2018年1月の34件の記事

仮想通貨交換事業者各社はセキュリティ強化に向けた社内体制を訴求しています。
セキュリティ対策および今後の更なる強化策についてQUOINEXが以下の通り表明しています。
当社は金融庁登録を受けた仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00002号)として、グローバル仮想通貨取引所「QUOINEX」を運営しています。
引き続きお客様に安心してお取引いただくべく、改めて当社のセキュリティ対策についてお知らせいたします。
当社の経営陣はメリルリンチやゴールドマンサックス等のグローバル投資銀行において、セキュリティやガバナンス、オペレーション、コンプライアンス、リスクマネジメント等をグローバルスタンダードで長年経験してきたメンバーで構成されております。
経営陣の豊富な経験をもとに、当社ではインフラ、プロダクト、社内システム、オペレーションと、あらゆる面からセキュリティ対策を徹底しており、グローバルでも非常に高いセキュリティを備えた仮想通貨取引所サービスをご提供させていただいております。
当社で既に導入している主なセキュリティ対策は以下の通りです。
1. 取扱仮想通貨は100%コールド・ウォレットで管理*2. 徹底した顧客資産の分別管理3. 出金用仮想通貨アドレスのホワイトリスト化4. 仮想通貨出金における4段階でのチェックプロセスおよび当社によるマニュアルでのダブルチェックプロセスの導入5. プライベートサーバーを利用6. サービス利用におけるユーザー二段階認証の必須化7. API経由での法定・仮想通貨の出金の禁止8. 外部専門家(ホワイトハッカー)によるペネトレーションテスト(システム脆弱性等のチェック)を1年に2度実施9. 社内システムへのアクセス時の全従業員への二段階認証の必須化10. 社内システムへのアクセス時のIPアドレスのホワイトリスト化 *ビットコインおよびビットコインキャッシュについてはマルチシグを導入済みです。
今回他社で発生した盗難被害状況を受け、当社は仮想通貨業界全体としての反省材料と考えており、2018年1月30日に当社監査等委員会に対して下記内容を報告しておりますので、お知らせいたします。
・QUOINE社内で栢森CEOを中心とした危機管理委員会(Crisis Management Committee)の設置・外部専門家(ホワイトハッカー)によるペネトレーションテストの緊急実施・コールド・ウォレットの実装を条件としたNEM(ネム), LTC(ライトコイン), ETC(イーサリアム・クラシック)をQUOINEXにて上場すること(2月上旬を予定) セキュリティ強化策を実施する際にシステムメンテナンスが必要な場合には、当社ニュースレター及びテレグラム・Twitter等のソーシャルメディアで予めお知らせいたします。
一般にセキュリティ強化策やコールド・ウォレットの利用はお客様の利便性を低下させてしまいます。
しかしながら、我々は仮想通貨こそが金融の未来を創ると信じており、そのためには現在の金融の世界で最も重んじられている「お客様の資産を大切にお預かりする」ことを第一に、お客様に信用・信頼される金融プラットフォームを構築することが重要だと考えております。
その上で、お客様に「より便利に、より早く、より安く」当社のサービスを使っていただけるよう努力してまいります。
引き続き、QUOINEXをご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
とコメントしており、我々投資家にとって安心できる内容です。
ICO上場した仮想通貨QASHでお馴染みの世界最大級の仮想通貨取引所【QUOINEX】は、顧客資産の徹底した分別管理をしており、複数人による署名方式の「マルチシグ」を利用したコールドウォレットの活用により、強化なセキュリティの管理体制を構築しています。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!

この1週間ほど、仮想通貨では後ろ向きな情報が多い中、ICO上場した仮想通貨として大注目のQASHが、本日、瞬間的ではありますが、650円超の高値を付けました。
プレセール価格が27円ですので、一瞬とはいえ24倍に跳ね上げました。
その後は発射前の水準である150円に戻り、大人しく推移していますが、今日の爆騰は何だったのでしょうか。
近い将来の未来予想図であると祈るばかりです。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
【QUOINEX(コインエクスチェンジ)スマホ取引画面】 ICO上場した仮想通貨QASHでお馴染みの世界最大級の仮想通貨取引所【QUOINEX】は、顧客資産の徹底した分別管理をしており、複数人による署名方式の「マルチシグ」を利用したコールドウォレットの活用により、強化なセキュリティの管理体制を構築しています。
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

約580億円相当の仮想通貨NEM流出事件に対し、コインチェックでは、ネットから隔離した「コールドウォレット」でNEM(ネム)を保管せず、常時ネットワークに接続された「ホットウォレット」で管理していたことを明らかになりました。
ブロックチェーン技術全体の技術的な欠陥やぜい弱性に起因するものではなく、取引所固有の問題であるとブロックチェーン推進協会(BCCC)が見解を示しています。
これで、仮想通貨NEMの流出は、取引所固有の問題ではなく、コインチェックの管理体制に問題があったということが判明し、今後、金融庁からきついお灸を据えられることになりそうです。
コインチェックから巨額の仮想通貨が流出した問題で、金融庁はコインチェックに業務改善命令を出すとともに、再発防止のため国内の仮想通貨取引所を対象にセキュリティ態勢などの調査に着手したようですが、 28日のコインチェックからの報告は「極めて不十分だった」と金融庁幹部は報道で伝えています。
今後の仮想通貨交換事業者や仮想通貨自体の健全な発展のためには、セキュリティ強化は必須の課題であり、法整備についてもさらに強化されることを望みます。
そうした中、早くもビットバンク(bitbank.cc:関東財務局長第00004号)より、コインチェック社において発生した仮想通貨の不正流出を受け、bitbank(ビットバンク)株式会社が行っている仮想通貨ウォレットの運用体制について、顧客へ公表がありました。
bitbank.ccでは強固なセキュリティを完備!マルチシグとコールドウォレットによる最先端のセキュリティで、投資家の仮想通貨は安全に守られています。
また、投資家のアカウントもメール、スマホ認証によるマルチファクター認証で保護されます。
また、ICO上場した仮想通貨QASHでお馴染みの世界最大級の仮想通貨取引所【QUOINEX】でも、顧客資産の徹底した分別管理をしており、複数人による署名方式の「マルチシグ」を利用したコールドウォレットの活用により、強化なセキュリティの管理体制を構築しています。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

顧客から預かっていた仮想通貨ネム(NEM)580億円分(流出時の日本円換算)のハッキング被害を受けた大手仮想通貨取引所のコインチェック(coincheck)は、昨日深夜、5億2,300万XEM(流出時の日本円換算で約580億円)相当の流出した金額を保有者に対し、日本円で返金すると発表しました。
対象となるのが約26万人の顧客の5億2,300万XEMで、売買停止時からプレスリリースまでの加重平均価格88.549円を根拠に、保有数を掛けた金額を日本円で支払うという内容で、総額は約463億円になります。
被害に遭われた方も、まずは一安心のことと思いますし、このプレスリリース発表後は、マーケットが内容を好感し、仮想通貨ネム(NEM)以外の仮想通貨も全面的に上昇しています。
資本金が9,200万円のコインチェック(coincheck)が、この返金原資については自己資金より実施とのことで、驚きですが、一連の高騰劇の中でかなりの含み益があるものと推測され、こちらに関しては、流石としか言いようがありませんが、これを受けて、今後、円転する段階で、ビットコインなど他の仮想通貨が下落しないかとも余計な心配をわずかながらしています。
→こちらは、私の取り越し苦労でした。
その後のニュースで、返金分は、現預金から返金するとのニュースが出ていますので、仮想通貨相場には影響しなさそうです。
「保有する仮想通貨を売却して返金するとの見方に対しては、「私たちは仮想通貨を保有してというのはない。
それを補償にあてることはない」と否定した。
」とのことのようです。
あくまで「現預金などで返金する」ようです。
あと、金融庁からのコインチェックの管理体制を問題視し、週内にも改正資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針のようですが、刑事事件として早く犯人逮捕も望みます。
さて、今後、我々個人投資家レベルでできる防御策は、自分の資産を預けている仮想通貨取引所が万一不正アクセスされたとしても自分の資産を守ることを自己防衛の観点からも準備しておく必要があるかと思います。
コインチェック(coincheck)やbitFlyer(ビットフライヤー)といった大手取引所であっても、大量の仮想通貨を保有したままにしておくのは、危険なのかもしれません。
ネットから完全に遮断された場所に、自己の責任において管理するしかありません。
私はまだ購入していませんが、Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレットなどのハードウェアウォレットの購入を検討しています。
【Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレット】 余談ながら、ICO上場した仮想通貨QASHでお馴染みの世界最大級の仮想通貨取引所【QUOINEX】では、顧客資産の徹底した分別管理をしており、複数人による署名方式の「マルチシグ」を利用したコールドウォレットの活用により、強化なセキュリティの管理体制を構築しています。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
続きを読む »

仮想通貨ファンでなくても、昨日、コインチェック(Coincheck)で580億円分の仮想通貨が、何者かによって不正に流出された事態はご存知のことと思います。
大手仮想通貨取引所のコインチェックは2018.1.26、外部から不正なアクセスを受け、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM(ネム)」約580億円分が不正に流出したと発表しました。
原因や影響人数については調査中で、現時点では不明とのことです。
私もコインチェック(Coincheck)に口座を持ち、仮想通貨(BTCが中心)を預けていますが、現時点で、コインチェックの大半の機能が一時停止しており、全ての仮想通貨で、他口座に移動させることができません。
ただ、仮想通貨「NEM(ネム)」は保有しておらず、今のところ、直接的な被害は発生していない状況ですが、この先の動向を非常に心配しています。
それにしても、こうした仮想通貨取引所を狙ったハッキングによる仮想通貨大流出事件(不正アクセスによる不正送金)は、これまで、対岸の火事として、海外の一部の地域だけで起きているサイバー犯罪だと思っていましたが、今まさに日本国内で現実のものとして、事件は発生しており、その再発防止に向けた取組み策やセキュリティ対策については、今後、コインチェックのみならず、仮想通貨取引所全体に共通する喫緊の課題として、優先的に解決すべき事案として、金融庁もまた、今後、さらなる法整備の強化に向けた動きを加速させていくものと思われます。
本件は、日本国内で起きた事件ではあるものの、ネット上の犯罪であり、犯人が日本人だとは断定できません。
最近は、警察庁がサイバー犯罪の対策を強化していると聞きます。
早期に解決すること、そして、被害が仮想通貨「NEM(ネム)」以外の仮想通貨に拡散しないことを切に願います。
当面、事件解決に向けた原因究明と再発防止策について進捗を見守っていきたいと思います。
また、今後、事件解決に向けては、不正アクセスに対するコインチェックのセキュリティ対策の現状についても全貌が明らかになっていくものと思われます。
余談ながら、ICO上場した仮想通貨QASHでお馴染みの世界最大級の仮想通貨取引所【QUOINEX】では、顧客資産の徹底した分別管理をしており、複数人による署名方式の「マルチシグ」を利用したコールドウォレットの活用により、強化なセキュリティの管理体制を構築しています。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
いずれにしましても、今回、仮想通貨「NEM(ネム)」で直接、被害に遭われた投資家の皆様には、1日も早く、元々あった資産が口座に無事全額返還されますことを心よりお祈りいたします。
ご参考までに、2018.1.27時点でのCoincheckサービスにおける一部機能の停止については下記の通りです。
発生事象(情報出所:coincheck公式HP)1月26日 02:57頃 :事象の発生 1月26日 11:25頃 :当社にて異常を検知 1月26日 12:07頃 :NEMの入金一時停止について告知 1月26日 12:38頃 :NEMの売買一時停止について告知 1月26日 12:52頃 :NEMの出金一時停止について告知 1月26日 16:33頃 :JPYを含め、全ての取扱通貨の出金一時停止を告知 1月26日 17:23頃 :BTC以外(オルトコイン)の売買の一時停止を告知 1月26日 18:50頃 :クレカ、ペイジー、CVS入金の一時停止を告知1月27日 17:00頃〜:日本円出金、及び新規支払いの受付一時停止を告知 現時点で、再開の見込みについては未定です。
ログイン及び管理画面へのアクセスは可能です。
NEM(ネム:New Economy Movement 新しい経済の動きの略語で、国や政府などの機関に縛られない新しい経済活動を目指すことを目標としたプロジェクトで発行された仮想通貨)の時価総額は約1兆円規模のようです。
一時、30兆円を超えたビットコインには遠く及びませんが、個人投資家を中心に人気を集めていた仮想通貨でした。
この極悪非道の大事件で、仮想通貨のトラブルでは、2014年に国内の取引所「マウント・ゴックス」で465億円分が消失したのを超え、過去最大規模となりました。
1日も早く、犯人(クラッカー)が逮捕され、再発防止に向けた取り組みが強化され、仮想通貨市場が健全に発展していくことを願います。
続きを読む »

今も仮想通貨のチャンピョンといえばビットコインですが、ビットコインの「1強時代」は終焉を迎えているのではないかといった意見も出ているようですが、私はそうのようには想いません。
たとえ価格が半値になったとしても仮想通貨のチャンピョンとして君臨していくことに間違いないと確信しています。
ただ、我々投資家は、ビットコインだけに投資することは、リスク要因になりかねないことを理解する局面にきているかと思います。
個人的には、仮想通貨QASHも下落局面ではありますが、そろそろ反転しないかと買い場を模索中です。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
また、世界最大級の仮想通貨取引所【QUOINEX】では、2018年1月25日~今話題の仮想通貨XRP(リップル)を上場させました。
仮想通貨も分散投資の時代に突入してくるものと思われます。
仮想通貨XRP(リップル)も、大暴騰のあとの投げ売り場面であり、こちらも次の買い場を模索中です。

簡単に仮想通貨取引を始めたいなら、魅力満載のZaif(ザイフ:近畿財務局長 第00002号)がお薦めです。
取扱通貨は、BTC・XEM・MONA・BCHなどの仮想通貨の他に、zaif(ザイフ)トークンなどCounterparty(カウンターパーティー)トークンなど豊富にあります。
また、Zaifでは、現物取引の他、信用取引やビットコインFX、コイン積立もあります。
まず、Zaif(ザイフ)の信用取引は、レバレッジが最大7.77倍です。
レバレッジが7.77倍の場合、証拠金13万円を元手に100万円相当までの取引が可能です。
レバレッジを利用し、資金効率を高めた投資を行うことができます。
現物取引と信用取引の比較 「売り」から始められる。
現物取引は、市場価格が安いときに買い、価格が上がれば売却し利益を得ます。
一方信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められますので、 市場価格が高いときに保有していない仮想通貨を売り、安くなったときに買い戻すことで、利益を得る方法もあります。
気になる追証は不要です(口座残高以上のリスクは発生しません)! Zaifの信用取引では、証拠金の追加担保請求(いわゆる追証)を行いませんので、口座残高に預けている(JPY BTC XEM MONA)以上の負担をすることはありません。
相場の急変等で決済時に預り金以上の損失が発生する可能性があるときも、追証のないサービスを提供しているので、口座残高の範囲内で安心して取引できます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
また、信用取引のみならず、Zaif(ザイフ)には、ビットコインFXのAirFXというサービスも展開しています。
ZaifのAirFXとは? 現物取引に近い価格感で取引できるAirFXです。
追証ガードイメージEPSにより追証が不要で証拠金以上のマイナスを防止しています。
ビットコインAirFXは、実際には現物取引ではありませんが、あたかも現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられました。
1.AirFXには期限と期限到来による決済がありません。
(無期限)2.先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。
【ZaifのBTC/JPYチャート】 AirFX取引のレバレッジは最大25倍です。
AirFX取引ではレバレッジを最大25倍まで設定することが可能となり、これまでよりもさらに資金効率を高めた投資を行うことができます。
しかし、当然その分シビアな価格変動でロスカットにかかるリスクも高まります。
特にスプレッドが大きい場合や、相場が乱高下している際に、高いレバレッジで取引されると非常に短時間で大きな利益を期待できる反面、すぐにロスカットされ思わぬ損失を被る危険がありますので、取引の際は資金管理がに十分ご注意ください。
レバレッジ25倍の場合:約定金額は、1BTC=1,800,000円とすれば、取引数量が0.1BTCなら証拠金率4%なので必要証拠金は7,200円でOK! 必要証拠金は市場取引の状況により変動し、注文量とレバレッジに応じた金額が必要となります。
また、注文時に日本円残高が不足しておりBTC、XEM、MONAの残高が充分ある場合、レートに応じて自動的にBTC、XEM、MONAを証拠金として充当されます。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
更に、Zaif(ザイフ)では、低リスクでビットコインを増やす方法として『Zaifコイン積立』のサービスも提供しています。
Zaifのコイン積立とは...「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」、「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。
Zaifコイン積立では、銀行口座から毎月固定額を自動引き落としで、希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落としし、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。
この買付は、ドル・コスト平均法で暗号通貨を買っていきます。
そのメリットとは! Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することにより、しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。
ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。
積立金額は毎月最低1,000円からです。
現在、Zaifでは総額1億円キャンペーンを実施中で出来高が増えるほど、投資家の報酬額が増えるキャンペーンを毎日開催しています! 報酬総額は1億円です!集計は毎日行い、その日取引高が多かった人上位50名に報酬を支払います。
毎日の報酬額は、その日の取引所の総出来高に比例してアップします!各通貨ペア毎に出来高を計算し、出来高に応じてその日の報酬額を決定します。
本キャンペーンは総報酬金額が1億円に達し次第終了予定です。
上位者から高い割合で配当金を獲得します!ランクイン50名の内、上位者から高い割合で報酬を獲得出来ます。
また、報酬額は割合で決定するため、全体の出来高が上がればランクイン50名全員の報酬金額がアップします。
Zaifのボーナス制度(取引手数料マイナスボーナス)が、2017年10月13日より、maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01% に変更になりました。
マイナス手数料なので、取引すればするほど資産が増えることになります。
勿論、高機能のスマホ取引ツールも完備しています。
Zaifの公式アプリ「Zaif」の特長は…•ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。
•ビットコインとトークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。
•HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、安心して利用することができます。

FX専業会社のFXトレード・フィナンシャル(FXTF)のグループ会社として、ビットコインなど仮想通貨取引専業の「ビットトレード:BitTrade」が登場しました。
ビットトレードは、金融のプロフェッショナルが運営する仮想通貨交換業者で、勿論、金融庁・財務局に登録されています(登録番号:関東財務局長 第00007号)。
参考:親会社のFXトレード・フィナンシャル(FXTF)は、2008年創業のFX専業会社で、MT4・バイトレ・らくらくFX・システムトレード・オプション取引とあらゆるニーズに対応したオールラウンド型のFXサービスを提供している会社です。
ビットトレード(BitTrade)が選ばれる理由とは! ・ビットコインはコールドウォレットでビットコインを安全に管理! 世界最高水準の堅固なシステムで安心して取引できます!・豊富な仮想通貨銘柄を最先端の取引ツールで取引できます! 堅牢なセキュリティと多彩なテクニカルが魅力!・スマホにも完全対応しています! スマホユーザーにも使いやすいウェブインターフェースを採用!・そして、多種多様な仮想通貨取引ができます ※ビットコインはもちろん、ライトコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、国内で取り扱いの少ないリップル、モナーコイン(モナコイン)といった、様々な仮想通貨で取引できます。
めんどうな手続きは不要で、ビットコイン投資を今すぐ始められます! ビットトレードのスタートガイドは「bittrade.pdfをダウンロード 」できます!これは必見です!初心者の方もこれを見れば、ビットコイン投資の方法が詳細に分かります。
1.口座開設メールアドレスだけで簡単登録。
1分で口座が開設できます。
2.入金平日15時までなら当日中に反映されます。
また、ビットコインなら24時間365日、土日も入金できます。
3.取引開始入金が完了したら、いよいよ取引開始。
ビットトレードなら24時間365日、好きなときにトレードできます(0.0001ビットコインから購入可)。
4.取引仮想通貨の種類ビットコイン、リップル、ライトコイン、モナーコイン、ビットコインキャッシュ 仮想通貨の取引がはじめての方へ ビットコインの価格を見ると「高くて買えない!」と感じる方が多いと思いますが、それは、「1ビットコインの価格」です。
実際の取引では、「0.0001ビットコイン」から購入できるので、500円もあれば取引を始められます。
ビットトレード(BitTrade)は、長年培った金融事業のノウハウを活かした金融のプロフェッショナル(FX専業会社:FXTF)が運営する安心・安全な仮想通貨取引所として注目を集めています。
めんどうな手続きは不要で、ビットコイン投資を今すぐ始められます! ビットコインは2008年にナカモトサトシ名義で発表された論文に基づき2009年1月3日から運用がスタートした仮想通貨です。
ビットコインの取引単位はBTCと表記され、ドルや円などの法定通貨とも交換することができます。
仮想通貨には、ビットコインのほかに、イーサリアムやリップルなどそれぞれ特徴のある通貨が存在します。
参考:話題のコイン ripple リップルは、リップルコイン(XRP)という仮想通貨のことを指すことが多いですが、本来はリップル社が開発した「金融商品の送金・決済システム」のことを指します。
ビットコインの送金時間やマイニング のハードルなどの欠点を補った仮想通貨として注目されています。
MONACOIN モナコインは、日本発の仮想通貨で、ライトコインをベースに開発され、世界ではじめてSegWitを実装したコインです。
日本のコミュニティで多くのサービスが立ち上がり、実際にウェブ通販等の決済に利用され始めている仮想通貨です。
さて、ビットトレード(BitTrade)では、スマホ専用のTrade Toolも最先端の取引ツールを使用しています。
白を基調とした安心・安全にこだわった取引ツールです。
買いは緑、売りは赤とわかりやすいUI(ユーザーインターフェイス)により、初心者でも迷わず利用することができます。
ビットトレード(BitTrade)は堅牢なセキュリティを完備! Invisible reCAPTCHA=Googleが提供するスパム・ボット防止認証システム「Invisible reCAPTCHA」を導入しています。
最新版は自動でセキュリティ認証が行われるので、読みにくい変形文字の判読による認証がなくなり、安心・安全、スピーディに取引できます。
マルチシグ=ビットトレードでは、仮想通貨の管理に際してマルチシグ(複数人署名)によるホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築しています。
マルチシグとは、仮想通貨の送信に複数人の承認が必要な仕組みです。
安全のためにビットトレードのすべてのウォレットで採用しています。
ビットトレードはFX取引システムを提供しているFXトレード・フィナンシャル(FXTF)の関連会社です。
ビットトレードはFXの取引所運営に関するノウハウやテクノロジーが活かされているため、安心安全でトラブルのない取引所といえます。
参考:話題のコイン・ユーザーの声 20代女性・会社員・投資歴 9年 最初は5,000円からはじめました。
はじめて良かったです。
0.001ビットコインでも買えることを知って最初は5,000円からはじめてみました。
じわじわお小遣いが増えていく感覚が楽しくて今では毎日スマホでチェックしています。
BitTradeは全てのコインで板注文ができるので、常に見ていなくても買いたい値段や売りたい値段で予め注文予約できるところが気に入っています。
30代男性・会社員・投資歴 半年 ゲーマーから投資家に転身。
友達の誘いで仮想通貨をはじめました。
通勤電車ではいつもひたすらゲームをしていましたが、今では仮想通貨の取引をしています。
最初はビットコインだけでしたが、今ではリップル、モナーコイン等も買っています。
保有している全コインの資産状況をスマホで一目で見れるので、仕事の合間にもさっと確認できます。
50代 男性・会社員・投資歴 30年 過去にない新しい商品というところが興味深いです。
以前より株式、商品先物、外国為替などひととおりの投資経験がありました。
が、いままで経験した商品とは全くちがう激しい値動きが面白いうえ、取引システムもシンプルで操作に心配がなく、毎日目が離せません。
この会社は手数料も低めで取り扱い通貨も多いので、毎日どれかで取引チャンスがあります。
次世代にはこれが世界中に流通する通貨かもしれないと、夢もある商品ですよね。
めんどうな手続きは不要で、ビットコイン投資を今すぐ始められます!

再び、ビットコイン相場は下降トレンドに入っています。
レバレッジ投資でロングポジション保有中なら気を失いそうですが、現物ホルダーなら、じっと我慢の子で、嵐が過ぎるのをひたすら待つしかありません。
私たちは、上がり続ける相場も、下がり続ける相場もないことを知っています。
だから、この下落局面でも万事休すとは思いません。
ただ、想定外の暴落といえば、リップルとモナーコインは激しすぎたと思いますが、ビットコインの下落としては想定内です。
そして、大注目のQASHも150円まで下落していますが、絶好の買い場かもしれません。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
また、2017年12月にICO上場したCOMSAのCMS:ETH/JYPも再び160円台まで下落しており、絶好の買場と捉える投資家も少なくないはずです。
一方、韓国の金融規制当局は1月23日、仮想通貨取引に無記名の銀行口座を使うことを1月30日から禁止すると発表しました。
マネーロンダリング(資金洗浄)などの犯罪に仮想通貨が使われるのを防ぐことが目的であり、仮想通貨取引の全面禁止ではないため、相場への影響は限定的かと思います。
韓国のビットコインなど仮想通貨の取引規模は、日本と米国に次いで世界第3位のようです。
今回の決定で、ビットコインの100万円割れはないと期待したいです。

週明けのビットコイン相場は、140万円手前で推移していますが、2017年9月に中国が国内の取引所を閉鎖した際に、ビットコインが大暴落し、一時は50%まで下落しましたが、その後は、2017年12月に220万円まで、約8倍に跳ね上がったことから、1月16日の大暴落に対して、今回も昨年と同様の動きになると予想する投資家もいます。
勿論、そうなってほしいですし、過去の最高値を更新することを期待します。
また、仮想通貨投資も分散取引が重要だと思います。
QASH(キャッシュ・トークン)も180円台まで下がっていますが、騰落率はまだ穏やかです。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
一方、リップルとモナーコインはビットコイン以上に激しくフリーホールしています。
勇気ある投資家は絶好の買い場と捉えるのでしょうか。
仮想通貨のジョージ・ソロスが登場することを期待します。
さて、2017年に入り、新たな投資クラスとして仮想通貨が密かに注目を集めています。
仮想通貨アルトコイン取引のbitbankでは、ビットコインの他、今話題のリップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)や、今大注目のモナーコイン(MONA)など豊富な仮想通貨取引が可能です。
アルトコインは、後発の強みを活かし、市場シェアを急速に伸ばしています。
bitbank.cc(関東財務局長第00004号)なら、アルトコインのトレードが自由自在です。
1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。
24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスを体験できます。
また、bitbank.ccでは、BTC/JPYペアのメイカーにおいてマイナス手数料を実施中で、メイカーで取引すればするほど資産が増えることになります。
bitbankでレバレッジ最大20倍のビットコインFXするならこちら! bitbank.ccでは業界最安値を実現!ビットコインも、アルトコインも、bitbankではオーダーブック(取引板)方式で売買するから価格の透明性が段違いです。
常に最適なレートで、隠れたコストもありません。
いつでも、どこでも、快適に仮想通貨の売買を行うことができます。
bitbank.ccでは高い流動性を確保!bitbankなら、国内最大級のアルトコイの流動性にアクセスが可能です。
新たな資産クラスとして注目されている仮想通貨アルトコインを、安心して取引できます。
もちろん、API取引にも対応しています。
bitbank.ccでは強固なセキュリティを完備!マルチシグとコールドウォレットによる最先端のセキュリティで、投資家の仮想通貨は安全に守られています。
また、投資家のアカウントもメール、スマホ認証によるマルチファクター認証で保護されます。
bitbank.ccでは板で売買するから高い透明性!bitbankの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高い取引が可能です。
マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然で、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。
スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。
bitbankでレバレッジ最大20倍のビットコインFXするならこちら! ビットコイン(BTC) ビットコインは、銀行券や企業のポイントと異なり、発行・流通・決済を受け持つ管理者がおらず、すべてがプログラムコードに従って動く世界で初めてのP2P電子キャッシュシステムです。
2016年時点で1,000万人を超えるユーザーがビットコインを利用していると言われています。
ビットコインに特定の運営者はいませんが、ビットコイン上でやり取りされる通貨「BTC」を台帳に書き込む役割を担うマイナーや、公開されているオープンソースのコードを保守するコア開発者チーム、ビットコインを使ってユーザー向けのサービスを運営する事業者など、ビットコインは世界中の起業家やエンジニアによって分散的に運営されています。
ライトコイン(LTC) ライトコインは、金に対する銀のように、ビットコインのサブアセットとして使われることを想定して2011年に作られた仮想通貨です。
ビットコインと同様にプルーフオブワークが採用されていますが、そのアルゴリズムにはScryptが用いられています。
総発行量はビットコインの4倍で8400万LTC、承認はおよそ2.5分間隔で行われるようにディフィカルティの調整が行われます。
また、ライトコインはライトニングネットワークの前提となるSegregated Witness(SegWit)が有効化され、メジャーな仮想通貨としては初の有効化となり、世界中から注目を集めています。
リップル(XRP) リップルは、グローバル決済ソリューションとして開発された仮想通貨です。
厳密には、サンフランシスコに本拠を置くRipple, Inc.が開発するリップルの決済ネットワーク上において、ブリッジ通貨として利用される仮想通貨をXRPと呼びます。
リップルでは、ビットコインのようなプルーフオブワーク(Proof of Work)を使用したブロックチェーンを用いず、リップル社が独自開発するコンセンサス・レジャー(Ripple Consensus Ledger)を使用しています。
これにより、高速なトランザクションを実現しています。
XRPの発行上限は1000億XRPであり、最小単位は0.000001(100万分の1)XRPとされています。
イーサリアム(ETH) イーサリアムは、当時19歳だった天才プログラマーVitalik Buterinにより提唱され、今日まで開発が進められているブロックチェーンプロジェクトです。
イーサリアムのベースは、Nick Szaboが1994年に発表したアイデア「Smart Contracts」(スマートコントラクト)をブロックチェーンに取り入れるというものです。
中央集権的なシステムでなく、完全に分権したシステムの上でスマートコントラクトを動かすことができれば、あらゆる契約や商取引、約束、公証サービスを世界中の個人がハードルなしで利用できるようになるとされています。
現在、イーサリアムではEthashアルゴリズムによるプルーフオブワークで稼働していますが、将来的にCasperアルゴリズムを使用したプルーフオブステイクに移行される可能性があります。
bitbankでレバレッジ最大20倍のビットコインFXするならこちら!