には一時、約100万円もの値を下げました。
まさに体が痺れる状況と言っても過言ではないでしょう。
12/3の最高値1BTC=約220万円→12/22の最安値1BTC=約120万円と激しい大暴落となりました。
一方、2015年の前半は1BTC=約2万円で推移しており、2016年の年末でも1BTC=10万円程度でした。
その後、国内最大手の仮想通貨取引所ビットフライヤーが、2017年は仮想通貨元年と位置付け仮想通貨の将来性を広く訴求していましたが、まさにその通りの展開となりました。
2017年は、投資格言で、「申酉騒ぐ」と言われていましたが、まさに、ビットコインが投資格言通り世間を騒がしています。
もし仮に、2018年も投資格言通りに推移するならば、2018年は「戌笑い」の年であり、更なる上昇に期待が持てます! そこから、2017年11月には、多くの市場関係者の予想通り、史上初の1BTC=100万円を突破しましたが、ここからの動きが速過ぎました。
この12月には、想定外の史上初の1BTC=200万円を突破し、最高値は1BTC=約220万円をマークしました。
チャートの観点からだけで言えば、株式相場なら、まさに仕手が入った足形です。
最終結果はともあれ、2015年初から2017年12/3にかけて、ビットコイン価格は100倍に達しました。
100万円投資していた投資家なら、2年足らずで、「億り人」になりました。
これは紛れもない事実です。
この1BTC=200万円突破の背景には、米国で12/10のシカゴ・オプション取引所と、12/18のCME先物取引所でのビットコイン先物取引開始による期待感が大いにあったと言えます。
これで、ようやくビットコインは、熱狂的な加熱感から覚め、市場が落ち着きを見せ始めてくるのではないかと思います。
2018年も、ビットコインを核に仮想通貨全般が、健全に発展していくことを期待します。
勿論、2018年は、ICO元年として、新たな投資手法が広く確立されていくことを、仮想通貨ファンの一人として、切に願います。
ICO案件では、12/4にICO上場したCOMSA(コムサトークン)は、Zaif(ザイフ)取引所に公開されています。
上場初日の数時間は、ICOのプレセール価格を割り込んだものの、その後は徐々に回復し、12/13~14にかけて、COMSAトークン(CMS:ETH/JPY)の価格が急騰しました。
一日で約4倍(100円台→400円台)の上昇劇となり、12/21時点では、COMSAは430円前後で取引されていましたが、昨日(12/22)は200円台まで急落する場面がありましたが、210円の指値注文で買えず、残念です。
次の機会を狙います! 【仮想通貨取引所Zaif(ザイフ):CMS:ETH/JPY】 日本居住者は、Zaif(ザイフ)アカウントからのみCOMSAトークンを購入できます。
COMSA(コムサ)とは、Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロが提供するICOプラットフォームサービスのことで、COMSAトークンはそのプラットフォーム上で使用される仮想通貨です。
さて、簡単に仮想通貨取引を始めたいなら、魅力満載のZaif(ザイフ:近畿財務局長 第00002号)がお薦めです。
取扱通貨は、BTC・XEM・MONA・BCHなどの仮想通貨の他に、zaif(ザイフ)トークンなどCounterparty(カウンターパーティー)トークンなど豊富にあります。
また、Zaifでは、現物取引の他、信用取引やビットコインFX、コイン積立もあります。
まず、Zaif(ザイフ)の信用取引は、レバレッジが最大7.77倍です。
レバレッジが7.77倍の場合、証拠金13万円を元手に100万円相当までの取引が可能です。
レバレッジを利用し、資金効率を高めた投資を行うことができます。
現物取引と信用取引の比較 「売り」から始められる。
現物取引は、市場価格が安いときに買い、価格が上がれば売却し利益を得ます。
一方信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められますので、 市場価格が高いときに保有していない仮想通貨を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得る方法もあります。
気になる追証は不要です(口座残高以上のリスクは発生しません)! Zaifの信用取引では、証拠金の追加担保請求(いわゆる追証)を行いませんので、口座残高に預けている(JPY BTC XEM MONA)以上の負担をすることはありません。
相場の急変等で決済時に預り金以上の損失が発生する可能性があるときも、追証のないサービスを提供しているので、口座残高の範囲内で安心して取引できます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
また、信用取引のみならず、Zaif(ザイフ)には、ビットコインFXのAirFXというサービスも展開しています。
ZaifのAirFXとは? 現物取引に近い価格感で取引できるAirFXです。
追証ガードイメージEPSにより追証が不要で証拠金以上のマイナスを防止しています。
ビットコインAirFXは、実際には現物取引ではありませんが、あたかも現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられました。
1.AirFXには期限と期限到来による決済がありません。
(無期限)2.先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。
【ZaifのBTC/JPYチャート】 AirFX取引のレバレッジは最大25倍です。
AirFX取引ではレバレッジを最大25倍まで設定することが可能となり、これまでよりもさらに資金効率を高めた投資を行うことができます。
しかし、当然その分シビアな価格変動でロスカットにかかるリスクも高まります。
特にスプレッドが大きい場合や、相場が乱高下している際に、高いレバレッジで取引されると非常に短時間で大きな利益を期待できる反面、すぐにロスカットされ思わぬ損失を被る危険がありますので、取引の際は資金管理がに十分ご注意ください。
レバレッジ25倍の場合:約定金額は、1BTC=1,800,000円とすれば、取引数量が0.1BTCなら証拠金率4%なので必要証拠金は7,200円でOK! 必要証拠金は市場取引の状況により変動し、注文量とレバレッジに応じた金額が必要となります。
また、注文時に日本円残高が不足しておりBTC、XEM、MONAの残高が充分ある場合、レートに応じて自動的にBTC、XEM、MONAを証拠金として充当されます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
更に、Zaif(ザイフ)では、低リスクでビットコインを増やす方法として『Zaifコイン積立』のサービスも提供しています。
Zaifのコイン積立とは...「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」、「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。
Zaifコイン積立では、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としで、希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落としし、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。
この買付は、ドル・コスト平均法で暗号通貨を買っていきます。
そのメリットとは! Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することにより、しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。
ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。
積立金額は毎月最低1,000円からです。
現在、Zaifでは総額1億円キャンペーンを実施中で出来高が増えるほど、投資家の報酬額が増えるキャンペーンを毎日開催しています! 報酬総額は1億円です!集計は毎日行い、その日取引高が多かった人上位50名に報酬を支払います。
毎日の報酬額は、その日の取引所の総出来高に比例してアップします!各通貨ペア毎に出来高を計算し、出来高に応じてその日の報酬額を決定します。
本キャンペーンは総報酬金額が1億円に達し次第終了予定です。
上位者から高い割合で配当金を獲得します!ランクイン50名の内、上位者から高い割合で報酬を獲得出来ます。
また、報酬額は割合で決定するため、全体の出来高が上がればランクイン50名全員の報酬金額がアップします。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
勿論、高機能のスマホ取引ツールも完備しています。
Zaifの公式アプリ「Zaif」の特長は…•ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。
•ビットコインとトークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。
•HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、安心して利用することができます。

ビットコインを核に仮想通貨は全面安の展開です。
下落というよりは暴落です。
さらに下がれば絶好の買い場と思い、買い増しを検討します。
まだまだ含み益があるので、少しだけ体が痺れ始めていますが、狼狽売りをするような行動は起こしません。
我々は、上がり続ける相場も下がり続ける相場もないことを知っています。
今は、嵐が去るのは待つばかりです。
ビットコインにモナーコイン、キャッシュ等、私が保有する仮想通貨は全面安です。
今週末の動向に目が離せません。
さて、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の総額1億円キャンペーンの報酬額がアップします!本日12月22日より、AirFX/先物の出来高ランキング総額1億円キャンペーンにおいて、報酬額の引き上げを行いました。
スタート報酬額の15万円を、なんと2倍の30万円に引き上げています! ■AirFXの報酬スタート価格現在:15万円引き上げ後:30万円 さらに、12月26日よりBTC・ETHの現物取引もスタート価格の2倍の報酬額になります。
■BTC現物取引の報酬スタート価格現在:10万円引き上げ後:20万円 ■ETH現物取引の報酬スタート価格現在:3万円引き上げ後:6万円 一方、12/4にICO上場したCOMSA(コムサトークン)は、Zaif(ザイフ)取引所に公開されています。
上場初日の数時間は、ICOのプレセール価格を割り込んだものの、その後は徐々に回復し、12/13~14にかけて、COMSAトークン(CMS:ETH/JPY)の価格が急騰しました。
一日で約4倍(100円台→400円台)の上昇劇となり、12/21時点では、COMSAは430円前後で取引されていましたが、今日は200円台まで急落しています。
210円の指値注文で買えず、更に下がれば再度買注文をいれたいと思います! 【仮想通貨取引所Zaif(ザイフ):CMS:ETH/JPY】 日本居住者は、Zaif(ザイフ)アカウントからのみCOMSAトークンを購入できます。
COMSA(コムサ)とは、Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロが提供するICOプラットフォームサービスのことで、COMSAトークンはそのプラットフォーム上で使用される仮想通貨です。
さて、簡単に仮想通貨取引を始めたいなら、魅力満載のZaif(ザイフ:近畿財務局長 第00002号)がお薦めです。
取扱通貨は、BTC・XEM・MONA・BCHなどの仮想通貨の他に、zaif(ザイフ)トークンなどCounterparty(カウンターパーティー)トークンなど豊富にあります。
また、Zaifでは、現物取引の他、信用取引やビットコインFX、コイン積立もあります。
まず、Zaif(ザイフ)の信用取引は、レバレッジが最大7.77倍です。
レバレッジが7.77倍の場合、証拠金13万円を元手に100万円相当までの取引が可能です。
レバレッジを利用し、資金効率を高めた投資を行うことができます。
現物取引と信用取引の比較 「売り」から始められる。
現物取引は、市場価格が安いときに買い、価格が上がれば売却し利益を得ます。
一方信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められますので、 市場価格が高いときに保有していない仮想通貨を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得る方法もあります。
気になる追証は不要です(口座残高以上のリスクは発生しません)! Zaifの信用取引では、証拠金の追加担保請求(いわゆる追証)を行いませんので、口座残高に預けている(JPY BTC XEM MONA)以上の負担をすることはありません。
相場の急変等で決済時に預り金以上の損失が発生する可能性があるときも、追証のないサービスを提供しているので、口座残高の範囲内で安心して取引できます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
また、信用取引のみならず、Zaif(ザイフ)には、ビットコインFXのAirFXというサービスも展開しています。
ZaifのAirFXとは? 現物取引に近い価格感で取引できるAirFXです。
追証ガードイメージEPSにより追証が不要で証拠金以上のマイナスを防止しています。
ビットコインAirFXは、実際には現物取引ではありませんが、あたかも現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられました。
1.AirFXには期限と期限到来による決済がありません。
(無期限)2.先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。
【ZaifのBTC/JPYチャート】 AirFX取引のレバレッジは最大25倍です。
AirFX取引ではレバレッジを最大25倍まで設定することが可能となり、これまでよりもさらに資金効率を高めた投資を行うことができます。
しかし、当然その分シビアな価格変動でロスカットにかかるリスクも高まります。
特にスプレッドが大きい場合や、相場が乱高下している際に、高いレバレッジで取引されると非常に短時間で大きな利益を期待できる反面、すぐにロスカットされ思わぬ損失を被る危険がありますので、取引の際は資金管理がに十分ご注意ください。
レバレッジ25倍の場合:約定金額は、1BTC=1,800,000円とすれば、取引数量が0.1BTCなら証拠金率4%なので必要証拠金は7,200円でOK! 必要証拠金は市場取引の状況により変動し、注文量とレバレッジに応じた金額が必要となります。
また、注文時に日本円残高が不足しておりBTC、XEM、MONAの残高が充分ある場合、レートに応じて自動的にBTC、XEM、MONAを証拠金として充当されます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
更に、Zaif(ザイフ)では、低リスクでビットコインを増やす方法として『Zaifコイン積立』のサービスも提供しています。
Zaifのコイン積立とは...「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」、「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。
Zaifコイン積立では、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としで、希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落としし、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。
この買付は、ドル・コスト平均法で暗号通貨を買っていきます。
そのメリットとは! Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することにより、しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。
ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。
積立金額は毎月最低1,000円からです。
現在、Zaifでは総額1億円キャンペーンを実施中で出来高が増えるほど、投資家の報酬額が増えるキャンペーンを毎日開催しています! 報酬総額は1億円です!集計は毎日行い、その日取引高が多かった人上位50名に報酬を支払います。
毎日の報酬額は、その日の取引所の総出来高に比例してアップします!各通貨ペア毎に出来高を計算し、出来高に応じてその日の報酬額を決定します。
本キャンペーンは総報酬金額が1億円に達し次第終了予定です。
上位者から高い割合で配当金を獲得します!ランクイン50名の内、上位者から高い割合で報酬を獲得出来ます。
また、報酬額は割合で決定するため、全体の出来高が上がればランクイン50名全員の報酬金額がアップします。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
勿論、高機能のスマホ取引ツールも完備しています。
Zaifの公式アプリ「Zaif」の特長は…•ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。
•ビットコインとトークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。
•HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、安心して利用することができます。

仮想通貨取引は、少額で始めることができるため、2017年の後半に於いて、仮想通貨トレードが株式トレードよりも敷居が下がってきた感さえ伺えます。
新規参入してきた新米投資家も、仮想通貨取引を余裕資金で、リスクを承知の上でスリルを味わいたいという方が急増しているように思います。
日本銀行の黒田東彦総裁から、仮想通貨「ビットコイン」について、次のコメントが出ています。
「異常な高騰であることは事実。
決済手段としては、通貨と同じようには機能していない。
投資・投機の対象として取引されている。
ビットコインは年初の1コイン=10万円程度から、最近は一時200万円超まで急騰した」。
また、「バブルでは」との指摘に対し、黒田総裁は「私が決める話ではない」としつつ、「最近は非常に上昇している。
ただ、日銀の金融政策への影響はない」と述べています。
(出所:朝日新聞デジタル) この数日、ビットコインは価格調整局面を迎えており、200万円を挟み乱高下していますが、12/10の米シカゴ・オプション取引所にビットコイン先物が上場し、次いで12/18には、米先物取引所運営大手CMEグループでも仮想通貨ビットコイン先物の取引が開始されるなど、確実に仮想通貨市場の裾野が拡大しています。
一方、12/4にICO上場したCOMSA(コムサトークン)は、Zaif(ザイフ)取引所に公開されています。
上場初日の数時間は、ICOのプレセール価格を割り込んだものの、その後は徐々に回復し、12/13~14にかけて、COMSAトークン(CMS:ETH/JPY)の価格が急騰しました。
一日で約4倍(100円台→400円台)の上昇劇となり、今尚、高値圏で推移しています。
12/21時点では、COMSAは430円前後で取引されています。
【仮想通貨取引所Zaif(ザイフ):CMS:ETH/JPY】 日本居住者は、Zaif(ザイフ)アカウントからのみCOMSAトークンを購入できます。
COMSA(コムサ)とは、Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロが提供するICOプラットフォームサービスのことで、COMSAトークンはそのプラットフォーム上で使用される仮想通貨です。
さて、簡単に仮想通貨取引を始めたいなら、魅力満載のZaif(ザイフ:近畿財務局長 第00002号)がお薦めです。
取扱通貨は、BTC・XEM・MONA・BCHなどの仮想通貨の他に、zaif(ザイフ)トークンなどCounterparty(カウンターパーティー)トークンなど豊富にあります。
また、Zaifでは、現物取引の他、信用取引やビットコインFX、コイン積立もあります。
まず、Zaif(ザイフ)の信用取引は、レバレッジが最大7.77倍です。
レバレッジが7.77倍の場合、証拠金13万円を元手に100万円相当までの取引が可能です。
レバレッジを利用し、資金効率を高めた投資を行うことができます。
現物取引と信用取引の比較 「売り」から始められる。
現物取引は、市場価格が安いときに買い、価格が上がれば売却し利益を得ます。
一方信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められますので、 市場価格が高いときに保有していない仮想通貨を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得る方法もあります。
気になる追証は不要です(口座残高以上のリスクは発生しません)! Zaifの信用取引では、証拠金の追加担保請求(いわゆる追証)を行いませんので、口座残高に預けている(JPY BTC XEM MONA)以上の負担をすることはありません。
相場の急変等で決済時に預り金以上の損失が発生する可能性があるときも、追証のないサービスを提供しているので、口座残高の範囲内で安心して取引できます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
また、信用取引のみならず、Zaif(ザイフ)には、ビットコインFXのAirFXというサービスも展開しています。
ZaifのAirFXとは? 現物取引に近い価格感で取引できるAirFXです。
追証ガードイメージEPSにより追証が不要で証拠金以上のマイナスを防止しています。
ビットコインAirFXは、実際には現物取引ではありませんが、あたかも現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられました。
1.AirFXには期限と期限到来による決済がありません。
(無期限)2.先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。
【ZaifのBTC/JPYチャート】 AirFX取引のレバレッジは最大25倍です。
AirFX取引ではレバレッジを最大25倍まで設定することが可能となり、これまでよりもさらに資金効率を高めた投資を行うことができます。
しかし、当然その分シビアな価格変動でロスカットにかかるリスクも高まります。
特にスプレッドが大きい場合や、相場が乱高下している際に、高いレバレッジで取引されると非常に短時間で大きな利益を期待できる反面、すぐにロスカットされ思わぬ損失を被る危険がありますので、取引の際は資金管理がに十分ご注意ください。
レバレッジ25倍の場合:約定金額は、1BTC=1,800,000円とすれば、取引数量が0.1BTCなら証拠金率4%なので必要証拠金は7,200円でOK! 必要証拠金は市場取引の状況により変動し、注文量とレバレッジに応じた金額が必要となります。
また、注文時に日本円残高が不足しておりBTC、XEM、MONAの残高が充分ある場合、レートに応じて自動的にBTC、XEM、MONAを証拠金として充当されます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
更に、Zaif(ザイフ)では、低リスクでビットコインを増やす方法として『Zaifコイン積立』のサービスも提供しています。
Zaifのコイン積立とは...「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」、「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。
Zaifコイン積立では、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としで、希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落としし、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。
この買付は、ドル・コスト平均法で暗号通貨を買っていきます。
そのメリットとは! Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することにより、しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。
ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。
積立金額は毎月最低1,000円からです。
現在、Zaifでは総額1億円キャンペーンを実施中で出来高が増えるほど、投資家の報酬額が増えるキャンペーンを毎日開催しています! 報酬総額は1億円です!集計は毎日行い、その日取引高が多かった人上位50名に報酬を支払います。
毎日の報酬額は、その日の取引所の総出来高に比例してアップします!各通貨ペア毎に出来高を計算し、出来高に応じてその日の報酬額を決定します。
本キャンペーンは総報酬金額が1億円に達し次第終了予定です。
上位者から高い割合で配当金を獲得します!ランクイン50名の内、上位者から高い割合で報酬を獲得出来ます。
また、報酬額は割合で決定するため、全体の出来高が上がればランクイン50名全員の報酬金額がアップします。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
勿論、高機能のスマホ取引ツールも完備しています。
Zaifの公式アプリ「Zaif」の特長は…•ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。
•ビットコインとトークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。
•HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、安心して利用することができます。