2018年4月の18件の記事

個人的に大注目している仮想通貨QASH(キャッシュ)は、ボラタイルな動きを見せながらも、再び、100円手前まで急騰を見せています。
この時間1QASH=95円前後で推移しています。
1QASH=27円で購入していますので、3倍超の水準です。
まだまだ、こんなものでは満足できません。

夏までに、先ず200円を達成してほしいです。
【QUOINEX(コインエクスチェンジ)仮想通貨QASH(キャッシュ)】 日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

今尚、仮想通貨の乱高下が続いています。
ビットコインを基軸に2017年12月末には、一時1BTC=230万円を突破するシーンもありましが、その後は大暴落となり、年が明けた2018年1月には、仮想通貨取引所のコインチェック(現:マネックスG)から、日本円換算で600億円超の仮想通貨NEM(ネム)が、何者かによってハッキングされ、外部流出したというあの歴史的大事件が起きた後は、もう最悪の展開でした。
仮想通貨市場は、一気に仮想通貨に対する信認性を失い、一時は1BTC=60万円台まで大暴落して見せました。
丁度、今から1年前の2017年4月に、仮想通貨を決済手段として認める改正資金決済法(所謂、仮想通貨法)が施行されたのは、記憶に新しいのですが、その頃の1BTC価格は12万円程度でした。
そこからビットコインの大進撃は始まったのですが、その後の約8ヶ月で20倍近く暴騰しました。
2017年12月、米国でビットコインが先物市場へ上場したことも、ビットコイン相場の急騰を後押ししました。
しかし、その後、たった2ヶ月で約7割も急落してしまい、その後は、一旦大きく反発し120万円を超える場面もありましたが、海外でのICO禁止など、仮想通貨に対する規制が強化される中で、再び大きく反落し始めました。
更に、面子を潰された格好となった金融庁が、世間を騒がしたコインチェックを手始めに、国内の仮想通貨取引所への立ち入り検査を開始し、その後、行政処分で複数の仮想通貨交換所が撤退に追い込まれたことも重石となり、それが、投資家心理に大いに影響し、70万円台まで再下降しました。
そういえばあの頃は、日経新聞にビットコインの(悪い)記事が毎日のように出ていたことを思い出します。
ただ、やがて、仮想通貨市場も次第に落ち着きを取り戻し、再び買い戻されており、2018年4月下旬、足下では、1BTC=100万円前後で推移しています。
ビットコインのいちホルダーという立場からは、まずは一安心しています。
ビットコインだけに限らず、今後も仮想通貨は大きな価格変動を繰り返すことが想定され、ボラタイルな値動きを好む投資家にとっては、非常に魅力的な市場を形成していると言えます。
2018年4月時点で、仮想通貨の種類は1,500を超えており、今尚、増え続けていると言われています。
まさに、通貨というよりも資産としての性質が強いものになっています。
その内、ビットコインFX取引のレバレッジ規制も入ってくる可能性もありますが、現在の金融庁登録の仮想通貨取引所は、かつての法定通貨FXでレバレッジ規制(500倍超もあった)が入り、その後は、参加者が激減し、FX業者の収益が大幅に激減したといった教訓から、同じ鉄は踏まないと思われます。
レバレッジ競争も今は最大でも25倍までと各社、大人の対応をしています。
まさに、金融当局の顔色を見ながらの対応に徹しています。
一方、金融庁も2017年4月に施行した改正資金決済法で仮想通貨を決済手段として認めたことが、当局によるお墨付きを得たと、投資家に解釈されて仮想通貨価格高騰の一因となったことは、誤算だったかもしれません。
その後は、抜き差しならぬ相場展開になりましたからね。
早くも、2018年も4月が終わろうとしていますが、この世界的な仮想通貨普及の動きは誰にも止めることは出来ず、今後は、もっともっと、仮想通貨の市場が、世界的規模で拡大・発展し、法整備された中で健全に良い方向に進んでいくのではないかと思います。
仮想通貨ファン一人として仮想通貨の健全な発展を切に期待します! さて、個人的に大注目している仮想通貨QASH(キャッシュ)は、ボラタイルな動きを見せています。
今週は、100円近くまで急騰し、その後は、一部利益確定の動きもあったのでしょう。
この時間1QASH=80円前後で推移しています。
1QASH=27円で購入していますので、約3倍の水準です。
まだまだ、こんなものでは満足できません。

夏までに3桁を達成してほしいです。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

ビットコインは波に乗れませんね。
やっと、100万円超えたかと思えば、それもつかの間の幸せでした。
早くも90万円台に急落しています。
やはり、ビットコインの再浮上は、一筋縄ではいきませんね。
ドル円も円安が一服していますが、米国のレパトリ減税(米ドルの本国還流)や、密かに世間を騒がしている武田製薬の6兆円規模の外国企業の買収劇など、円高にはなりにくいファンダメンタルズがあります。
株式は、裏目続きでさっぱりだめですが、為替取引では、104円台のポジションを持っています。
今後が楽しみです。
110円超えを期待しています。
仮想通貨でも、こうした追い風となるファンダメンタルズがあればいいですが、今はなさそうです。
当面、上げたところでは、ビットコインFXでショートが最高のシナリオでしょうか。
仮想通貨市場に休場はありません。
週末も頑張りましょう。
さて、仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー:関東財務局長 第00003号)は、2014年の創業以来大きく成長し、今や国内最大のブロックチェーン企業として、その地位を揺るぎないものにしています。
ビットコイン取引をするなら、ビットフライヤーの取引ツール「bitFlyer Lightning」は文句無しの完成度で、同業他社との差別的優位性は「火を見るより明らか」です。
個人的な感想ですが、一度使えば、その良さが分かり、使わずにはいられなくなるでしょう! ご参考までに、過去1か月間ですが、実際に私が毎日、bitFlyer Lightning FXでFXトレードした全記録はこちらです。
1日単位で負けたことは一度も無く、常勝トレーダーになった気分を味わいました!注)31日分の記事にリンクしており、ページ移行に少々時間がかかります。
トレード手法に興味のある方のみお読みください(攻略法もあり!)。
安心と取引ツールで選ぶなら、bitFlyer(ビットフライヤー)がお薦めです bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント開設はメールアドレスだけ!たくさん使いたい方は、個人情報を登録して使える機能を増やしましょう 最も信頼のできる日本最大の仮想通貨取引所! bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本最大(取引量・ユーザー数・資本金)のビットコイン・ブロックチェーン企業です。
とことんまで追求された充実の取引ツールはプロユーザーも満足できる取引所です。
抜群の操作性を誇る取引ツール「bitFlyer Lightning」は他を圧倒! 独自の取引ツール「bitFlyer Lightning」は、完全ユーザー目線での作り込みです。
かつてないほど高速な取引スピードで、シンプルに洗練されたユーザーインターフェイスです。
指値注文で、FX会社にありがちな「滑り」は一切ありません。
また、「ロスカット狩り」的な動きも一切見られません。
ビットコインFXと先物の最大レバレッジは15倍! 堅実な現物取引から、一定の金額を担保として預け入れることで、預入金額の最大15倍までの幅広い取引ができます。
「bitFlyer Lightning FX」と「bitFlyer Lightning Futures(先物)」取引でより資金効率の良い投資を実現します。
ビットコインを証拠金にビットコインFXが可能! ビットコインFX(Lightning FX)は、日本円のみならずビットコインも証拠金に預入れできるようになりました。
これにより、銀行口座から態々入金しなくても、手持ちのビットコインだけでFX取引ができます。
また、相場下落局面でも現物を保有したままFXにてヘッジ取引が可能です。
売買手数料無料キャンペーンを創業以来継続中! 「ビットコイン販売所」と「Lightning FX/Futures」における売買手数料は無料キャンペーンを継続中です。
売買手数料がかからないので、手数料を気にすることなく取引できます。
透明性のある事業運営と強固なシステムを完備! bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本で唯一、監査法人による外部監査を実施しています。
また、過去、他社がサーバーダウンした場面でも、安定稼働していた信頼性の高いトレードシステムです(ゴールドマン・サックスの元トレーダーが作った取引所システム)。
タイムリーなビットコイン送受金を実現! ビットコインの送金は出金指示後、即座に出金(送金)処理が実行されます。
通常は10分~30分で送金が完了します(bitWireなら1秒送金)。
預入金も相手側からの送金が完了すればタイムリーに着金されます。
顧客資産(ビットコイン)の安全保管と補償体制の充実! 最高のセキュリティで入出金は全てオペレーターが確認し、コールドウォレットで保管しています。
また、ビットコイン保管中のリスクを補償するため、損害保険を国内大手損害保険会社と契約しています。
bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント開設はメールアドレスだけ!たくさん使いたい方は、個人情報を登録して使える機能を増やしましょう Lightning FXをするにはアカウントクラスをトレードクラスまでアップグレードしましょう。
アップグレードするには、個人情報の登録が必要ですが、簡単にできます。
更に、ログイン&チャットボーナスキャンペーンを実施中で、毎日のログインで500Satoshi、チャットへの書き込みで500Satoshiをプレゼント中です。
ログイン&チャットボーナスキャンペーンの期間が2016年8月8日~2018年5月25日迄期間延長されました!

ビットコインの100万円超えは、こんなに早く訪れないと思っていましたが、うれしい展開です。
ずっとホールドしている私の仮想通貨ビットコインの残高が今日一日でかなり上昇しました。
喜ばしいかぎりです。
ただ、このまま更に一本調子にどんどん上昇るとは思えないのですが、そんな声が多くなると、相場とは、えてして大勢の予想を裏切るものです。
もしかするとGW中に120万円の達成もあるかもしれません。
トレンドが出てきたことは間違いないでしょう。
ドル円も円安トレンドに入っており、今にも109円を突き抜けそうな相場展開です。
株式も、あの大暴落銘柄も今日は少し、少しだけ、戻しています。
まるで明日下げるための助走のようです。
仮想通貨のビットコインも、またいつ何時下がらんとも限りません。
ビットコインFXするならこちらです!手持ちのビットコインをFXの証拠金に利用できるサービスがいいです! 一方、個人的に大注目している仮想通貨QASH(キャッシュ)は遂に90円を突破しました。
先週から、上昇トレンドを見せています。
この時間1QASH=90円前後で推移しています。
1QASH=27円で購入していますので、完全に3倍を超えた水準です。
まだまだ、こんなものでは満足できません。
いよいよ動き出した感があります。
まだまだ、スタートラインと思っています。
まずは、3桁を達成してほしいです。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

仮想通貨QSAHに上げ潮が来そうな予感がしています。
ドル円も長らく停滞していましたが、ようやく円安トレンドに蛇を切りました。
ドル円は104円台のポジション持っています。
長らく、107円水準で一進一退の防戦がありましたが、これは、GWに向けて110円もありうる足形に成りつつあります。
仮想通貨ビットコインも、とりあえず上がりそうですが、100万円突破は期待しない方がいいでしょう。
一筋縄ではいかないと思います。
揉み揉みしながらの展開になるかと思います。
一方、株価は良くない展開が続いています。
特に、楽天は年初来安値をまっしぐらに突き進んでいます。
携帯事業への参入が投資家の嫌気を誘っているのでしょう。
マリアン海峡の海中深くを潜る潜水艦になっています。
浮上はいつのことやらです。
さて、仮想通貨QASH(キャッシュ)が先週から、上昇トレンドを見せています。
この時間1QASH=85円前後で推移しています。
1QASH=27円で購入していますので、3倍を超えた水準です。
まだまだ、こんなものでは満足できません。
いよいよ動き出した感があります。
まだまだ、スタートラインと思っています。
まずは、3桁を達成してほしいです。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

数ヶ月前まで、当ブログに「仮想通貨バブルは崩壊した」したと書けば、一部の読者さまから、まだバブルは弾けていないと書き込みもありましたが、それから2ヶ月たった今、仮想通貨(ビットコイン)が再上昇してほしいといった願望は勿論ありますが、仮想通貨バブルが崩壊した言っても、それを否定する投資家はもう誰もいないでしょう。
仮想通貨市場は、2018年1月下旬、コインチェックの「仮想通貨NEM(ネム)」の不正大流出事件をきっかけに金融庁の規制が強化され、仮想通貨バブルが崩壊した後も価格は乱高下し、その下降トレンドに更に追い打ちをかけました。
具体的には、皆様ご承知の通りですが、仮想通貨の代表格であるビットコインは、昨年末(2017年12月)、一時、1BTC=230万円の過去高値を記録しましたが、その後に大暴落しました。
これが、バブル崩壊の入り口でした。
それに追い打ちをかけたのが、2018年1月下旬の仮想通貨史上に残る大事件となった仮想通貨取引所「コインチェック」から仮想通貨NEM(ネム)の600億円を超える巨額の不正流出事件が起きた後は、もう惨め、哀れなものです。
まさに、ローリングストーン、転がる石の如く、一時は65万円台まで、再び大暴落しました。
ああ、懐かしく思うのは、2017年4月に、仮想通貨を決済手段として認める改正資金決済法(所謂、仮想通貨法)が施行された頃の価格は1BTC=12万円程度でした。
この間、ビットコインは約8ヶ月で20倍近くまで爆騰しました。
その一方で、2018年に入り、僅か2ヶ月で7割も大暴落しました。
チャートを見れば、一旦は反発し、120万円を超える上昇シーンもありましたが、その後は、戻り高値をショートで叩かれ、70万円台付近まで暴落し、足下は、1BTC=90万円前後で推移しています。
今後も投資家・利用者保護やマネロン(資金洗浄)防止などの視点から国際的な規制が強化(再整備)されるとが予想されることから、当分の間、仮想通貨の乱高下は続くものと思われます。
ただその一方で、仮想通貨(暗号通貨)自体の技術は、画期的な革新であり、今後、各種仮想通貨による法整備が強化されていく中で、本来あるべき姿として普及が拡大していくものと思います。
その時がくれば、仮想通貨市場は再び活況を見せ、価格自体も隆盛を極めるものと思います。
果報は寝て待ての精神で、期待したいと思います。
さて、仮想通貨QASH(キャッシュ)が先週から、上昇トレンドを見せています。
週末は、一旦調整売りが入っているのでようか。
少し値を下げ、この時間1QASH=80円前後で推移しています。
1QASH=27円で購入していますので、丁度、3倍高の水準です。
まだまだ、こんなものでは満足できません。
いよいよ動き出した感があります。
まだまだ、スタートラインと思っています。
まずは、3桁を達成してほしいです。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

遂に急騰トレンド発生の入り口でしょうか。
仮想通貨QASH(キャッシュ)が今週に入り上昇を始め、飛ぶ鳥落とす勢いです! この時間、1QASH=80円突破です。
まもなく買値の4倍が見えてきました。
今週初めは3倍弱でうろちょろしてましたが、いよいよ動き出した感があります。
まだまだ、スタートラインと思っています。
まずは、3桁を達成してほしいです。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁関東財務局長第00002号登録の仮想通貨交換事業者です。

仮想通貨キャッシュ(QASH)がようやく70円を突破してきました。
買値は27円です。
まだまだこれからです。
やっと3倍です。
目標はイーサリアムのように1,300倍超です。
握力続くかぎりホールドします。
日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
一方、仮想通貨ビットコインは、また方向感無く推移しています。
大暴落するよりはましですが、これでは、ビットコインFXで入ってもやりにくいですね。
上でも下でもいいので方向性を出してほしいです。
一方、ドル円も107円のミドルから上がりません。
何かきっかけがあれば、一気に上抜けすると思うのですが、重い展開です。
日経株も僅かに上げてクローズしていますが、私が保有する銘柄は相変わらず下げています。
投資の儲けは我慢料と言い聞かせています。
それでは皆様、頑張りましょう! さて、日本初のBTCFX!レバレッジ20倍・追証なし・分析に使える多機能チャート・証拠BTC取引が出来るビットバンクに注目が集まっています。
日本最大の取引量、仮想通貨・ビットコイン先物取引ならビットバンクのビットバックトレード(bitbankTRADE)です(関東財務局長第00004号)! 《ビットバンクトレードの特長》 1. ビットコイン先物取引はレバレッジ20倍 2. 土日祝祭日もほぼ24時間365日取引可 3. 業界初!追証なし、少額取引約1,500円〜 4. 最短2分!メルアド・電話番号登録 5. ビットバンクトレードはスマホにも対応 6. 先物だからロングもショートも自由自在 ビットバンクトレードの口座開設は無料。
最短15分で取引開始 STEP 1 登録 メルアドの認証とスマホのSMS認証の2ステップで簡単に登録。
STEP 2 入金 ビットコイン入金や5万円までの銀行振込入金なら本人確認は不要。
 ビットコイン入金なら24時間365日、最短10分でご自身の口座に反映。
STEP 3 取引 ビットコインをお持ちでない方は、まず現物取引からビットコインを購入。
 ビットコインを既にお持ちの方は、口座振替の後、直ぐにBTCFXを開始。
thunderどうやったら利益がでる? 仮想通貨・ビットコイントレードと聞くと難しく感じるが、現物株式やFXとの違いは殆ど無し(詳細はこちら)。
一年中、土日にも取引可能! ビットコインだから、一年中いつでもどこでも市場が開場。
土日はもちろん、大晦日も正月も休まず稼働。
追証なしを実現! CGF(キャピタルゲインフィー)制度を導入したことで、追証なしを実現。
ご自身の資産がマイナスにはならない。
機能的なチャート! プロのトレーダーの利用に耐えうる機能的なチャートを完備。
15種以上のテクニカル指標でサポート。
ビットバンクトレードの口座開設は無料。
最短15分で取引開始 24時間365日、土日にもトレードを楽しむ! ビットコインは、トレーダーの切なる願いを叶える!入金も、出金も、トレードも、24時間365日、いつでもどこでも可能。
このことが意味するのは、一年を通してのトレード時間が、FXの1.5倍(365営業日÷250営業日)ほどあるということ。
もちろん、ビットバンクトレードはスマホにも対応(入出金はビットコインで行った場合のみ、最短15分で反映)。
先物だから、売りからも入れる! ビットバンクトレードは、国内で唯一ビットコインの先物取引「BTCFX™」を提供。
普通の先物と違う点は、ビットコインを原資産に、ビットコインで差額を受け取れること。
期限は今週・来週・四半期の3種類で、ロングもショートも自由自在なので、先物だからといって難しくない。
期近の商品は期限に注意する必要があるが、四半期なら最大で3ヶ月ポジションを持ち続けることが出来る。
CGF制度で追証なしを実現! 株の信用取引でも、外国為替証拠金取引でも追証があるのがこれまでのスタンダード。
ビットバンクトレードでは、ご自身の勝ち分から0.1%のキャピタルゲイン手数料(CGF)を徴収することで、流動性の枯渇や不足の事態に対処し追証をなくすことに成功。
これは、トレーダーにとって不測の事態への備えであり、他の金融取引にはないビットバンクトレードだけの特長。
チャート分析に充分使える機能的なチャート! チャート機能は、トレーディングの要。
ビットコインだからといって「見れればいい」だけのチャートではなく、プロのトレードに耐えうる機能的なチャートが無償で提供。
移動平均線やボリンジャーバンドはもちろんのこと、一目均衡表やMACD、RSI、フィボナッチ・リトレースメントなど豊富なインジケーターを完備。
ユーザーの声 ビットバンクトレードを選んだポイントや感想 T.Hさん (38歳) 選んだポイント 下げ相場時のショートヘッジができる取引所、という事でbitbankTRADEを使い始めた。
顧客コインの分別管理やセキュリティ面の対策が良いとも聞く。
使ってみて良い点だと思ったのは、取引のインターフェイスが軽くて使いやすく、スマホ対応もしているところ。
OK COINとのシステム連携で板も厚いので、「買いたい時に変えない」・「売りたい時に売れない」という事が無いのが良い。
他の取引所だと板が薄くて困ることが多かったので。
感想 ビットコイン相場は材料よりもチャートに沿って動くことが多いので、ある程度トレード慣れした人にはやりやすいと思う。
ログイン後のお知らせ覧で読めるBTCNでお馴染み・独眼流の手口情報とコメントも、エントリーポイントの参考になる。
ビットコインは下げ相場はトコトン下げ、上げ相場はトコトン上げることが多いので、トレンドへの逆張りは禁物なので注意。
K.Iさん (37歳) 選んだポイント 他社にはない先物の取引が魅力。
差金決済ができるので資金効率よく運用できる。
感想 さらに多様な商品が増えるとうれしい。
ビットバンクトレードとは 日本に存在する取引所は、ビットコインの利用者が少ないこともあり、流動性(取引高)が少なく、「買いたい時買えない」・「売りたい時に売れない」・「まとまった量の売買ができない」・「価格が不透明」などの課題や、先物などのデリバティブ商品取引も限定的なことから、価格下落時のヘッジ取引なども行いにくい、というのが現状。
ビットバンクトレードは、当社がお客様と世界最大のビットコイン取引所を運営するOKCoinとの間を取り次ぐことにより、世界最大規模の取引流動性の提供と、国内初のビットコインに係る証拠BTC取引を可能にした、ビットコインのトレードを本格的に行いたい方向けのサービス。
セキュリティに関しても、資産の安全性を最大限考慮し、考えうる最高の対策を実施中! ビットバンクトレードの口座開設は無料。
最短15分で取引開始 ビットバンクトレードの「リスクの理解」をお読みいただき、商品内容・リスク等をご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断にて取引されますように!

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー:関東財務局長 第00003号)は、2014年の創業以来大きく成長し、今や国内最大のブロックチェーン企業として、その地位を揺るぎないものにしています。
ビットコイン取引をするなら、ビットフライヤーの取引ツール「bitFlyer Lightning」は文句無しの完成度で、同業他社との差別的優位性は「火を見るより明らか」です。
個人的な感想ですが、一度使えば、その良さが分かり、使わずにはいられなくなるでしょう! ご参考までに、過去1か月間ですが、実際に私が毎日、bitFlyer Lightning FXでFXトレードした全記録はこちらです。
1日単位で負けたことは一度も無く、常勝トレーダーになった気分を味わいました!注)31日分の記事にリンクしており、ページ移行に少々時間がかかります。
トレード手法に興味のある方のみお読みください(攻略法もあり!)。
安心と取引ツールで選ぶなら、bitFlyer(ビットフライヤー)がお薦めです bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント開設はメールアドレスだけ!たくさん使いたい方は、個人情報を登録して使える機能を増やしましょう 最も信頼のできる日本最大の仮想通貨取引所! bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本最大(取引量・ユーザー数・資本金)のビットコイン・ブロックチェーン企業です。
とことんまで追求された充実の取引ツールはプロユーザーも満足できる取引所です。
抜群の操作性を誇る取引ツール「bitFlyer Lightning」は他を圧倒! 独自の取引ツール「bitFlyer Lightning」は、完全ユーザー目線での作り込みです。
かつてないほど高速な取引スピードで、シンプルに洗練されたユーザーインターフェイスです。
指値注文で、FX会社にありがちな「滑り」は一切ありません。
また、「ロスカット狩り」的な動きも一切見られません。
ビットコインFXと先物の最大レバレッジは15倍! 堅実な現物取引から、一定の金額を担保として預け入れることで、預入金額の最大15倍までの幅広い取引ができます。
「bitFlyer Lightning FX」と「bitFlyer Lightning Futures(先物)」取引でより資金効率の良い投資を実現します。
ビットコインを証拠金にビットコインFXが可能! ビットコインFX(Lightning FX)は、日本円のみならずビットコインも証拠金に預入れできるようになりました。
これにより、銀行口座から態々入金しなくても、手持ちのビットコインだけでFX取引ができます。
また、相場下落局面でも現物を保有したままFXにてヘッジ取引が可能です。
売買手数料無料キャンペーンを創業以来継続中! 「ビットコイン販売所」と「Lightning FX/Futures」における売買手数料は無料キャンペーンを継続中です。
売買手数料がかからないので、手数料を気にすることなく取引できます。
透明性のある事業運営と強固なシステムを完備! bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本で唯一、監査法人による外部監査を実施しています。
また、過去、他社がサーバーダウンした場面でも、安定稼働していた信頼性の高いトレードシステムです(ゴールドマン・サックスの元トレーダーが作った取引所システム)。
タイムリーなビットコイン送受金を実現! ビットコインの送金は出金指示後、即座に出金(送金)処理が実行されます。
通常は10分~30分で送金が完了します(bitWireなら1秒送金)。
預入金も相手側からの送金が完了すればタイムリーに着金されます。
顧客資産(ビットコイン)の安全保管と補償体制の充実! 最高のセキュリティで入出金は全てオペレーターが確認し、コールドウォレットで保管しています。
また、ビットコイン保管中のリスクを補償するため、損害保険を国内大手損害保険会社と契約しています。
bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント開設はメールアドレスだけ!たくさん使いたい方は、個人情報を登録して使える機能を増やしましょう Lightning FXをするにはアカウントクラスをトレードクラスまでアップグレードしましょう。
アップグレードするには、個人情報の登録が必要ですが、簡単にできます。
更に、ログイン&チャットボーナスキャンペーンを実施中で、毎日のログインで500Satoshi、チャットへの書き込みで500Satoshiをプレゼント中です。
ログイン&チャットボーナスキャンペーンの期間が2016年8月8日~2018年5月25日迄期間延長されました!

冷静に考えれば、仮想通貨が急騰するはずありません。
またもぬか喜びに終わりました。
今日は激しくビットコインが下落しました。
これまで4日ほどかけて、陽線を続け、上昇してきた分が今日の1日で消えました。
まさに、水泡に帰す展開となりました。
シリア情勢が一先ず落ち着いたことも一因かと思います。
巷では、ジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資を始めるなど、期待を持たす未確認情報に踊らされましたね。
ビットコインが上昇すれば、うれしいですが、過度の期待は持たぬようやってきたいと思います。
ビットコインは、チャートを見ながら、上げれば、ビットコインFXで戻り高値を売っていく戦略が当面良さそうですね! 一方、QASHトークンは、今日も約3倍高で推移しています。
かつて、ICO上場したイーサリアムは、数年で1,300倍超になっており、QSAHトークンでも、数年先の爆上げを見据えて、「果報は寝て待て」の精神で現在もホールド中です。
握力が続くかぎりボールドしてみせます! 日本国内でQASHトークンを取引できるのはQUOINEXだけ!
さて、これは朗報です!日本最大級のビットコイン取引所である上場企業運営のBITPoint(ビットポイント)では、「初めてのビットコイン取引 応援キャンペーン」を実施中です。
これまでに類を見ないユーザー目線の大盤振る舞いのBIGキャンペーンとなっています。
当キャンペーンでは、ノーリスクで3,000円相当分のビットコインを簡単に確実にゲットすることが出来ます!BITPoint(ビットポイント)の口座開設はこちら! 概要:「キャンペーン期間中に新規口座を申込み、且つ口座開設後に、金額にかかわらず初回入金をされた方全員にもれなくビットコイン3,000円相当分をプレゼント」してくれるという、本当にありがたい企画です。
まさにノーリスクのこの機会をお見逃しなく! 期間:2018年7月13日(金)16時迄(口座開設は6月30日申込分までとなりますので、余裕をもって口座開設しておきましょう)。
上場企業運営のBITPoint(ビットポイント:関東財務局長 第00009号)は、サポート体制に注力していることや、国内で最高のレバレッジ25倍、更には国内初のビットコインでメタトレーダー4(MT4:BITPoint FX)が使える等々、魅力満載の仮想通貨取引所です。
勿論、取引可能時間は24時間365日です! BITPoint(ビットポイント)を選びたくなる理由とは・・・ 上場企業運営の安心感で日本最大級の取引所! ビットポイントは㈱リミックスポイント(東証マザーズ上場)の完全子会社で、日本で最大級のビットコイン取引所です。
経営メンバーには、元金融庁長官の日野氏を迎えるなど、厳しい管理体制のもと運営しています。
充実したサポート体制と強硬なセキュリティを実現! 国内の取引所では唯一電話サポートを受け付けています。
ビットコインの取引が初めてでも安心です。
取引システムは楽天証券の元CTO(最高技術責任者)が開発しており、証券会社レベルの高いセキュリティを実現しています。
売買手数料及びビットコイン送受金にかかる費用は無料! 売買手数料がかからないので、手数料を気にすることなく取引できます。
ビットコインの送受金や口座管理・維持にも費用はかかりません。
出金指示後、即座に出金(送金)処理が実行されます。
通常は10分~30分で送金が完了します。
レバッレジ取引は国内最大の25倍を実現! 堅実な現物取引から、一定の金額を担保として預け入れることで、預入金額の最大25倍までの幅広い取引ができます。
レバレッジ取引もビットポイントFXも為替FXと同じハイレバレッジ取引が可能です。
日本で初めてビットコインのMT4(メタトレーダー4)取引を実現! FXのトレーディングツールとして世界的に人気の高いMeta Trader4(MT4でBITPoint FX)を利用して取引することができます(詳細はこちら)。
システムトレードなど本格的な資産運用も可能となります。
顧客資産との分別管理を実施! ビットポイントでは、預託を受けた資産と同社が保有する資産を分別管理しているため、同社が万一破綻した場合にも預けている資産は返還されます。
仮想通貨についても同様に分別管理されています。
その他、充実した取引ツールは、パソコンからだけでなくスマホからも簡単にビットコインの取引が可能です。
勿論、世界第2位の仮想通貨イーサリアムも取引できます! BITPoint(ビットポイント)が採用する取引ツールのMetaTrader4(メタトレーダー4)は、2005年の発売以来わずか数年で世界中の金融機関ならびに投資家の方々に大人気となり、現在では世界中750社以上の金融機関の取引プラットフォームとして採用されております。
また、MetaTrader4には、PC取引ツールとしてインストール型リッチクライアント形式のアプリケーションのほか、スマートフォン取引ツールとして、iPhone/iPadアプリならびにAndroidアプリもあります。